エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『赤道の下のマクベス』開幕!主演池内博之、役作りで13キロの減量も

009097.jpg

2018年3月6日(火)、鄭義信の日本初演作品である舞台『赤道の下のマクベス』が、東京・新国立劇場にて開幕した。出演は、主演の池内博之、平田満、浅野雅博、尾上寛之、丸山厚人、木津誠之、チョウ・ヨンホ、岩男海史、中西良介ら9名。

『赤道の下のマクベス』は、鄭が東京・新国立劇場に書き下ろした、1950~1970年代にかけて戦後の影の日本史を描いた3部作『たとえば野に咲く花のように』『パーマ屋スミレ』『焼肉ドラゴン』に遡る第4弾。時は第二次世界大戦が終結した頃の1947年の夏。シンガポールにあるチャンギ刑務所に、第二次世界大戦のBC級戦犯として収容されていた日本人と元日本人だった朝鮮人の物語だ。

同作は、2010年に韓国ソウルの明洞芸術劇場で、鄭が書き下ろし、ソン・ジンチェクの演出で韓国語にて初演され、北京公演も行っている。3月6日(火)にスタートした日本公演は、東京・新国立劇場のために大幅に改訂しているものの、いつも庶民の側から温かくも鋭いまなざしで大きな世界を描く熱い鄭ワールドが展開されている。

『赤道の下のマクベス』

役作りで13キロ痩せた肉体を維持しているという池内は「早く幕が開いて欲しい気持ちでいっぱいです。”戦犯”という重いテーマを扱った作品なんですが、お互いの友情、笑いや涙など色々な要素がたくさん詰まった作品です。俳優陣全員がイキイキと芝居をしているので、そこが見どころです。本当にいい作品だと思います。初めて台本を読んだ時はおもわずカフェで泣いてしまったくらいで(笑)。絶対に楽しんでいただける作品になっておりますので、ぜひお越しください!」と意気込みを述べた。

舞台『赤道の下のマクベス』は3月6日(火)から3月25日(日)まで東京・新国立劇場にて上演される。その後、兵庫、愛知、福岡を巡演。詳細は以下のとおり。

【東京公演】3月6日(火)~3月25日(日) 新国立劇場 小劇場
【兵庫公演】4月5日(木)・4月6日(金) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【愛知公演】4月11日(水) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
【福岡公演】4月15日(日) 北九州芸術劇場 中劇場

(写真/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

Sorry, no image.

作品情報赤道の下のマクベス

  • 公演:
  • キャスト:池内博之、浅野雅博、尾上寛之、丸山厚人、平田満、ほか

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 009097.jpg
  • 『赤道の下のマクベス』

関連タグ

関連記事

トップへ戻る