エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

安西慎太郎が“選手宣誓”「全力でプレイすることを誓います」舞台『野球』記者会見

009856.jpg

西田大輔による新作舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrailの「選手宣誓 記者会見」が、2018年7月17日(火)に行われ、安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡、小野塚勇人、松本岳、白又敦、小西成弥、伊崎龍次郎、松井勇歩、永田聖一朗、内藤大希、松田凌、村田洋二郎、本作の野球監修を務める桑田真澄、作・演出の西田が登壇し、意気込みを語った。

本作は、1944年を舞台に「野球」に憧れを抱き、白球を追いかけた少年たちの物語。戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧されて甲子園が中止されていたその夏、少年たちは、甲子園への夢を捨てきれずにいた。予科練に入隊した少年たちは、「最後の一日」に、出身校同士で紅白戦を行い・・・。野球や強い仲間への「憧れ」を通して、人が生きていく力や“生きたい”という希望を描く。

舞台『野球』記者会見_2

舞台『野球』記者会見_3

主演を務める安西は、「観に来てくださったお客様が一生忘れない、心に残る作品を作りたいと思っています。本気で汗をかいて、本気で疲れて、本気で声を出しています。僕たちの全力プレーを見ていただけたら嬉しいです」と意気込む。多和田は「好きなことができる、そして大切な人がそばにいてくれる幸せを作品を通して、お客様と一緒に体感し、再確認できたらと思っています」と挨拶。

舞台『野球』記者会見_4

舞台『野球』記者会見_5

松田と内藤は、Wキャストとして同役を演じる。内藤は「東京公演の前半を担当いたしますので、いい公演のスタートを切って、(松田)凌くんにバトンを繋げられたらと思います」、松田は「野球を通して、そして自分たちが描きあげるお芝居を通して、平成最後の夏に、忘れたくないものをお届けしたいと思っています。一蓮托生、この座組みで一球一球、本気で届けたいと思っています」と思いを語った。

舞台『野球』記者会見_6

また、永瀬は「観劇というより“野球観戦”をしている気持ちになれる舞台になると感じています。僕らは全力で野球を愛して、球場の上に立っている気持ちで稽古をさせていただいているので、汗をかいて、笑って、全力で生きている姿を目に焼き付いていただけたら」、小野塚は「魂のこもった熱い演技をして、一人でも多くの方に男臭い青春を一人でも多く見ていただけたら嬉しいと思います」、松本は「最高の舞台になると思っています。精一杯演じたいと思っております」、白又は「舞台上で、全力で汗をかいて、全員で“野球”を作っていきたいです」、小西は「夏にこの舞台を上演できるということで、甲子園を超えるような熱い作品を作れるよう頑張っていきたいです」。

舞台『野球』記者会見_10

舞台『野球』記者会見_11

また、伊崎は「野球っていいよなって思っていただけたら嬉しいです。自分の役割を最後までまっとうしたいと思います」、松井は「とてつもなく感動できる作品になると確信しています。たくさんの方に出会っていただけたらと心から思っています」、永田は「僕自身、まだまだ未熟ですが、心強い先輩たちと切磋琢磨して素敵な舞台を作れたらいいなと思っています」と、それぞれ胸の内を明かした。

舞台『野球』記者会見_15

演出の西田は、「スポーツを題材にするというよりも、演劇でしかできない本当の野球を目指すというのをコンセプトに今、稽古に励んでいます」と話すと、「桑田さんが現役時代に、ピッチングをしていて3アウトをとった時に、桑田さんだけがいつも走ってベンチに帰っていらしたんです。それは守ってくれた野手たちを迎えたいからとインタビューで答えていて、それに感動しました。そんなお芝居になるようにと思って、それをイメージして作品を作りました」と桑田を野球監修に迎えた理由を明かす。

そして「ストライクとかアウトとかその言葉自体言えなかった時代に、一晩しかない時間を野球で過ごす少年たちの物語です。たくさんの人に届くように応援よろしくお願いします」と熱く語った。

舞台作品に関わるのは初めてだという桑田は、練習時を思い返しながら「(キャストたちが)しょうがなくやるかと思っているだろうと想像してグラウンドに入っていったんですが、高校球児に負けないぐらいの元気と熱い思いがあって、非常にびっくりした出会いでした」とコメント。「それに負けないぐらいの気持ちで指導していかなきゃと思いましたし、熱意にびっくりしました。ですので、いいものが仕上がっていくと確信しています」と、笑顔を見せた。

今回の出演者のうち、安西をはじめとした4人のキャストが野球経験者という。安西は桑田からの指導を受け「上手くなりたいというのは大事なことかもしれませんが、それよりも先に、野球というスポーツを好きになる、楽しむところから始めることが一番必要なことだと思いました」といい、「僕たちも(練習を)楽しんでいましたが、桑田さんも本当に野球を愛しながら教えてくださった姿が印象的でした」と振り返った。

舞台『野球』記者会見_14

会見の最後には、安西が“選手宣誓”を行い、「宣誓!僕たち舞台『野球』一同は、正々堂々、全力プレイすることを誓います!」と高らかに宣言した。

舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrailは、7月27日(金)から8月5日(日)まで東京・サンシャイン劇場にて、8月25日(土)・8月26日(日)に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演される。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrail

作品情報舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrail

たとえあと一球でもいいから投げていたい。時間があるなら、何度でも。

  • 公演:
  • キャスト:安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡、小野塚勇人、松本岳、白又敦、小西成弥、伊崎龍次郎、松井勇歩、永田聖一朗、林田航平、村田洋二郎、田中良子、松田凌、内藤大希、藤木孝

この記事の画像一覧(全18枚)

  • 009856.jpg
  • 舞台『野球』記者会見_2
  • 舞台『野球』記者会見_3
  • 舞台『野球』記者会見_4
  • 舞台『野球』記者会見_5
  • 舞台『野球』記者会見_6
  • 舞台『野球』記者会見_10
  • 舞台『野球』記者会見_11
  • 舞台『野球』記者会見_15
  • 舞台『野球』記者会見_14
  • 009856_7.jpg
  • 009856_8.jpg
  • 009856_9.jpg
  • 009856_12.jpg
  • 009856_17.jpg
  • 009856_13.jpg
  • 009856_16.jpg
  • 009856_18.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る