エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

灰崎祥吾役は橋本全一!舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE全国4都市で

010623.jpg

シリーズファイナルとして、2019年春に上演控える舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE(アルティメット・ブレイズ)に登場する新キャラクター、福田総合学園高校・灰崎祥吾役に、橋本全一が決定した。合わせて、キャラクタービジュアルも公開。

灰崎祥吾は、黒子テツヤ(小野賢章)たちと同じく帝光中バスケ部出身で、「キセキの世代」に匹敵する実力を持ちながらも、素行の悪さによって退部した選手。入れ替わりでレギュラーとなった黄瀬涼太(黒羽麻璃央)と因縁を持つキャラクターである。

このほか本作では、黒子テツヤ(小野)、火神大我(安里勇哉)、黄瀬涼太(黒羽)緑間真太郎 役)/(畠山遼)、青峰大輝(小沼将太)、紫原敦(鮎川太陽)、赤司征十郎(糸川耀士郎)と、黒子&火神+「キセキの世代」勢揃いすることが発表されている。

また、公演は2019年4月30日(火)から5月19日(日)にかけて、大阪、愛知、東京、福岡の4都市で行われることも明らかに。詳細な日程は、続報を待とう。

【大阪公演】COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
【愛知公演】刈谷市総合文化センター 大ホール
【東京公演】日本青年館 ホール
【福岡公演】福岡市民会館 大ホール

【公式HP】http://www.kurobas-stage.com/
【公式Twitter】@kurobasstage

(C)藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE製作委員会

   

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010623.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る