エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

アニメ『ハンドシェイカー』が2018年に舞台化決定

007506.jpg

2017年1月から3月にかけてMBS、TOKYO MXほかにて放送されたTVアニメ『ハンドシェイカー』が、舞台化されることが決定した。これは、7月9日(日)に埼玉・和光市民文化センターにて開催されたTVアニメ「ハンドシェイカー」スペシャルイベント~たいへんたいへん!みんなハンドシェイカーになっちゃった!~のイベント内にて発表されたもの。

脚本・演出は、ILLUMINUS Debut Stage『ジュブナイル』を手掛けた吉田武寛。音楽は、アニメ版と同じくGoon Traxが担当し、原作の音楽がふんだんに使われる予定とのこと。

『ハンドシェイカー』は、アニメイトの30周年記念作品として、Frontier Works、GoHands、KADOKAWAにより共同合作されたアニメ作品。手を繋ぎ、深層心理からうまれた武器“ニムロデ”を持って戦う者たちの姿が描かれる。

舞台『ハンドシェイカー』は、2018年1月24日(水)から1月28日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。出演者などの詳細は、続報を待とう。

【公式HP】http://stage-hs.net
【公式Twitter】https://twitter.com/Stage_hs2018

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 007506.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る