エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

声優×2.5次元俳優!異色のTVアニメプロジェクト『Dimensionハイスクール』始動

010433.jpg

2019年1月より、新たなTVアニメプロジェクトが始動する。タイトルは、超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』。補習中の男子高校生たちが、ひょんなことから次元(=Dimension)を超えてアニメの世界に飛ばされてしまうことから始まる・・・という、一風変わった学園ファンタジーだ。

物語は、アニメの世界と実写の世界を行き来しながら展開し、実写パートもあるとのこと。キャストには、石井孝英(『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』)、大塚剛央(『風が強く吹いている』)などで知られる若手男性声優と、橋本祥平、財木琢磨、染谷俊之という2.5次元舞台などで活躍する俳優たちが顔を揃えた。

キャラクターデザインは、「刀剣乱舞-ONLINE-」公式絵師として人気を博しているイラストレーターIzumi、監督・脚本はアニメ『SDガンダムフォース』や特撮ドラマ『ウルトラマンギンガ』『ウルトラマンオーブ』などを手掛けるアベユーイチが担当。まさに次元もジャンルも超越したハイブリッドなアニメが誕生する。

また、本作の誕生を記念し、メインキャストによるラジオ番組の放送や、AGF(アニメイトガールズフェスティバル)2018への参加も決定した。詳細は、公式HPにてご確認を。

超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』は、2019年1月より放送開始。

【公式HP】http://dimension-hs.com
【公式Twitter】https://twitter.com/dimension_hs

(C)Dimensionハイスクール製作委員会

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全6枚)

  • 010433.jpg
  • 010433_2.jpg
  • 010433_3.jpg
  • 010433_4.jpg
  • 010433_5.jpg
  • 010433_6.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る