エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

佐藤流司&崎山つばさがロックなステージで魅せる『御茶ノ水ロック』開幕!「生のライブパフォーマンスを感じて」

009219.jpg

TVドラマ舞台連動企画の第2弾『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』が、2018年3月30日(金)に開幕した。舞台版では、1月からテレビ東京で放送されたTVドラマの続きが描かれる。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、佐藤流司と染谷俊之、崎山つばさ、荒木宏文が公演にかける思いを語った。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_2

本作は、すれ違い、互いの道を違えてしまった兄弟を中心に、トップを目指して時にもがき、時に夢に目を輝かせるバンドマンたちを描いた青春音楽ストーリー。TVドラマ版のキャストたちが、ホームグラウンドである舞台に戻り、当て振りなしの生演奏ライブを行うことでも話題となっている。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_3

会見で佐藤は、自身が演じる片山始というキャラクターを「元気でまっすぐで熱くて、主人公的なキャラクター」と説明。さらに「ドラマでは元気で活発なキャラでしたが、舞台では(そういった面を)さらにしっかりと表現して、受け取ってもらえるように・・・」と言ったまま考え込んだ末、「きがくるっ・・・」と言葉を発すると、すかさず染谷から「使えるヤツにして」、荒木からは「選んだ末にその言葉が出てきたのか!?」とツッコミが入り、会場は爆笑に。

その後も、“使える言葉”が出てこない佐藤に、荒木が「テンションが高い・・・元気な・・・明るい・・・」とフォローすると、佐藤はその言葉を繰り返し、「元気な明るい舞台になっていると思います!」と締めた。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_4

また、始の兄・片山亮役の染谷は「生演奏が一番の見どころだと思います。ライブを観に来たような感覚も味わえますし、役者が演じているのでお芝居も楽しめる。音楽好きも舞台好きも、両方好きな方もひっくるめて、楽しんでいただけるエンターテインメントだと思います」と、出来に自信をのぞかせた。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_17

一方、始の率いるバンド「ダイダラボッチ」のライバル「The DIE is CAST」でボーカルを務める逢坂翔平<SHO>役の崎山は「舞台に向けて、(ドラマより)表現を大きくする点で、役に対しての作り方も細くなった。舞台ならではの僕たちを見ていただければ」とコメント。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_19

舞台版からの出演となる荒木は「ドラマではピースフルなエンドを迎えたので、またひと盛り上がりするために僕が参加する。まさに悪役で、(自分が)ちゃんと波を立てることで、絆や音楽の大切さが分かり、新しい道を見つける。そのための火薬として、皆の背中を押せるような悪役をしっかりと演じたいと思います」と意気込んだ。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_7

『御茶ノ水ロック』舞台写真_14

さらに、バンドメンバーとの絆を感じたエピソードを聞かれた佐藤は「(ダイダラボッチのメンバーで)じゃんけんをして負けた人が弁当の残りを片付けたり、自販機に行って全員分のジュースを買ってくるというイベントがある」と明かした。この日は、DICメンバーも加わってのじゃんけんとなったようで、佐藤は「ARASHI役のスナ(砂原健佑)くんが負けたんです。結構、年上なんですが、早く買ってこいってみんなから罵声を浴びてて(笑)。ロックな絆を感じましたね」と言いながら笑顔を見せた。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_34

会見の最後に、本作について「めまぐるしく、速いテンポで進んでいく舞台になっている」とアピールした佐藤。「演じている側も、毎回同じことができないぐらい、素早く進んでいく舞台なので、新鮮な気持ちで演じることができています。観に来る皆様も、生のパフォーマンスを感じていただけたら」とメッセージを贈った。

(以下、物語の一部あらすじに触れています)

妨害工作にも負けず「BUZZ ROCK FURE」のステージに立ち、兄・亮(染谷)と和解した始(佐藤)。インディーズバンドの最高峰を決めるライブイベントでは、亮がプロデュースするThe DIE is CASTが優勝し、始率いるダイダラボッチは準優勝という結果に終わった。イベント直後、亮の元に、桐山純哉(荒木)という男が現れる。彼は、亮がかつて組んでいたバンド・The CROWのボーカリスト。桐山の姿を見た亮は、表情を曇らせ・・・。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_9

物語は、佐藤の言葉通り、場面が次々に切り替わり、テンポよく進んでいく。舞台空間を見事に使い、まるで映画を見ているかのように、切り替わる手法は新鮮だ。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_10

そして、本作の最大の特徴でもある、ライブパフォーマンスは、役者が演じているとは思えないほどの迫力とクオリティ。アーティスト“Ryuji”として自身のバンド「The Brow Beat」で活躍する佐藤はもちろんのこと、それぞれ音楽活動を行っている崎山と荒木も、見事なロックボーカリストとして君臨する。芝居としてだけでなく、ライブとしても楽しめる作りは、音楽好きをも魅了することだろう。

『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』は3月30日(金)から4月15日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。

『御茶ノ水ロック』舞台写真_11

なお、千秋楽公演となる4月15日(日)17:30開演の公演では、全国の映画館でライブ・ビューイングが行われる。詳細は、以下のとおり。

◆ライブビューイング『御茶ノ水ロック -THE LIVE STAGE-』
【日時】4月15日(日)17:30開演
【上映館】全国各地の映画館
【チケット料金】3,600円(税込/全席指定)

『御茶ノ水ロック』舞台写真_12

(C)御茶ノ水ロック製作委員会

(取材・文・撮影/嶋田真己)

(文/エンタステージ編集部)

御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-

作品情報御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-

  • 公演:
  • キャスト:佐藤流司、崎山つばさ、前山剛久、谷水力、松本岳、宮城紘大、砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助、菊田大輔、大塚尚吾、荒木宏文、染谷俊之、ほか

この記事の画像一覧(全36枚)

  • 009219.jpg
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_2
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_3
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_4
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_17
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_19
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_7
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_14
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_34
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_9
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_10
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_12
  • 『御茶ノ水ロック』舞台写真_11
  • 009219_5.jpg
  • 009219_6.jpg
  • 009219_8.jpg
  • 009219_13.jpg
  • 009219_15.jpg
  • 009219_16.jpg
  • 009219_18.jpg
  • 009219_20.jpg
  • 009219_21.jpg
  • 009219_23.jpg
  • 009219_25.jpg
  • 009219_27.jpg
  • 009219_22.jpg
  • 009219_24.jpg
  • 009219_28.jpg
  • 009219_29.jpg
  • 009219_30.jpg
  • 009219_31.jpg
  • 009219_32.jpg
  • 009219_26.jpg
  • 009219_33.jpg
  • 009219_35.jpg
  • 009219_36.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る