エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

指原莉乃プロデュースの声優アイドル「=LOVE」ステージプロジェクト第2弾は「ガールフレンド(仮)」

009506.jpg

テレビ東京動画配信サービス「あにてれ」と代々木アニメーション学院×指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のコラボレーションによる「あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト」の第2弾が、2018年7月に上演されることが決定した。

第1弾「けものフレンズ」に続き、彼女たちが向かう次なる舞台は、「ガールフレンド(仮)」。原作は、学園を舞台に様々なキャラクターの女の子との出会いを楽しみながら、数々の試練に挑んでいく学園恋愛ゲーム。2012年10月のサービス開始以降会員数を伸ばし、6年目となる2018年1月現在会員数750万人を突破。2014年のアニメ化をはじめ、様々なジャンルで展開されている人気作だ。

今回も、大谷映美里、大場花菜、音嶋莉沙、齋藤樹愛羅、齊藤なぎさ、佐々木舞香、佐竹のん乃、高松瞳、瀧脇笙古、野口衣織、諸橋沙夏、山本杏奈のイコラブメンバー12名が全員出演。

脚本は三谷伸太朗、演出は堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)、音楽監督・作曲は楠瀬拓哉が手掛けるほか、葛裕太(「ガールフレンド(仮)」)が監修を担当する。

「=LOVE」とは、指原莉乃がが自身の理想のアイドルをプロデュースするために、代々木アニメーション学院とタッグを組み、同校での声優教育を受けた者の中からオーディションで12名のメンバーを選定し結成した「声優アイドル」。グループ名は「アイドルとは、ファンに愛されなければいけない。そしてアイドルという仕事も自分が愛さなければいけない」という指原の現役アイドルならではの思いから。愛称は“イコラブ”。

あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト『ガールフレンド(仮)』は、7月16日(月・祝)から7月22日(日)まで東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演される。チケットは、6月23日(土)10:00より一般発売開始。

※高松瞳の「高」は「はしごだか」が正式表記

(C)CyberAgent,Inc. developed by QualiArts,Inc.
(C)あにてれ×=LOVE「ガールフレンド(仮)」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 009506.jpg
  • 009506_2.jpg
  • 009506_3.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る