エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

【訃報】演出家・劇団四季創立メンバー 浅利慶太氏が死去

劇団四季創立メンバーの一人、演出家で元劇団代表の浅利慶太氏が、2018年7月13日(金)に亡くなった(劇団四季の公式HPより)。享年85歳。

浅利氏は、慶應義塾大学文学部仏文学科在学中の1953年に、故・日下武史氏ら10名で劇団四季を創立。以来、劇団代表、演出家として、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛けてきた。

『ウェストサイド物語』『コーラスライン』『ライオンキング』など海外作品の翻訳上演から、『夢から醒めた夢』『ユタと不思議な仲間たち』「昭和の歴史三部作(『ミュージカル李香蘭』/『ミュージカル異国の丘』/『ミュージカル南十字星』)」などのオリジナルミュージカルまで幅広く手掛けたほか、1983年初演の『キャッツ』では、日本初となるロングラン公演を成功させるなど、日本でのミュージカル文化定着に尽力し、演劇の興行形態に革新をもたらした。

1998年には、長野冬季オリンピック開閉会式のプロデュース・演出も務め、2014年に劇団代表職を退いてからは、活動の拠点を現在の浅利演出事務所へと移し、「浅利慶太プロデュース公演」として、計12公演の演出。

紀伊國屋演劇賞、菊池寛賞、読売演劇大賞、ドイツ連邦共和国一等功労勲章、イタリア・アッビアーティ賞、中国政府友誼賞ほか多数の賞を受賞し、国内外で高い評価を得てきた。

葬儀については親族のみで執り行い、後日、お別れの会を開く予定とのこと。

演劇界に多大な功績を残された浅利氏のご冥福を、心よりお祈りいたします。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る