エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

林翔太、初挑戦満載の『ロジャース/ハート』に“ジャニーズパワー”で臨む!

010039.jpg

ブロードウェイの歴史に名を刻むソングライターの名曲を基に構成されたミュージカルシリーズ「ブロードウェイ・ショウケース」。第2弾となる『Rodgers/Hart(ロジャース/ハート)』が、主演に林翔太(ジャニーズJr.)を迎え、2018年8月14日(火)に開幕した。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、林のほか、矢田悠祐、実咲凜音、寺西拓人(ジャニーズJr.)、樹里咲穂、そして、上演台本・訳詩・演出・振付・出演と5役をこなす玉野和紀が公演への思いを語った。

『ロジャース/ハート』舞台写真_6

本作は、1930年から40年代にかけて、数々のスタンダード・ナンバーを世に送り出してきた作曲家リチャード・ロジャースと、作詞家ロレンツ・ハートの半生を描いた作品。ジュディ・ガーランドやダイアナ・ロスなど数々のスターたちが歌ってきたスタンダードジャズの名曲とともに、ゴージャスなステージが繰り広げられる。

『ロジャース/ハート』舞台写真_5

公演時間は約1時間40分。その間、キャストたちは出ずっぱり状態でステージに立ち続け、計32曲もの歌を歌い続ける。キャストたちが華麗に踊るダンスも実に多彩だ。優雅に流れるようなペアダンスを見せたかと思えば、タップシューズに履き替え、華やかなリズムを刻む。全く飽きさせることなく、極上のエンターテインメントに仕上げた。

『ロジャース/ハート』舞台写真_2

ゲネプロ後に行われた囲み会見で、主演を務める林は「普段は緊張しないんですが、今日は珍しく“ド緊張”しています」と挨拶。その緊張感を生んでいるのは、本作の冒頭で披露される林によるピアノ演奏のためだといい、「手が震えています(笑)。スタンバイも一人でしているので心細い・・・」と本音も吐露した。

タップにピアノにと、林にとって初挑戦が多い本作だが「共演者の方々からたくさん刺激をいただくので、これから千秋楽までにどんどん成長していけるんじゃないかなと思います」と真摯に臨む。玉野は、そんな林に対し「タップも一回教えたら掴むのが早いんです。ピアノも、1フレーズでも弾けたらいいなと思ったんですが、(上達が早いので)一曲になりました」と絶賛。これを受けて林は「ジャニーズパワーです!」と笑顔を見せた。

さらに、林にとって、女性とのラブシーンも初。「ペアダンスも初めてなんですが、最初はできなくて、リードされまくっちゃって・・・」と最初は苦笑いだったが、樹里から「リードするの、上手。飲み込みが早すぎて、視野が広すぎて、たまに演出家を超えている時がありました。すごい才能の持ち主です」とベタ褒めされると、「ずっと滝沢(秀明)くんの舞台に出させてもらっていて、滝沢くんの背中を見て育ったので、自然と全部を把握しなくちゃいけないという気持ちでやってます」と照れ笑いを浮かべた。

『ロジャース/ハート』舞台写真_8

一方、作詞家ロレンツ・ハート役を務める矢田は「僕のファンの方もあまり触れたことのないような楽曲やダンスがあると思います。玉野さんが歌詞に素敵な訳をつけてくださったので、そういった本作の魅力を伝えていきたいです」と本作への思いを語る。

『ロジャース/ハート』舞台写真_3

本作では4役に挑戦し、早着替えも見せる寺西は「前回の玉野さんの作品でも女性とのダンスはやらせていただいたんですが、その時にリードさせてしまったので、それじゃいけないと。でも、今回もやっぱりリードされてしまっている自分がいるので・・・がんばります!」と改めて意気込んだ。

『ロジャース/ハート』舞台写真_7

ブロードウェイ・ミュージカル『Rodgers/Hart(ロジャース/ハート)』は、9月9日(日)までDDD青山クロスシアターにて、9月11日(火)に大阪・松下IMPホール、9月15日(土)に神奈川・やまと芸術文化ホールにて上演。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全7枚)

  • 010039.jpg
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_6
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_5
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_2
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_8
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_3
  • 『ロジャース/ハート』舞台写真_7

関連タグ

関連記事

トップへ戻る