エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ジャンルの垣根を越え『戦国BASARA』の新情報たっぷり!『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート

009859.jpg

2018年7月14日(土)に東京・中野サンプラザホールにて『バサラ祭2018 ~夏の陣~』が開催された。「戦国BASARA」シリーズにとって、様々な新情報が飛び出した本イベント。その昼の部の模様をレポートする。

イベントには、ゲーム『戦国BASARA』シリーズより、石田三成役の関智一、真田幸村役の保志総一朗、片倉小十郎役の森川智之、前田慶次役の森田成一、後藤又兵衛役の三木眞一郎、長曾我部元親役の石野竜三、毛利元就役の中原茂、明智光秀・天海役の速水奨と、斬劇『戦国BASARA』シリーズから、伊達政宗役の眞嶋秀斗、徳川家康役の中尾拳也、前田慶次役の伊阪達也、後藤又兵衛役の汐崎アイル、長曾我部元親役の白又敦、明智光秀役の瀬戸祐介が登壇。

関連記事:【速報】斬劇『戦国BASARA』最新作は眞嶋秀斗&松村龍之介でシリーズ初の“蒼紅”連続上演

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_25

声優による生アフレコ、作品の裏話満載の爆笑トークコーナー、さらには観客を巻き込んでのゲーム大会など、バラエティに富んだ内容を繰り広げた。

開演を知らせるブザーが鳴り、片倉小十郎(森川)と後藤又兵衛(三木)によるイベント中の注意事項が流れるが、「録画・録音・携帯電話の使用は許さねぇ!」といった定番のアナウンスに、コミカルなアドリブも交えたやり取りで早速観客の笑いをGET!オープニングのBGMに合わせて手拍子が起こる中、モニターに本日の登壇者の名前が映し出され、いやがおうにも場内の熱気が高まっていくのが感じられた。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_2

最初のコーナーは、声優陣による戦国ドラマ絵巻【前編】からスタート。ゲーム『戦国BASARA 4』の石田三成ルートから、「海賊要塞百鬼富嶽」を再現。石田三成(関)×長曾我部元親(石野)による緊迫感あふれるセリフの応酬にグッと『戦国BASARA』の世界へと引き込まれる。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_3

ほかにも、真田幸村(保志)×片倉小十郎(森川)が大坂の陣を前に白石城で会合する史実に基づいたオリジナルストーリーや、武田の本陣・上田城を訪れた前田慶次(森田)と真田幸村(保志)の出会いのシーンを描いたコミカルなやり取りなど、胸を熱くするシーンを次々と展開。さらに長曾我部元親(石野)×毛利元就(中原)×後藤又兵衛(三木)×明智光秀(速水)による完全オリジナルストーリーでは、長曾我部の「行くぜ、野郎ども!」の呼びかけに、観客が声を揃えて「アニキー!」と返す一幕も。

改めて、MCを務める森田成一のタイトルコールの後、名前を呼ばれステージに登場した声優陣。そして、客席後方から現れた俳優陣に歓声が沸き起こった。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_4

森田「皆さん、こんにちは」
観客「こんにちは!」
森田「いや~、暑いですね」
観客「そうですね!」
森田「この3連休、40度を上回るかもしれないって」
観客「そうですね!」
森田「夏バテしてませんか?」
観客「そうですね!」
森田「タモさんじゃねぇよ!!」

という森田と観客の息の合った一連の流れに、会場が爆笑する中、キャスト総勢14名とカプコンの小林裕幸プロデューサーによるトークコーナーがスタートした。着席の際、関のヒザに座ろうとする保志が「あ、間違えちゃった」と言うのに対し、「席(=関)だけにね!」と見事な返しをする関。MCの森田は、「戦国絵巻」の感想でもキャスト同士の自由なボケ・ツッコミが頻発する様子に「ヒヤヒヤする!」とボヤいていた。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_6

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_9

今年3月に上演された斬劇『戦国BASARA』第六天魔王の裏話では、舞台裏での共演者の素顔や、斬劇の見どころの一つでもある殺陣の苦労話などが語られる中、二代目明智光秀として今春公演に初登場した瀬戸は、速水と初対面し「役を研究するためにずっと聞いていた声の方が目の前に居るなんて・・・」と感極まった様子。速水にいい声で「よろしくね」と話しかけられ、「はい!」と満面の笑顔を見せていたのが印象的だった。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_7

