エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『かくりよの宿飯』大旦那役の仲田博喜ら集うキービジュアルが公開

010040.jpg

2018年9月より上演される舞台『かくりよの宿飯』。このほど、大旦那役の仲田博喜を中心に、ヒロインの津場木葵役の野本ほたる、銀次役の大平峻也、暁役の反橋宗一郎、白夜役の木津つばさ、お涼役の長谷川里桃が並んだキービジュアルが公開となった。

本作は、祖父が残した借金のカタに老舗宿・天神屋へと連れて行かれた女子大生の津場木葵が、料理の腕をたよりに異世界で奮闘するファンタジー同名小説を原作に据えた舞台作品。脚本を守山カオリが、演出を扇田賢が担当する。近日中に、各出演者のソロビジュアルも明らかになっていくとのこと。

舞台『かくりよの宿飯』は9月5日(水)から9月9日(日)まで東京・シアターサンモールにて、9月13日(木)から9月16日(日)まで福岡・西鉄ホールにて上演される。

【公式サイト】http://kakuriyo-stage.com/
【公式Twitter】@kakuriyo_stage

(C)2018 友麻碧・Laruha/KADOKAWA/「かくりよの宿飯」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010040.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る