エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『SHINING REVUE』振り返りレポート!

009627.jpg

女性向けコンテンツ『うたの☆プリンスさまっ♪』(通称:うた☆プリ)が、“劇団”をテーマに展開する舞台公演プロジェクト「劇団シャイニング」の出演者によるレビューショー『SHINING REVUE』。この公演には、第1弾公演『天下無敵の忍び道』から音也衛門役の小澤廉、真影役の和田雅成、翔ノ助役の植田圭輔、セシル丸役の横井翔二郎、第2弾公演『マスカレイドミラージュ』からシーノ役の田川大樹、第3弾公演『JOKER TRAP』からTOKI役の松村龍之介、REN役の高本学、RAN役の小波津亜廉、CAMUS役の菊池修司が参加し、舞台とはまた違う魅力を見せた。ここでは、5月26日(土)夜公演の模様をレポートする。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_3

イベントは『SPEEDを競え!MISSION COMPLETE』でスタート。運動会の定番競技“玉入れ”から始まり、手を繋いだまま3つの輪を順番にくぐり抜ける“フラフープくぐり”、風船を割って中に隠されたトランプのマーク4種類を揃える“風船割りゲーム”、紙に書かれたキーワードからイメージする言葉を「せーの」で同時に答える“以心伝心ゲ-ム”の4種目を、どれだけ早くクリアー出来るかを競うタイムトライアルが行われた。ルール説明の間、じゃれあう植田と和田に、MCの窪寺昭が「ちゃんと話聞いて!」と突っ込む一幕も。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_4

まずはBOXからカードを引いてチーム分けを行ったのだが「松村龍之介、高本学、田川大樹」となったAチームは、なんと昼公演とまったく同じ顔ぶれ。思わぬミラクル発生に、客席からはどよめきと同時に笑いが起こった。続いて、Bチームは「植田圭輔、和田雅成、小波津亜廉」、Cチームは「小澤廉、横井翔二郎、菊池修司」という組み合わせに。

昼公演で最下位だったAチームのメンバーは「今度こそ勝ちます!」と早速リベンジ宣言。対して余裕の表情を見せるBチーム、癒しオーラが漂うマイペースなCチームがどんな作戦で挑むのか、客席からは興味津々の視線が注がれる。

「MSSION START!!」の声を合図に、手にした玉を勢いよく投げる松村と高本。長身の田川はジャンプしながら確実にカゴに入れ、第一のMISSIONをCOMPLETE!続いて客席を走りながらフラフープが置かれた下手ステージに移動。3人仲良く手をつなぎ笑顔で輪をくぐり抜けた後は、手をつないだまま客席内を移動し、上手の風船ステージへ。手刀(チョップ)で風船を叩き割る田川、足で踏んで確実に割っていく松村。一方、音にビビって耳をふさぎ風船から逃げ回る高本に、ファンからは「がんばって!」と声援が飛んだ。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_9

ステージ中央に戻る途中には、カメラに向かって一人ずつ投げKISSアピール。ラストの以心伝心ゲームでは、顔を見合わせながら「せーの!」で叫ぶが、「信号の色と言えば?」で「危ないやつだね」という大ヒントがあったにも関わらず田川が「黄色」と回答。「冷たい麺料理といえば?」では田川と松村が「冷やし中華」と回答するも高本が「冷麺」と答えるなど、惜しい答えを連発。最後は「子どもがなりたい職業といえば?」に「消防士」と声を揃え、見事3分36秒でMISSION COMPLETEとなった。

好タイムをたたき出したAチームに闘志を掻き立てられたBチームは、玉入れで和田が植田を肩車するという型破りな作戦に。「亜廉くんの身長を生かさないんだ(笑)」という松村の冷静なツッコミを受け流し、一気に玉を投げ入れて作戦を成功させると、フラフープくぐりで「ギュッ」というかけ声と共に身体を密着させて、あっという間にクリア。風船割りでは小波津が長い脚を活かし、大股で歩きながら豪快に踏み割る大活躍を見せた。

