エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『ヘンリー五世』横田栄司、中河内雅貴のビジュアル撮影から予感させる伝統と革新

010597.jpg

2019年2月から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて舞台『ヘンリー五世』が上演される。1998年から芸術監督・蜷川幸雄のもとで、シェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピア・シリーズ。2017年、二代目芸術監督に就任した俳優・吉田鋼太郎が演出する『アテネのタイモン』でシリーズが再開され、本作がシリーズ第34弾となる。

2013年に第27弾として上演された『ヘンリー四世』の“その後の時代”を描いた本作。『ヘンリー四世』で“国王陛下の放蕩息子”ハル王子と、“無頼者の酔いどれ騎士”フォルスタッフという、シェイクスピア作品に登場するキャラクターの中でも高い人気を誇るコンビを演じた松坂桃李と吉田が、再びタッグを組む。

キャストには、ハル王子改めイングランド王ヘンリー五世を松坂、観客を物語へいざなう説明役(コーラス)に吉田。フランス皇太子役の溝端淳平、その父フランス王役の横田栄司、無頼漢のピストル役に中河内雅貴、イングランド軍の騎士フルエリン役の河内大和など個性豊かな俳優陣が集結した。今回は、横田と中河内のビジュアル撮影現場を取材した模様をレポートする。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_2

フランス王を演じる横田は、全体的に黒で統一され、革のジャケットとブーツという衣裳は現代的なスタイリッシュさを感じさせていたが、撮影直前にマントを羽織ると、一気に西洋の王侯貴族の雰囲気が醸し出される。撮影前に、スタッフから「王様なので、品のあるイメージを」と要望を受けると、横田は鋭いまなざしに、威風堂々たるたたずまいを見せる。そのオーラある姿は、威厳ある国王そのもの。スタッフが風を送ると、たなびくマントが王としての迫力を増す。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_3

撮影後、『アテネのタイモン』に続いての吉田芸術監督作品の出演となる横田に話を聞くと「このシリーズは、やや大袈裟に言えば僕の青春そのものなので、蜷川さんが亡くなられた時に、僕の青春も終わっちゃったのかなと思ったんですよ。だけど、鋼太郎さんのおかげで、青春が生き延びたという思いですね。とても大切にしているシリーズです」と思いを明かす。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_5

さらに、本作の魅力については「シェイクスピア作品らしく、いろんなキャラクターが出てくるところですね。『ヘンリー四世』で登場した庶民や貴族も出ますし、フランス側の貴族も様々な人物が登場します。イングランド側でもウェールズ人、スコットランド人、アイルランド人と人種のるつぼとなっていますからね」と語り、「それから、やはりハル王子の成長。ハル王子が王様になって、どうやって人の上に立って戦争に向かって行くのかというところを観てほしいですね」と続けた。

2018年に新国立劇場にて上演された『ヘンリー五世』でイングランド軍の騎士フルエリンを演じていた横田。今回はフランスの国王と、大きく立場を変えることになるが「イングランドとフランスの両側からこの作品を見つめることが出来るのは、とても運の良いことだと思いますし、本当に楽しみです」と思いをあらわにした。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_2

共演者についても、「桃李くんとは初めての共演ですが、彼が演じた『ヘンリー四世』でのハル王子役が本当に素敵だったので、ヘンリー五世へと成長した桃李くんの姿を、今からお客さん同様に楽しみにしています。自分が演じていたフルエリンを河内(大和)くんが演じるのも楽しみですね。それに、コーラスで鋼太郎さんのスピーチが朗々と劇場に鳴り響くのかと思うと、今からワクワクが止まりません」と本番が待ち遠しい様子。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_6

続いて、撮影に入ったのはピストル役の中河内。こちらの衣裳も横田と同様に黒を基調としたシックなイメージだ。より現代的なイメージのある衣裳が、本作の伝統と革新を感じさせ、ダメージ感のあるストールにロングコートが無頼漢で女たらしのピストルらしさを演出している。撮影中も、中河内は様々なポージングを取り、時にはジャンプで1回転するなど激しい動きをスマートにこなす。また、ピストルという曲者的な役柄をイメージし、カッコイイ感だけでなく、ワイルドな表情も見せていった。

