エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

⼩説×舞台×映画『桃源郷ラビリンス』に杉江⼤志、遊⾺晃祐、⼭本⼀慶、⾼橋健介

010344.jpg

⽇本のおとぎ話の⼀つで、⽇本⽂化遺産にもなった「桃太郎」を題材にした、⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクト『桃源郷ラビリンス』。「桃太郎」役の⿃越裕貴の出演が発表されていたが、新たに「⽝」「猿」「雉」「⻤」役が決定した。

「犬」役は杉江⼤志、「猿」役は遊⾺晃祐、「雉」役は⼭本⼀慶、そして「⻤」役は⾼橋健介が務める。

本プロジェクトは、岡⼭出⾝・在住の作家である岡⼭ヒロミが「桃太郎が現代に転⽣したら」という妄想から「桃源郷ラビリンス」という本を執筆したことに始まり、岡⼭県協⼒のもと 2019年春に舞台化、さらに2019年秋に映画上映がされるなど、⼀⼤プロジェクトへと発展。

舞台公演は、東京に加え、「桃太郎」ゆかりの地である岡山でも行われる。日程の詳細は、以下のとおり。

【東京公演】2019年4⽉4⽇(⽊)~4⽉7⽇(⽇) なかのZERO ⼤ホール
【岡山公演】2019年4⽉13⽇(⼟)〜4⽉14⽇(⽇) おかやま未来ホール

【公式HP】http://tougenkyo-labyrinth.com/
【公式Twitter】@tou_lab

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010344.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る