エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

これぞ日本!『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』舞台写真到着

009589.jpg

2018年6月2日(土)と6月3日(日)に東京・NHKホールにて『This is NIPPON プレミアムシアター初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』が開催された。去年の3月に太鼓芸能集団「鼓童」が初音ミクとコラボレーションしてから1年。さらにグレードアップしたライブの熱気あふれる舞台写真とオフィシャルレポートが届いた。

会場のNHKホールは、衿に「初音」「鼓童」と名前の入ったライブ・ハッピを着た人たちでいっぱい。オープニングとともに地鳴りのような歓声が起き、オールスタンディングとなった客席に、いっせいに太鼓型ペンライトの光が揺れ出した。

『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』02

「去年はにぎやかな曲と穏やかな曲を交互に入れていたんですが、今年はミクさん側からの『もっとアゲアゲで!』というリクエストで、体力的にもハードな曲が続くんです」と選曲担当の石塚充が言うように、ミクのナンバーを太鼓と鳴物で盛り上げ、リン・レンのデュエットでは、鳴物担当が彼らのダンスを完コピして一緒に踊り、「三宅」「巴」など鼓童の大曲では、3~4分ずつにまとめた濃縮ハイライト版を惜しげもなく演奏と、大忙しのフル稼働。

『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』03

驚いたのは、こうした鼓童の緩急に富む複雑なビートを刻む楽曲にも、観客が手拍子やかけ声で、しっかり伴走してみせること。今年初参加の住吉佑太は「ミク・ファンは音楽が好きで、曲を聴きに来ている人が多い感じがしますね。こちらが何を振ってもついてきてくれるので、もう"闘い"みたいにテンションが上がって、すごく楽しいです。「巡」では、前の方のお客さんも踊ってくれてましたし(笑)」と、今秋のワンアースツアーの新作にも、十分な手応えを感じた様子。

フィナーレでいったん幕が閉まると「コドオ・ミーク」「コドオ・ミーク」のアンコール大合唱。コラボ2度目にして、ミクはもちろん、ミク・ファンと鼓童も、ガチで相思相愛の関係になったことを確認できた。

『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』04

鼓童は11月より新作公演 『巡-MEGURU-』 を控えている。演出を行うのは2010年に鼓童研修所に入所し、2013年から鼓童のメンバーとして、「大太鼓」やソリストに抜擢された住吉。公演内の楽曲はすべて新作で構成され、住吉が生まれ育った香川に伝わる獅子舞や徳島の阿波踊り、栃木や群馬に伝わる八木節や岩手に伝わる鬼剣舞など、多くの郷土芸能をさりげなく織り込まれていくようだ。

鼓童『巡-MEGURU-』は11月3日(土・祝)より22都市、28回公演の日本全国ツアーがスタートする。

(文/伊達なつめ、撮影/宮川舞子、画像ギャラリー/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全17枚)

  • 009589.jpg
  • 『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』02
  • 『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』03
  • 『初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2018』04
  • 009589_05.jpg
  • 009589_06.jpg
  • 009589_07.jpg
  • 009589_08.jpg
  • 009589_09.jpg
  • 009589_10.jpg
  • 009589_11.jpg
  • 009589_12.jpg
  • 009589_13.jpg
  • 009589_14.jpg
  • 009589_15.jpg
  • 009589_16.jpg
  • 009589_17.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る