エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

劇団☆新感線の演劇P細川展裕×鴻上尚史×古田新太のトークショー開催

010462.jpg

「劇団☆新感線」の躍進を支えてきた演劇プロデューサー細川展裕による初の自叙伝「演劇プロデューサーという仕事」(小学館)が刊行された。これを記念し、2018年11月11日(日)に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにてトークショーが開催されることが決定した。特別ゲストには、細川を「第三舞台」に導いた鴻上尚史、「劇団☆新感線」の看板役者である古田新太が登場。演劇界の日常や舞台裏のことを、赤裸々に語る。

開催概要は以下のとおり。

◆「演劇プロデューサーという仕事」刊行記念トークショー
【日程】11月11日(日)19:00開演(18:30開場)
【会場】東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
【チケット発売日】10月5日(金)10:00~
【料金(全席指定)】
一般チケット:777円(税込)
書籍付チケット:2,000円(税込)
※トークショー当日会場にて「演劇プロデューサーという仕事」を一冊お渡し
【チケット取扱】
キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階/営業時間 10:00~18:30)
キノチケオンライン:https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20180928122600.html

登壇者

【登壇者プロフィール】
細川展裕(ほそかわのぶひろ)
1958年愛媛県生まれ。1981年関西大学社会学部卒業。レコード会社を経て、1985年幼なじみでもある鴻上尚史が主宰する「第三舞台」に参加。2000年には「劇団☆新感線」を運営する株式会社ヴィレッヂの代表取締役に就任。現在会長を務める。これまでに約220万人の集客を実現してきた演劇プロデューサー。

鴻上尚史(こうかみしょうじ)
作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。早稲田大学在学中の1981年に劇団「第三舞台」を結成。1987年『朝日のような夕日をつれて87』で紀伊國屋演劇賞団体賞、1995年『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞、2010年読売文学賞を受賞。2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』を上演。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。

古田新太(ふるたあらた)
俳優。1965年兵庫県生まれ。大阪芸大在学中に劇団☆新感線の公演『宇宙防衛軍ヒデマロ』に出演。同劇団の看板役者へ。のちバラエティやラジオに進出。近年ではアニメ『深夜!天才バカボン』バラエティ『関ジャム~完全燃SHOW~』舞台『贋作 桜の森の満開の下』など多数出演。1998年、2012年に読売演劇大賞優秀男優賞、2011年に紀伊国屋演劇賞を受賞。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010462.jpg
  • 登壇者

関連タグ

関連記事

トップへ戻る