エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ハンサム落語 第十幕』米原幸佑、和合真一らこれまでの出演者が追加キャストとして参加

009916.jpg

2018年11月に上演される『ハンサム落語 第十幕』の、追加キャストが発表された。新たに出演が明らかになったのは、伊崎龍次郎、小笠原健、桑野晃輔、反橋宗一郎、林明寛、松村龍之介、米原幸佑、和合真一 (五十音順)の8名。すでに発表されている磯貝龍虎、平野良、宮下雄也に加え、これまでのシリーズに出演してきた面々が揃った。

『ハンサム落語』とは、「二人一組」の掛け合いで行う独自スタイルが人気のシリーズ。今回の演目は、第一幕から第九幕までに上演した落語を掛けることが決定している。組み合わせなどの詳細は、続報を待とう。

『ハンサム落語 第十幕』は、11月6日(火)から11月13日(火)まで東京・CBGK‼シブゲキにて、11月16日(金)から11月18日(日)まで大阪・シアター朝日にて上演される。

なお、チケットの最速先行(抽選)が7 月30 日(月)21:00から8 月6 日(月)23:59まで行われる。
【受付URL】チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/hr10/

【公式HP】https://www.clie.asia/hr10/
【公式Twitter】@clie_seisaku

(C)CLIE

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009916.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る