エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ワケあり家族の極寒ダークストーリー『真空家族』浜谷康幸、雛形あきこら出演

009710.jpg

愛や生、復習、希望など毎回違う人間ドラマをテーマに舞台を作り上げるNana Produceによる『真空家族』が2018年8月より上演される。本作は、山奥の一軒のログハウスを舞台に語られる、ワケありの人々の物語。

出演には浜谷康幸、雛形あきこ、大薮丘、関口アナム、中野マサアキ、日暮玩具、今井勝法、吉村公佑、今井あずさ、水町レイコらが名を連ねている。また演出を演出家であり映画監督でもある寺十吾が、脚本を佃典彦が務める。

【あらすじ】
山奥に一軒のログハウス。ここにはワケありの夫婦が住んでいる。もしかしたらそう見えるだけで夫婦ではないのかも知れない。そんな二人と同居しているのはやはりワケありの少年少女たち。まるで<家族>のように仲良く平穏に暮らしているワケありの人々。その<家族>に新たに加わるワケありの<息子>。その新しい<息子>に浸蝕され始める<家族>。この<家族>を受け入れがたい猟友会の男達。猟友会の男たちに追い立てられる<家族>。
そして雪が降り始めた12月初旬、新しい<息子>は猟銃を奪って逃走、山には<爺様>と呼ばれる巨大なイノシシが出没。ワケありのワケありが見え隠れする中、<家族>は<家族>として生き続けていけるのだろうか?

『真空家族』は8月8日(水)から8月19日(日)まで東京・ザ・ポケットにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009710.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る