エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ジャニーズWEST濵田崇裕「グレードアップしてます!」『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』開幕

010707.jpg

2018年11月7日(水)より東京・グローブ座にて濵田崇裕(ジャニーズWEST)主演『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』が開幕した。本作は、福田転球が脚本を手がけた、鼻歌気分のアカペラ歌謡で紡がれるシュールでカラッと明るい人情喜劇の第2弾。初日前にはフォトコールと囲み会見が行われ、濵田のほか、大和田美帆、演出の河原雅彦が登壇した。

2016年の第1作『歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋』で初の単独主演を務めた濵田。“天然で、がんばっても空回り、だけど困った人を見過ごせず情に厚く真面目な男、市場三郎”は、濵田にとってハマり役となった。今回のフォトコールでも、そのハマりぶりは健在で、観ていて実に楽しいキャラクターであった。

010707_02

続編の初日を迎えた濵田は「前作の終わりに続編がありそうな雰囲気が漂っており、僕自身も続いたらいいなと思っていたので、こうやって第2弾を上演することができて、とても嬉しいです!」と喜びをあらわにした。

今回の舞台は、前回公演でも予告されていた次の社員旅行の地・グアム。三郎は初めての海外旅行だが、海でのナンパ、ショッピング、観光地の訪問など旅行を満喫。ハプニングに巻き込まれながらも、“グアムの恋”に巡り合うことになるのだが・・・。

010707_03

笑って泣ける人間味あふれる物語を、ハートウォーミングな極上エンターテインメントとして上演する本シリーズ。今回のグアムという舞台について、河原は「僕がグアム編をやりたいと言ったんです。グアムが大好きなので、そういう意味では念願の続編ですね」と明かし「グアムはすごくローカルで、本当にノンビリできますし、気取っていない感じもいいです。そういった雰囲気が本シリーズの昭和風な主人公の舞台に合っていると思います」と魅力を語った。

共演は、前回公演に引き続き玉置孝匡、高木稟、前田悟、山岸門人、シューレスジョー、松之木天辺。そして、新キャストとして大和田美帆、玉置成実、小松利昌の3名が加わる。ユニークで実力派の共演者たちの役柄について、濵田は「この舞台は“市場三郎”というタイトルですが、三郎が訪れる先で出会う人たちのことも好きになってもらえる舞台だと思っています。三郎以外の登場人物のファンができたらいいですね」とアピール。

010707_04

三郎が恋に落ちるヒロイン役の大和田は「皆さんが作り上げてきた舞台なので、続編に出るのはやっぱり緊張します。質を落としたくないですし、もっと盛り上げたいので、自分の勢いはいつもよりも増しています」と気合い十分に語った。フォトコールでの大和田は歌にダンスにと、グアムのイメージにピッタリな南国美女として魅力を振りまいていた。

010707_05

010707_06

本作の1番の見どころと言えば、やはりアカペラの歌に心情や情景をのせて物語を紡ぐ“歌喜劇(かきげき)”だ。“歌喜劇”は、福田が自らのユニットで創り上げたオリジナルジャンル。舞台セットや小道具を究極に排した舞台上で、日本人に親しみのある言葉やメロディ、子どもでも理解できるまっすぐな歌詞を、即興で自由に感じたままをアカペラで出演者が歌い出し、演者と観客の持てる想像力を使って物語の情景を浮かび上がらせる。

“歌喜劇”について、河原は「芝居の稽古をやっているのか、歌の稽古をやっているのか分からないぐらい歌をやっています。観ていると本当に楽しげでバカバカしいですけど、やっていることは高度なことです」と解説。

010707_07

濵田も「アカペラの難しさを、改めて気づかされました。練習では、頭の中に音を入れる作業として、ひたすら音を聞いていました。けれど覚えた後に、いざみんなで合わせると、全然違うんですよね」と稽古期間を振り返る。

大和田は「皆さんはさりげなくやられているんですけど、途中から入った私にしたらとても難しくて、体になじむのに時間がかかりました。私が楽屋で歌っていたら、濵田くんの楽屋から歌が聞こえてきて・・・。それに、なんとなく合わせてました(笑)」と笑顔で話した。

上演中、出演者がウズウズするとアカペラで歌い出す“歌喜劇”。前説で、小松が「時折、なんで!?というタイミングで歌い出すことも」と説明していたが、その芝居とのギャップが逆に新鮮で、フォトコールという短い時間でもそのおもしろさは存分に感じられた。観劇の際には、出演者たちのアカペラ・パフォーマンスに対して、ぜひ拍手喝采で楽しんでほしい。

010707_08

グアムを舞台とした作品ということで、劇中では水着姿も披露する濵田。自身の特徴でもあるなで肩について「これが唯一の取り柄だと思っていますので、出していかないと(笑)。でも、裸になるとなで肩は強調されなくて、服を着ると「すごいね」って言われるんですよ。だから、裸のままでいいんじゃないかと思いましたね(笑)」と答えて、会場の笑いを誘った。

010707_09

最後に、濵田は「今回は続編ということで、たくさん練習をしたので歌もグレードアップしています。グアムへの旅を“歌喜劇”でお伝えしますので、ぜひ楽しんでください」と呼びかけて、会見を締めた。

『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』は、11月7日(水)から12月2日(日)まで東京・東京グローブ座にて、12月7日(金)から12月10日(月)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

【公式HP】https://www.ichibasaburo.com/

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全15枚)

  • 010707.jpg
  • 010707_02.jpg
  • 010707_03.jpg
  • 010707_04.jpg
  • 010707_05.jpg
  • 010707_06.jpg
  • 010707_07.jpg
  • 010707_08.jpg
  • 010707_09.jpg
  • 010707_10.jpg
  • 010707_11.jpg
  • 010707_12.jpg
  • 010707_13.jpg
  • 010707_14.jpg
  • 010707_15.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る