エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ZEROTOPIA』開幕!各ジャンルの実力派キャスト陣がエンターテイメントの“華”を咲かせる!

009272.jpg

岸谷五朗と寺脇康文主催の演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュース公演vol.15『ZEROTOPIA(ゼロトピア)』が2018年4月9日(月)より東京・赤坂ACTシアターにて開幕。公演に先駆けて囲み会見とゲネプロが行われた。会見には柚希礼音、西川貴教、新田真剣佑、宮澤佐江・花澤香菜(Wキャスト)、岸谷、寺脇が登壇。稽古場での仲良しエピソードや意気込みを語った。

本作では、沈没した豪華客船から必然的に生き残った“特別な過去”を持った男女が地図に載っていない島にたどり着き、その島を起点(ゼロ)としてユートピア(理想郷)へ向かうのか、ディストピア(地獄郷)へ向かうのか、「生」をテーマに地球ゴージャスならではのエンターテインメントが描かれる。

『ZEROTOPIA』02

W主演として本作に参加するのは、元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希と日本のミュージックシーンを牽引し音楽以外でも様々な分野で挑戦し続ける西川。柚希は「今回は“戦う強い女”ではなく、女性らしい役を岸谷さんが用意してくださいました。慣れない点もいくつかありましたが、寺脇さんから『こうしたら女性らしく見える』と教えていただいたり・・・。稽古をしてきたことを、明日から思いっきり伸び伸びと演じたいと思います」とやる気を見せた。

『ZEROTOPIA』03

続いて西川が「地球ゴージャス初参加ですが、カンパニー全体がこの物語を紡ぐ一員で、欠くことのできない一人一人で、その中に僕がいることを嬉しく思っております。今のタイミングでしかできないこの作品を、この全員と4ヵ月間頑張って作り上げてきたので、ぜひとも応援をよろしくお願い致します!」とにっこり。

会見では、役柄からか“柚希の女性らしさが増したのでは?”という会話が飛び出すも、西川が「稽古ではスポーツブラなのに、本番では胸に詰め物をしているんです。そのぐらい(女性らしさに)本気です!(笑)」と暴露し、柚希が慌てふためくなどカンパニーの仲の良さがこちらまで伝わるやり取りも。

『ZEROTOPIA』04

「15歳の頃からこのミュージカルを知って、その時から出たいなと思っていた」と語ったのは、新田。「毎回が全力投球なので、ケガのないようにみんなで最後までできたらと思っています」と意気込んだ。「舞台経験があまりなく、映像の芝居との違いに戸惑いを覚えた」という彼だが、演出も務める岸谷からは「もともと身体能力が高い真剣佑(新田)に2カ月間演劇の基礎を叩き込みました。ガンガン伸びてきたので、ぜひその力を見てほしいです!今後も舞台を続けてほしいですね」とエールが贈られた。

『ZEROTOPIA』05

4年前に上演された『クザリアーナの翼』以来2度目の参加となる宮澤と、数々の人気アニメ作品に出演し、絶大な人気を誇る声優・花澤は、今回地球ゴージャス初の試みとなるWキャストで登場。それぞれ「まさか4年後に2度目の出演という夢がかなってしまうとは思っていませんでしたこの喜びを皆さんに伝えられるように頑張ります」(宮澤)、「普段私は声優の仕事をしていて、声にどういう気持ちを込めるか、声のお芝居でどう見せていくかを課題にしていますが、今回は全身で表現をされている皆さんとご一緒できて、本当に刺激を受けています」(花澤)と、出演への思いを明かした。

『ZEROTOPIA』06

寺脇は稽古を振り返りながら「2ヵ月前は“ZERO(ゼロ)”だったこの作品が、皆さんに出ていただいて、地球ゴージャスの新しい木が育って花が咲こうとしています。ぜひその花を劇場に観に来ていただきたいと思います」とコメント。

前作『The Love Bugs』の千秋楽から脚本を書き出して、今日まで取り組んで来たという岸谷は「地球ゴージャス15作品目になります。これから約4カ月間、新作公演を打てることを幸せに思います。たくさんのお客様に感動していただけるように総勢35名が一丸となってがんばります。2018年、今のこの時期ならではの演劇が作れたのではないでしょうか」と作品をアピールした。

『ZEROTOPIA』07

会見の後にはゲネプロが公開され、歌、ダンス、アクション、笑いと、あらゆるエンタメ要素をギュギュっと詰め込んだステージが展開。柚希の包容力のある歌声と長身と長い手足を生かした華麗なダンス。西川のパワフルな歌声は圧巻のひと言!

『ZEROTOPIA』08

『ZEROTOPIA』09

さらに水田航生、植原卓也といった若手人気実力派俳優が様々な役を演じて盛り上げ、地球ゴージャスの見どころでもあるダイナミックなダンスナンバーを振付けて来た藤林美沙、原田薫、大村俊介(SHUN)が演者として参加し個性を発揮するなど、バラエティ豊かな各ジャンルのTOPが集結したステージとなっている。

会見でも岸谷に絶賛されていた新田は、甘い歌声とキレのあるアクションで観客の目をくぎ付けにしていた。花澤の演じるサンディーはキュートさの中に危うさを漂わせ、藤林・原田・大村が演じるキャラクターは、シリアスからコメディまで幅広く演じ分けられており、8人の漂流者たちがとても魅力的に生き生きと描かれていた。生きていく中で誰もが経験するであろう辛い出来事、忘れてしまいたい過去・・・その暗闇を見せられ、向き合った時に彼らのとる行動とは――。そして、その先に広がる光景は・・・

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA(ゼロトピア)』は、2018年4月9日(月)から5月22日(火)まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演される。その後、愛知、新潟、福岡、広島、大阪を巡演。日程の詳細は、以下のとおり。

【東京公演】2018年4月9日(月)~5月22日(火) TBS赤坂ACTシアター
【愛知公演】2018年5月29日(火)~6月2日(土) 刈谷市総合文化センター
【新潟公演】2018年6月9日(土)・6月10日(土) 新潟テルサ
【福岡公演】2018年6月22日(金)~6月24日(日) 福岡サンパレス
【広島公演】2018年6月30日(土)・7月1日(日) 広島文化学園HBGホール
【大阪公演】2018年7月6日(金)~7月15日(日) フェスティバルホール

『ZEROTOPIA』10

【オフィシャルHP】http://www.chikyu-gorgeous.jp/vol_15/

(取材・文・撮影/近藤明子)

(文/エンタステージ編集部)

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15『ZEROTOPIA』

作品情報地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15『ZEROTOPIA』

沈没した豪華客船から必然的に生き残った男女が待ち受ける運命とは・・・。

  • 公演:
  • キャスト:柚希礼音、 西川貴教、新田真剣佑、 宮澤佐江、 花澤香菜、藤林美沙、原田薫、大村俊介、植原卓也、 水田航生、 寺脇康文、 岸谷五朗、 ほか

この記事の画像一覧(全10枚)

  • 009272.jpg
  • 『ZEROTOPIA』02
  • 『ZEROTOPIA』03
  • 『ZEROTOPIA』04
  • 『ZEROTOPIA』05
  • 『ZEROTOPIA』06
  • 『ZEROTOPIA』07
  • 『ZEROTOPIA』08
  • 『ZEROTOPIA』09
  • 『ZEROTOPIA』10

関連タグ

関連記事

トップへ戻る