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_29

また、斬劇『戦国BASARA』第六天魔王ではゲスト出演だった長曾我部元親役の白又が「野郎ども!鬼の名前を言ってみろ!」「も・と・ち・かー!」のコール&レスポンスを決めると石野が満足げな表情を浮かべるなど、アニメと舞台、ジャンルを越えた作品の絆が深まっている様子がヒシヒシと伝わってきた。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_8

そして、本イベントで10月4日(BS-TBSでは10月6日)よりスタートするアニメ『学園BASARA』のキービジュアルと映像が初公開され、テーマソングとして西川貴教の歌声が流れた瞬間、会場内には歓声が響き、この日一番の盛り上がりを見せた。

「『戦国BASARA』のキャラクターたちがもしも現代の高校生だったら…?」をテーマに、武将たちが学生役を演じる本作。明智が保険医役と聞き「やべぇ!病気できない(笑)!」と警戒する一同。当の速水は「女性陣のセーラー服は見どころです。特にお市様が。ふふふっ」と、アニメの見どころをアピールした。

サッカー部に所属する熱血一年生・真田幸村役の保志は「高校生姿が一番似合うのは幸村だと思いますね!」と笑顔を見せ、ライバルの伊達政宗は片倉小十郎と共に野球部員であることが森川により明らかに。森川は「小十郎がキャッチャーで政宗様がピッチャーです。1回の投球で6球飛んで来るかも!?あと学校に菜園があるのは小十郎的にうれしいです」とニッコリ。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_10

毛利元就役の中原は「毛利は吹奏楽部です。オクラはかぶっていませんが“オクラッパ”とか“オクラホルン”とかで出て来る・・・かも?」と語り、会場は笑いに包まれた。さらに、又兵衛役の出演が追加情報として発表されると、三木は、斬劇で又兵衛を演じる汐崎と笑顔でハグ!喜びを分かち合った。果たしてどんなハチャメチャな学園ドラマとなるのか、今から放送が待ち遠しい。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_11

イベント中盤にはゲームコーナーが行われ、まずは2チームに分かれて「一刀両断!戦国スイカ割りバトル」に挑戦することに。東軍からは石野、中原、伊阪、西軍は保志、眞嶋、汐崎が選ばれ、目隠しをしてリレー形式でスイカ模様のビーチボールを割るまでのタイムを競うというもの。先行の東軍は、森田、速水、白又、瀬戸が的確に指示・誘導して1分25秒の好タイムをたたき出した。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_12

一方の西軍は、舞台でスピード感あふれるスタイリッシュな殺陣を見せていた汐崎・眞嶋が慎重な足取りで微妙にコースを外して空振りを連発。保志に至っては関の声に導かれるまま舞台袖へと姿を消し、最終的にはステージ中央の扉の奥へと誘導され無念のタイムアウトで、失格となってしまった。

負けた西軍メンバーには「恥ずかしいポーズを10秒」という罰ゲームが課せられたのだが、関&保志を筆頭に喜々としてセクシーポーズを連発し、会場内は歓声と爆笑の渦に包まれたのだった。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_5

次に、観客も参加する「民の思い届け!戦国ゼスチャーゲーム」が行われ、ステージ上の大型モニターに映し出される“お題”を、観客が体で表現。「我々だけでなく、お客さんも辱めを受けるんですね」と、なぜか嬉しそうな関・・・。

“花火大会を見る伊達政宗”“プールで泳ぐ徳川家康”“盆踊りを踊る前田慶次”という難解なお題にもかかわらず、武将の特徴をつかんだポーズで見事に伝え、観客とキャストは無言のコミュニケーションを楽しんでいる様子。
結果は、西軍が全問正解したものの、東軍がお題と一語一句同じパーフェクトな回答で特別ボーナスを獲得。同点のため、結局全員で罰ゲームの“イケメンポーズ”を披露したのだった。

また、「もしも武将があの職業だったら?」という即興芝居では「前田慶次→刑事」「伊達政宗→コンビニ店員」「長曾我部元親→ラーメン屋の店員」というムチャぶりも、キャストの協力で見事に(!?)芝居をまとめ、観客の笑いを誘った。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_13

