エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

林遣都×小川絵梨子×三島由紀夫『熱帯樹』公演詳細&出演者コメント到着

010701.jpg

2019年2月から3月にかけて上演される『熱帯樹』より、公演詳細と出演者コメントが発表された。本作は、三島由紀夫による戯曲で、愛憎渦巻く5人の家族の物語。演出は、これが初三島作品演出となる小川絵梨子が手掛ける。出演は、林遣都、岡本玲、栗田桃子、鶴見辰吾、中嶋朋子の5名。

物語は、1959年秋の日の午後から深夜にかけての出来事から始まる。資産家の恵三郎(鶴見)は己の財産を守ることにしか関心がなく、妻・律子(中嶋)を自分の人形のように支配している。律子は夫の前では従順だが、実は莫大な財産を狙い、息子の勇(林)に夫を殺させることを企んでいた。その計画を知った娘の郁子(岡本)は、愛する兄に母を殺させようとする。さらに同居する父の妹を加え、それぞれの思いが交錯していく・・・。

以下、出演者の各コメントを紹介。

◆林遣都(息子・勇役)
前作に続き再度小川さんの演出を受けられることを大変嬉しく思っています。日本の歴史に残る素晴らしい作家である三島由紀夫さんの戯曲を演じることは恐ろしくもありますが、それ以上に大きな学びがあると思っています。人間の業や狂気に振り回されながら、共演者の皆さんと、濃厚な時間を過ごしたいと思っております。ぜひお越しください!

◆岡本玲(妹・郁子役)
「三島由紀夫の愛憎劇、小川絵梨子さんの演出、そして役者は5人だけ。」
演劇好きならこの一文を読んだだけで震えるような作品に、まさか自分が出られるなんて。出演が決まってから今までずっと、まるで夢の中にいるようです。
この物語もどこか夢の中の出来事のように美しく甘く、刺々しく儚く、おぞましく厭わしい、愛憎劇。愛され方を知らない者は愛し方さえも分からず、歪んだ何かをこうも育ててしまうのかと恐ろしくなりました。作品を通してどんな自分の歪みに出会えるのか、どれだけ歪んだ愛の世界を愛せるのか、とても楽しみです。

◆栗田桃子(同居人・信子役)
私はとても口が悪い。言葉づかいが乱暴なのだ。意識して気をつけよう・・・と思っていないから、このところますます口の悪さに拍車がかかっている。「熱帯樹」に出てくる女性の言葉づかいはとても美しい。・・・かしら、とか・・・ですの、とか。
一度も使ったことないわっ!!この作品に出演させていただけることをキッカケに、ワタクシもお上品で気高く柔らかい女性になれるかもしれないんでございますの・・・いえこの美しく甘美な世界についていくのに必死にしがみつくんでございますんですの・・・演出の小川絵梨子さんとは初めてなので、私自身今からワクワク、とても楽しみです。

◆鶴見辰吾(父・恵三郎役)
家族、親子、兄弟。骨肉の愛憎劇は、身内である相手をよく知るからこそ深まる。
支配して自分の思い通りにしたいという欲求。
君臨する父権は、小さな家族の中だけでは収まらない。
家族は、夫婦は、世界を構成する最小の単位だ。
この諍いがある限り、世界は決して平和にはならないのだ。

◆中嶋朋子(母・律子役)
三島作品は、独特の美学が存在しています。その美の派生の仕方や、作品が湛えるエネルギーが、どこかギリシャ悲劇的だなぁと常々思っていました。日常の世界を描こうとも、決して我々の「日常」という観念には収まらない。収めようとせず、扱いきれない三島作品のエネルギーを、溢れ、こぼれさせると、なぜか、私たちが見つめるべき深淵に辿りつくのです。今回立ち向かう「熱帯樹」はまさにそんな作品。そして、作品を拝見するたび、ぜひご一緒したいと願っていた演出家、小川絵梨子さん。三島の美しい言葉と熱を小川さんの素晴らしい感性と共に、身体中で体感し、お客様と共有できることを堪能したいと思います。

『熱帯樹』は、2019年2月17日(日)から3月8日(金)まで東京・シアタートラムにて上演される。チケットは、12月16日(日)より一般発売開始。

【詳細】https://setagaya-pt.jp/performances/20190203nettaijyu.html

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010701.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る