逆転可能なタイムで3つのMISSIONをクリアしたことで余裕が出たのか、カメラアピールでは、“カメラの顎”を持ってカッコ良くキメる和田、横からスライドしてフレームイン&投げキスの小波津、カメラの下からひょっこり顔を出し小悪魔は笑顔と共に「チュ!」とする植田と、小技を効かせたサービスショットを披露。三者三様のKISS顔に、会場内には黄色い声援が響き渡った。

勢いに乗って“以心伝心ゲーム”に挑んだ3人だが、ここで予想外の展開が・・・。「京都といえば?」のキーワードに自信満々で「新選組!」と回答した和田は「いや~、前の舞台(ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三 篇)を引きずってるから(笑)」と弁明すると、植田は「ボケ20個ぐらい入れました」と謎のドヤ顔(!?)。関西人二人のボケ合戦に沖縄出身の小波津が翻弄され、最終的にタイムは4分6秒と振るわない結果に・・・。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_2

Cチームは、玉入れでパスを空中で受け取りそのままシュートを決める“アリウープ”というバスケットボールの技を横井が繰り出すも、A、Bチームから「普通に投げた方が早い!」と声が飛び、慌てて軌道修正。その後も3人で手をつなぎながらの移動や、観客に手を振るなどマイペースでほのぼのした雰囲気に、思わずほっこり。カメラアピールでは、小澤が「壁ドン(カメラドン?)」、菊池は「・・・(無言で投げKISS)」、横井はカメラの後ろに回り込んでハグ♪と、三者三様の個性あふれるアピールに観客は大興奮だった。

以心伝心では「お風呂で最初に洗う部分は?」「白い食べ物といえば?」「お寿司のネタといえば?」など、答えやすいテーマばかりかと思いきや、答えの範囲が幅広くなかなか意思の疎通が出来ずに大苦戦。

ゲームの結果は、Aチームがリベンジを果たし優勝!罰ゲームは5分36秒かかったCチームに決定し、一人ずつカメラに向かって●●顔をしながら反省のコメントを言うことになり、小澤「(キス顔)『PON!』でもここでも噛んでごめんなさい。でもお前のこと愛してるよ」、菊池「(キメ顔)反省している。愚民ども!」、横井「(ヘン顔)股から洗ってゴメンナサイ」を披露して会場を沸かせたのだった。

後半は、お待ちかねのレビューコーナー。『マスカレイドミラージュ』は公演でのレビュー映像と、新曲「Nobody Knows」のMVを初お披露目。スクリーンに、レイジー(染谷俊之)、シーノ(田川大樹)、アインザッツ(太田基裕)の麗しい姿が大きく映し出される度に、場内には大きな声援が飛び交い、色とりどりのペンライトが大きく揺れた。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_15

続いて登場した『天下無敵の忍び道』では「SHI・NO・BI!」コールに応えて4人はステージを走り回って元気いっぱいのパフォーマンスで盛り上げ、『JOKER TRAP』はクール&スタイリッシュなダンスと力強い歌声で観客を魅了。

『SHINING REVUE』振り返りレポート_13

レビューの後には「劇団シャイニング」第1弾から第3弾の公演に登場したキャストたちの素顔満載の新番組『たびメイト』が2018年10月からTOKYO MXにて放送予定というニュースが発表され、会場内はこの日一番の盛り上がりに。

最後に「劇団シャイニング」キャスト全員で新曲「SHINING LOVE~感謝と愛を~」を披露し、『SHINING REVUE』初日は興奮の渦の中で幕を閉じたのだった。

◆公演情報
「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『SHINING REVUE』」
【日程】2018年5月26日(土)・27日(日)、6月2日(土) 全6公演
【劇場】日本青年館ホール
【公式HP】http://gekidan-shining.com/sp/shining_revue/

(C)劇団シャイニング

(取材・文/近藤明子)
(写真/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全16枚)

  • 009627.jpg
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_4
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_2
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_9
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_3
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_12
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_11
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_13
  • 『SHINING REVUE』振り返りレポート_15
  • 009627_5.jpg
  • 009627_6.jpg
  • 009627_7.jpg
  • 009627_8.jpg
  • 009627_10.jpg
  • 009627_14.jpg
  • 009627_16.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る