撮影を終えた中河内は「撮影って楽しいんですよ。メイクさん、衣裳さん、カメラチームとプロフェッショナルな方々が作ってくださるので、皆の力を借りつつ、それに合うように僕はポージングと僕のセンスで挑んでいるだけです」と笑顔で振り返る。役についても「まだピストルという役を深められていないですが、この撮影だけでも、いろんなヒントがありました。口が悪く、女たらしなピストルをどう演じるか。楽しみにしつつ、今はいろんな妄想を膨らませています(笑)」とすでに心は役作りに向けられていた。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_7

彩の国シェイクスピア・シリーズ初参加となる中河内。「役者人生の中でとても嬉しい出来事ですし、光栄であり、もちろん感謝の気持ちもあります。魂が燃えるような、そういう熱い思いで稽古から本番に向かって行きたい思いです。もう、本当に嬉しいですよ。メチャクチャ嬉しいんです」と目を輝かせる。

中河内はミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』で吉田との共演経験はあるが、演出を受けるのは初めて。吉田演出について「まだ想像がつかないですが、きっと怖いだろうなと(笑)。それは誰しも作品に向き合っていけば、そうなることは重々承知しています。でも時には、本筋からはずれて遠回りをすることも役者としてはすごく大事で、そこを修正しながら演出家・吉田鋼太郎さんと向き合って、こっちも引き出しをしっかり持って、この作品に挑みたいですね。だから、普通の作品と変わらず、いつもの僕でいたいなというのはあります」と意気込む。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_8

一方で、「蜷川さんのスピリットも大切にしたいです。直接、教えを請うたことはないですが、ご存命の時に一度お会いする機会があったんです。厳しくありながらも、分かりやすく伝えられていたのが印象的で、抱いていたイメージとは全然違いました。その経験をこの舞台に活かしたいですね、でも、鋼太郎さんがしっかりと指揮を執ってくださると思いますので、それを信じて一緒について行きます」と語った。

舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_9

主演の松坂とは、2011年の舞台『銀河英雄伝説』、12年の映画『王様とボク』以来の共演。「役者として、あの当時の彼では絶対にないはず。今の活躍ぶりからかなり成長しているのだろうなと、すごく楽しみです。僕もあの当時の僕じゃないよと見せたいです(笑)。再び彼とこうやって共演できることを、大切にしたいですね」と明かす。さらに「桃李くん以外の方は初めての共演です。どう接していけばいいのだろうかということはありますが、舞台って、スタッフさんを含めて皆で作っていく総合芸術なので、良い意見、良いバトン、良い空気の受け渡しが出来たらいいですね」と期待を寄せた。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾 舞台『ヘンリー五世』は、2019年2月8日(金)から2月24日(日)まで埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて上演される。その後、仙台、大阪を巡演。日程の詳細は、以下のとおり。

【埼玉公演】2019年2月8日(金)~2月24日(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
【仙台公演】2019年3月2日(土)・3月3日(日) 仙台銀行ホール イズミティ21・大ホール
【大阪公演】2019年3月7日(木)~3月11日(月) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【彩の国さいたま劇場公演詳細】http://saf.or.jp/arthall/stages/detail/5836
【ホリプロ オンライン】http://hpot.jp/stage/henry52019

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

 

(文/エンタステージ編集部)

彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』

作品情報彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』

『ヘンリー四世』に続くあの物語が、遂に登場!!

  • 公演:
  • キャスト:松坂桃李、吉田鋼太郎、溝端淳平、横田栄司、中河内雅貴、河内大和、間宮啓行、廣田高志、原慎一郎、出光秀一郎、坪内守、松本こうせい、長谷川志、鈴木彰紀、竪山隼太、堀源起、續木淳平、髙橋英希、橋本好弘、大河原啓介、岩倉弘樹、谷畑聡、齋藤慎平、杉本政志、山田隼平、松尾竜兵、橋倉靖彦、河村岳司、沢海陽子、悠木つかさ、宮崎夢子

この記事の画像一覧(全9枚)

  • 010597.jpg
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_2
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_3
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_5
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_2
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_6
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_7
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_8
  • 舞台『ヘンリー五世』ビジュアル撮影レポート_9

関連タグ

関連記事

トップへ戻る