イベント後半は、月刊ビッグガンガンVol.10(スクウェア・エニックス/9月25日発売号)より新連載『戦国BASARA -猿飛佐助 影忍伝-』の掲載と、年末に上演される斬劇『戦国BASARA』の最新情報が公開。

関連記事:【動画】松村龍之介、中尾拳也ら出演!斬劇『戦国BASARA』小田原征伐 公開ゲネプロ

シリーズ15作目の本作は、真田幸村を主役とする「『紅』未来への誇り」、伊達政宗を主役とする「『蒼』THE PRIDE」の2パターンであることと、わずか2公演のみのプレミアム公演“笑劇公演”の上演が発表されると、会場内にはチケット争奪戦を予感し、どよめきが響き渡った。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_14

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_15

「“笑劇公演”に僕も衝撃を受けました(笑)。2作連続公演、ぜひ期待していてください!」(中尾)
「久しぶりの前田慶次登場! 今秋からのアニメ、そして12月の新作公演と、今年後半も『戦国BASARA』一色で頑張りましょう!」(伊阪)
「情報量が多すぎて、こばP(=小林プロデューサー)に聞きたいことが山ほどあるけど(笑)!今回もみんなと楽しみながら作っていきたいです」(汐崎)
「今日からさっそく体作りをがんばります!」(白又)
「明智に続き、今回は天海もということで、新しい一面を見せたいです」(瀬戸)

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_16

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_17

それぞれのキャストの言葉を受け、「『蒼』THE PRIDE」で主演を務める眞嶋が「今までやってきたこと、そして今できるすべてをかけて作っていきたいです。カンパニーは2つに分かれるけれど、連携しているストーリーとのことなので、力を合わせてがんばります!」と、力強いコメントで決意表明した。

『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_18

イベントの最後には、声優陣による戦国ドラマ絵巻【後編】が行われ、明るくにぎやかな空気が一気にピンと緊張が張り詰めたものになったが、エンディングで再び登壇したキャスト陣の笑顔と、「こん日輪!」からの「捨て駒万歳」3連発(中原)、「ベジタボー!」(森川)、「ぱっぴ~!」(保志)という、もはやお約束となったコール&レスポンスをバッチリ決めて、夏の暑さよりも熱いイベントは大盛況のうちに幕を閉じたのだった。

009859_28.jpg

◆公演情報
斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世 『紅』未来への誇り
12月7日(金)~12月16日(日) 東京・オルタナティブシアター
【出演】
真田幸村役:松村龍之介、徳川家康役:中尾拳也、長曾我部元親役:白又敦、山中鹿之介役:橘龍丸(両公演出演)、黒田官兵衛役:伊藤裕一、毛利元就役:小谷嘉一、宮本武蔵役:西野太盛、明智光秀/天海役:瀬戸祐介
(※映像出演:伊達政宗役:眞嶋秀斗、石田三成役:沖野晃司)

斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世 『蒼』THE PRIDE
12月21日(金)~12月30日(日)東京・オルタナティブシアター
【出演】
伊達政宗役:眞嶋秀斗、石田三成役:沖野晃司、前田慶次役:伊阪達也、山中鹿之介役:橘龍丸(両公演出演)、後藤又兵衛役:汐崎アイル、最上義光役:寺山武志、竹中半兵衛役:末野卓磨、豊臣秀吉役:佐々木崇
(※映像出演:真田幸村役:松村龍之介、徳川家康役:中尾拳也)

【斬劇『戦国BASARA』公式HP】http://www.basara-st.com/

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(取材・文/近藤明子)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全28枚)

  • 009859.jpg
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_25
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_2
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_3
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_4
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_6
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_9
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_7
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_8
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_10
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_11
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_12
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_5
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_13
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_14
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_15
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_16
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_17
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_18
  • 009859_19.jpg
  • 009859_20.jpg
  • 009859_21.jpg
  • 009859_22.jpg
  • 009859_23.jpg
  • 009859_24.jpg
  • 009859_27.jpg
  • 009859_28.jpg
  • 『バサラ祭2018 ~夏の陣~』レポート_29

関連タグ

関連記事

トップへ戻る