エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

三代目JSB山下健二郎の初主演舞台は音楽×ダンス×ゾンビ!『八王子ゾンビーズ』8月に

009625.jpg

三代目J Soul Brothers山下健二郎の初主演舞台となる『八王子ゾンビーズ』が、2018年8月に上演されることが決定した。脚本・演出は鈴木おさむ、主題歌はm-flo 、劇中歌は☆Taku Takahashiが書き下ろし、「音楽×ダンス×ゾンビ」をテーマにした完全オリジナル作品となる。

物語の舞台は、八王子の山奥にあるお寺。山下は、そこで住み込みのバイトを始めたタカシ役を演じる。ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめなおすためにお寺を訪れたタカシだったが、満月の夜、墓場で住職がゾンビと戦う姿を目撃する。しかし、そこにいるゾンビたちは陽気なイケメンばかりで・・・。

山下を取り囲むゾンビ役には、久保田悠来、小澤雄太(劇団EXILE)、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、井澤巧麻、前田隆太朗が決定。

また、加藤啓、早乙女友貴、隅田美保(アジアン)、酒井敏也、RIKACOも名を連ねた。そして、物語の重要な鍵を握る住職役は駿河太郎が務め、作品を盛り上げる。

『八王子ゾンビーズ』は、8月5日(日)から8月19日(日)まで東京・TBS 赤坂ACTシアターにて上演される。チケットは、7月15日(日)10:00より一般発売開始。

【あらすじ】
ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥のお寺で住み込みのバイトを始めたタカシ(山下)は、とある満月の夜にお寺の墓場でゾンビvs住職(駿河)の壮絶な戦いを目の当たりにする。このお寺は、夜な夜な無数のゾンビがうごめく、奇怪な場所だったのだ。「ここで見たものは忘れろ!」と意味有り気に住職に言われたものの、タカシは気になって再び墓場を訪れた。するとそこにはゾンビの姿が・・・。しかしよく見ると、そこにいるゾンビたちは陽気でイケメンばかり。彼ら曰く、満月にダンスをすることで成仏できるのだが、それを住職たちに邪魔されているとのこと。「俺たちにダンスを教えてくれ!」とゾンビたちにせがまれ、何故か、タカシとゾンビたちの交流が始まったが・・・。
不穏な動きを見せる住職の思惑とは?
果たしてゾンビたちは、無事に成仏できるのか!?

【公式HP】http://www.hachioji-zombies.com/
【公式Twitter】https://twitter.com/HACHIOJIzombies

(C)舞台「八王子ゾンビーズ」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009625.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る