エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

尾上右近「人生としての広がりを」『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』囲み会見

009649.jpg

尾上右近の現代劇初挑戦となる『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』。2012年にピューリッツァー賞戯曲部門賞を受賞した本作を日本初上演するにあたり、6月13日(水)に囲み会見が行われ、主演を務める尾上と翻訳・演出のG2が登壇した。

本作は、ヴァーチャルな空間で出会った様々な問題を抱える人たちが、サイトを通じて心を通わせながら自分の人生を取り戻していく姿を描いた、愛と希望の物語。キャストには篠井英介や南沢奈央、葛山信吾、そして陰山泰ら実力派俳優が名を連ねている。尾上は、実母からネグレクトを受けて育ったトラウマを持ち、イラク戦争での負傷が原因で薬物依存になった青年・エリオットという難役に挑む。

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』02

初の現代劇挑戦にして、初主演を果たす尾上は「自分の糧になると思いますし、乗り越えなければいけない試練だと思っています。壁にぶち当たって打ち砕くつもりでいく、というのが今回の僕のテーマです」と本作への強い思いを語った。

また、すでに始まっている稽古について「歌舞伎の場合は、有無を言わさず通し稽古から入るのが通常のお稽古スタイルですので、それに比べ現代劇は分からないことを『分からない』と言うことが大事なお稽古だなと感じています」と振り返り、改めて「戸惑うことも、どうしていいか分からないこともたくさんあり、恥ずかしい思いもしています。恥をかくことが好きなので、たくさん恥をかけることを嬉しく思っています。1日1日成長していくことを信じて、稽古に励みます」と意気込んだ。

また、現代劇に出演する意味について問われると、尾上は「僕自信は、あまり意味を持つということが好きではないんです。現代劇を経験したいという純粋な気持ち、自分の中の人生としての広がりを持ちたいというのが本心です」と胸の内を明かした。

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』03

G2は尾上を起用した理由を「今回の演劇は役者自身が持っている本質や、役に本質的に迫るなど内面の作業が多いので、そういったものを違うジャンルから新たに持ってきてもらえるのでは、と思ったからです」と明かし「尾上さんは非常にチャレンジングで、とても勉強して稽古場にやって来てくれます。不慣れなところはあるけれども、なによりもやる気の塊で、意欲的であるので、僕も刺激になっています」と絶賛した。

続けて、本作について「社会の悪いところをつついて掘り返すのでしゃなく、弱者たちがいかに関わって、いかに新しい明日に向かって歩き始めることができるのかという、観終わった後に勇気をくれるいい作品だと思います。とても楽しい観劇体験ができると思います」と自信をのぞかせた。

PARCOプロデュース2018『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』は、7月6日(金)から7月22日(日)まで、東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて、8月4日(土)に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

【公式サイト】http://www.parco-play.com

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 009649.jpg
  • 『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』02
  • 『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』03

関連タグ

関連記事

トップへ戻る