エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

鳥越裕貴主演で舞台&映画化『桃源郷ラビリンス』メディアミックスプロジェクト始動

009986.jpeg

日本のおとぎ話「桃太郎」を題材にしたメディアミックスプロジェクト『桃源郷ラビリンス』が始動した。本プロジェクトは、岡山県出身・在住の作家である岡山ヒロミが“桃太郎が現代に転生したら”という妄想のもと、「桃源郷ラビリンス」という本を執筆したことに始まり、岡山県協力のもと、2019 年春に舞台化、2019年秋に実写映画化されることが決定している。

小説は、8月7日(火)発売。著者の岡山は「地元びいきで吉備津彦(桃太郎)と温羅の妄想を脳内で繰り広げていたところ、この度ご縁あってこのような形になりました。果報者です」とコメントを寄せている。

009986_2.jpg

【小説あらすじ】
ずっと―辿り着きたかった場所は、桃源郷だった。
吉備桃太郎(きびももたろう)は、岡山市にある古民家カフェ「桃源郷」の店主だ。持ち前の面倒見の良さと天然のトラブル引き寄せの体質のせいか、桃太郎のもとには今日も様々な事情を抱えた客が訪れる。ちなみに桃太郎のひそかなコンプレックスは、ベタすぎる自分の名前。同じく“名前で苦労した仲間”で、今は海外で仕事に就く幼なじみの大和尊とは、遠距離で友情を温める日々だ。行き倒れていたのをうっかり餌づけした縁で、桃太郎になついてしまった犬養津与志もスタッフに加わり、「桃源郷」はなかなかに繁盛している。ところがある日、店に不審な人物が現れて・・・?

2019年春に上演される舞台版の脚本・演出は菅野臣太朗、実写映画版の監督・映像はヨリコジュンが手掛ける。また、主人公で桃太郎の転生者「吉備桃太郎(きびももたろう)」役には、鳥越裕貴が決定。鳥越は、舞台、映画共に同役で主演を務める。

舞台『桃源郷ラビリンス』(仮)は、2019年春に上演。映画版は、2019年秋の公開を予定。

【公式HP】http://tougenkyo-labyrinth.com/
【公式Twitter】@tou_lab

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 009986.jpeg
  • 009986_2.jpg
  • 009986_3.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る