エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

乃木坂46×けやき坂46が手塚治虫の名作『七色いんこ』舞台化に挑戦

010228.jpg

手塚治虫不朽の名作を舞台化した『七色いんこ』が乃木坂46とけやき坂46のタッグで舞台化される。原作は1981年から1983年まで「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載された手塚治虫の同名漫画で、代役専門の天才役者にして泥棒という異色のキャラクター”七色いんこ”を主人公にした犯罪活劇である。

【関連記事】けやき坂46初舞台!一人の女性を10人で演じ紡ぐ『あゆみ』ゲネプロレポート

軽妙洒脱な主人公の七色いんこを演じるのは、本年1月にロシアの文豪チェーホフの四大戯曲の一つ『三人姉妹』の次女マーシャを演じた伊藤純奈(乃木坂46)。ヒロインを、10人で1役を演じる独創的な舞台『あゆみ』で初舞台を踏んだ松田好花(けやき坂46)が務める。

出演はほか、豊島美優、今村美歩、岡村さやか、高橋紗妃、蘭舞ゆう、後藤紗亜弥、山﨑紫生、清水 彩、藤山由依、伊藤菜実子、雄賀多あや、内藤由利子、亀岡菜花、久保田真理、柿丸美智恵、悠未ひろら。

演出を女優・声優・脚本など多岐に渡り活躍を続けている三浦香が、脚本を舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』を手掛けた畑雅文が手掛ける。

舞台『七色いんこ』は10月4日(木)から10月8日(月・祝)まで東京・AiiA Theater Tokyoにて上演される。

【公式HP】https://www.nelke.co.jp/stage/nanairo-inko/
【公式Twitter】@s_nanairoinko

(C)舞台「七色いんこ」製作委員会 (C)Tezuka Productions

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010228.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る