エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

西銘駿が続役!舞台『おおきく振りかぶって』続編公演決定

009438.jpg

ひぐちアサによる人気野球漫画「おおきく振りかぶって」を原作とした舞台『おおきく振りかぶって』が、今年2月に東京にて上演されたが、その続編が2018年9月に東京と大阪で上演されることが決定した。

物語の中心となる、卑屈で気弱な主人公・三橋廉役には、前作から引き続き西銘駿が続役。脚本・演出を手掛けるのは、1985年に演劇集団キャラメルボックスを旗揚げして以来、延べ270万人以上の観客を動員してきた成井豊。ほかのキャストやスタッフの情報は、後日公開となる。

舞台『おおきく振りかぶって 夏の大会編』は9月6日(木)から9月17日(月・祝)まで、東京・サンシャイン劇場にて、9月28日(金)から9月30日(日)まで大阪・梅田芸術劇場にて上演される。

◆公式先行チケット販売受付(抽選)
【受付期間】5月17日(木)~5月21日(水)23:59
【受付URL】チケットぴあ:http://w.pia.jp/s/oofuri-sm18hp/
※申込みにはぴあ会員登録(無料)が必要

◆追加公演 一般発売
【発売開始】6月30日(土)10:00~

【公式HP】http://oofuri-stage.com

(C)ひぐちアサ・講談社/舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 009438.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る