エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

永田崇人1st写真集『背のび』重版に「予想外」の喜び!記念握手会レポート

010746.jpg

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー‼」の孤爪研磨役や、舞台『宝塚BOYS』『いまを生きる』など、話題作に続々と出演する俳優・永田崇人のファースト写真集『背のび』(ワニブックス刊)の重版を記念する握手会が、2018年11月11日(日)に東京・市ヶ谷DNPプラザにて開催された。

撮影は、今年5月に東京と沖縄で行われ、東京編では渋谷の雑踏やビル群を背景とした湾岸など、都会的な風景の中でのカットのほか、得意のサッカーの“脚前”を披露する姿も収められている。また、本人も「大好き」という沖縄でのロケは、予報では危ぶまれた天気の中、晴れ男ぶりをいかんなく発揮し、海、街並み、自然と、沖縄らしいロケーションでの撮影が行われた。

発売は、永田にとって25歳の誕生日である8月27日。25歳を迎えるということで、コンセプトには、年齢相応のアダルトな部分を表していくことを掲げたという。タイトルの『背伸び』は、本人考案。明るく元気な部分だけでなく、憂いを含んだ表情や、真剣な顔、アダルトなセクシーさなど、これまでにない永田の姿をふんだんに盛り込み、タイトルに込めたニュアンスを体現している。

写真集発売直後も東京、名古屋、大阪、福岡、そして再び東京と、4都市で「お渡し会」が行われたが、今回約3ヶ月ぶりに再びイベントを開催する運びとなった。「重版は予想していなかった」という永田。「とても驚きましたが、嬉しかったです。何か求めていただいている感じもして。皆さんのおかげだと、改めて思っています」と喜びを語った。

会場は写真集を購入した多くのファンは、永田とサイン入り2ショットチェキ撮影や握手を行い、楽しいひと時を過ごした。永田も、一人一人の目を見ながら、近い距離で丁寧にコミュニケーションを取っていく。友達のような雰囲気で会話をする永田と、ファンの笑顔が印象的だった。

イベントを振り返り、永田は「僕は(人と)お話しするのがそもそも好きなのですが、今回重版イベントで、久々に皆さんとお会いできたこと、一人一人とお話しできたことはとても楽しかったです。ありがとうございました!」とコメントを寄せた。

なお永田は、12月28日(金)・12月29日(土)に開催される、所属する芸能プロダクション・キューブの若手俳優が集うライヴC.I.A. presents「SUPER LIVE 2018」、年明け2019年1月14日(月・祝)に行われる、C.I.A. presents「NEW YEAR EVENT 2019」に出演予定。

【C.I.A.公式HP】http://cia.cubeinc.co.jp/

永田崇人1st写真集『背のび』

◆永田崇人1st写真集『背のび』
【撮影】今城純
【体裁】B5判、オールカラー96ページ
【発売日】2018年8月27日(月)
【定価】3,024円(税込)
【発行】ワニブックス

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010746.jpg
  • 永田崇人1st写真集『背のび』

関連タグ

関連記事

トップへ戻る