loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

桑島法子による宮沢賢治作品の朗読会が2017年1月に公演決定

006185.jpg
画像を全て表示(1件)

声優として活躍する桑島法子が、自身のライフワークとして行っている『朗読夜』を2017年1月8日(日)に東京・グローブ座にて開催する。“生”の朗読と“生”の演奏の融合を目指し、シンプルかつストレートに朗読を伝え続けていく意思と技術を込めたこの『朗読夜』。お年玉公演となる今回は、五十嵐あさかによるチェロ演奏に乗せて、宮沢賢治の童話を贈る。

上演にあたり、桑島からコメントが届いている。

◆桑島法子
お客様へ。
2006年に開催したお正月公演には、~Hatsuyume 童話~ というタイトルをつけました。
今回は~Ai-iro 童話~アイには、「藍」の他、「哀」、「i(私)」、「(故郷)愛」などの想いを込めました。藍色は、古来、日本の伝統色。
わたしのイメージする、ちょっとdeepな賢治童話を集めてお送りします。
(もちろん詩も!)

【予定朗読作品】
宮沢賢治作「なめとこ山の熊」「よだかの星」「鹿踊りのはじまり」「原体剣舞連」ほか(順不同)

『桑島法子 朗読夜 お年玉公演 ~Ai-iro 童話~』は、2017年1月8日(日)に東京・東京グローブ座にて上演される。

桑島法子 朗読夜 お年玉公演 ~Ai-iro 童話~
  • 公演:
  • キャスト:桑島法子、五十嵐あさか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 006185.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事