エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

手塚治虫未完の傑作『どろろ』 鈴木拡樹主演で舞台化!アニメ版では声優も

010238.jpg

手塚治虫が描いた未完の傑作「どろろ」が、2019年3月に鈴木拡樹主演で舞台化されることが明らかになった。鈴木は2019年1月より放送が開始されるアニメ版でも同役・百鬼丸の声を担当する。

タイトルロールであるどろろ役には、鈴木梨央の名前が明かされ、そのほか、第一弾PVもあわせて公開となった。上演に先駆け、鈴木拡樹からコメントが届いている。

◆鈴木拡樹(百鬼丸役)
生の名作に関わる事ができてとても光栄に思います。百鬼丸を演じるにあたり、”どろろ”との関係構築、バディー感を大切に演じたいと考えています。舞台・アニメで同じ役を演じさせていただけることはとても貴重な機会だと思います。自身にとってTVアニメの声優は初挑戦になりますが、チームスタッフの皆様のお力もお借りして視聴者の皆様に最高の作品をお届けします。

舞台 『どろろ』は2019年3月上演予定。

【あらすじ】
時は戦国。醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で12体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。そんなある日”どろろ”という幼い盗賊は、ある男に出会う。それは、鬼か人かーー。両腕に刀を仕込む全身作り物の男”百鬼丸”は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

【公式サイト】https://dororo-anime.com/
【公式Twitter】@dororo_anime

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010238.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る