エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

宮迫博之、北原里英らを迎え、ぐりむの法則最新作『アイスベリーバグ』9月上演

009975.jpg

東京・名古屋を中心に活動するえのもとぐりむが主宰する「ぐりむの法則」最新作『アイスベリーバグ』が、2018年9月に上演されることが決定した。「ぐりむの法則」は、えのもとが共作したいアーティストと新しい試みを行う企画公演。今回は、出演者に宮迫博之(雨上がり決死隊)、北原里英、松田大輔(東京ダイナマイト)、近藤芳正らを迎える。

発表にあたり、宮迫、北原、松田、近藤よりコメントが届いている。

◆宮迫博之(雨上がり決死隊)
えのもとぐりむという才能に出会い、その作品に出ることができる幸せを堪能したいと思います。

◆北原里英
またまた、舞台に出演させていただくことになりました!先日、つかこうへいさんの『新・幕末純情伝』で初の本格舞台を経験させていただき、たくさんの初体験や、学んだこと、いただいた気持ちがありました。それをすぐにまた舞台で表現できるかもしれないと思うとワクワクします。でもきっと全然違った舞台になるから、またたくさん学ぼうと思います。主演の宮迫さんとは、名古屋のローカル番組でご一緒していて、久しぶりにお会いするのですっごく楽しみにしています。たくさん学ぶ期間になればいいなと思います。

◆松田大輔(東京ダイナマイト)
完璧主義者で冷静な男自分とは真逆な男を演じることへのプレッシャーが、今から背中に重く、そして広く黒くのしかかっています。黒く?お願いします。

◆近藤芳正
ぐりむ作品は、人間、人への愛が素晴らしく、優しく破滅的なところが好きで、今回宮迫さん、松田さんとお笑いのフィールドの方たち達とも一緒に出来るということで即決!役柄は元自衛官隊員か・・・大丈夫か、コンドウ。

ぐりむの法則『アイスベリーバグ』は9月7日(金)から 9月9日(日)は東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。チケットは8月6日(月)20:00より一般発売開始。

【あらすじ】
男は作家。殺人ミステリーの新作執筆中。しかし、男は一向に書き終えることができない。編集者の助言でどうにか手を動かすも、いつも嘘を並べたリアリティに欠けた不幸なシーンになってしまう。フリーズしては書き、消しては、書き、を繰り返すうちに男は現実と虚構の区別がつかなくなっていき、嘘の世界に逃れることのできない真実が浮かび上がってくる。はたして、男が直面する真実とは―。「てんとう虫を見ると幸せが訪れるんだって」。

【公式HP】http://grimmslaw.com

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009975.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る