エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

谷賢一の作・演出『光より前に~夜明けの走者たち~』に宮崎秋人、木村了ら

009860.jpg

2018年11月から12月にかけて、『光より前に~夜明けの走者たち~』の上演が決定した。作・演出は谷賢一。出演者には、宮崎秋人、木村了、高橋光臣、中村まこと、和田正人が名を連ねた。

中心になるのは、1964年に東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、その4年後にメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二、ライバルでもあり友人でもあった男たちの物語。オリンピック、世界陸上、箱根駅伝・・・など、今や当たり前となっている競技の礎を作った二人の生き様を描く。

上演決定にあたり、作・演出を手がける谷からコメントが届いている。

◆谷賢一(作・演出)
1964年、東京オリンピックを駆け抜けた二人のマラソンランナー、円谷幸吉と君原健二の人生は、「走る」という共通点だけがあり、それ以外はすべて好対照・正反対でした。しかし二人の間には、孤独に走るマラソンという競技の中で無言のうちに手渡されたバトンがあった。物語のように美しい二人の人生を多くの人に伝えたいと思います。

『光より前に~夜明けの走者たち~』は、11月14日(水)から11月25日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて(11月14日はプレビュー公演)、11月29日(木)から12月2日(日)まで大阪・ABCホールにて上演される。チケットは、9月15日(土)10:00より一般発売開始。

【公式HP】http://hikari.westage.jp/

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全6枚)

  • 009860.jpg
  • 009860_2.jpg
  • 009860_3.jpg
  • 009860_4.jpg
  • 009860_5.jpg
  • 009860_6.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る