エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

三島由紀夫の『豊饒の海』長田育恵の脚本で舞台化!主演に東出昌大「役者になって最大の試練」

009719.jpg

2018年秋に、「三島×MISHIMA」シリーズが始動する。本シリーズは、日本文学の金字塔・三島由紀夫をグローバルな視点で取り上げるPARCO PRODUCE作品。第1弾では、『豊饒の海』を東出昌大主演で舞台化。東出は、これが3年ぶり2度目の舞台出演となる。

「豊饒の海」は、第一部「春の雪」、第二部「奔馬」、第三部「暁の寺」、第四部「天人五衰」の全4作からなる長編小説。全4作を一つの舞台作品として、約6年の歳月を費やして執筆された。なお、三島はこの小説を書き上げた1970年11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自殺を遂げている。

今回の舞台化では、4冊からなるこの大河小説を、一舞台作品として創作する史上初の試みとなる。脚本を手掛けるのは、てがみ座主宰の長田育恵。演出は、マックス・ウェブスターが手掛ける。ロンドンのオールドヴィック・シアターのアソシエイト・ディレクターであるウェブスターが日本で演出するのは、2015年に上演された『メアリー・ステュアート』(主演:中谷美紀、神野三鈴)ぶり。

出演は、東出のほか、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、宇井晴雄、王下貴司、斉藤悠、田中美甫、首藤康之、笈田ヨシが名を連ねた。

上演発表にあたり、主演の東出よりコメントが届いている。

◆東出昌大
思春期より三島由紀夫の虜になり、その作品の多くを読んできた私は「豊饒の海」の舞台化を聞き震えました。役者になって最大の試練になると思います。持てるすべてを注ぎ込みます。三島世界の再現を、楽しみに待っていてください。

2018 PARCO PRODUCE“三島×MISHIMA”『豊饒の海』は、11月7日(水)から12月2日(日)まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて(11月3日から11月5日にプレビュー公演あり)、12月8日(土)・12月9日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。チケットは、8月26日(日)より一般発売開始。

なお本シリーズの第2弾は、ノゾエ征爾の台本・演出で『命売ります―ライフ・フォア・セイル―』が上演される。詳細は、続報を待とう。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009719.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る