『ハイスクール!奇面組』第3弾は、表情筋が大忙し!平野良×もう中学生×ジョイマン高木×なだぎ武インタビュー


2020年11月18日(水)に東京・草月ホールにて『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪! 修学旅行編~が幕を開ける。1980年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた伝説の学園ギャグ漫画、3度目の舞台化となる本作は、原作でも屈指の人気エピソード「修学旅行編」。

一堂零役の平野良、出瀬潔役のもう中学生、大間仁役の高木晋哉(ジョイマン)の「奇面組」メンバーと、熱血教師・事代作吾役のなだぎ武に、前2作の振り返りを交えながら、シリーズのおもしろさを語ってもらった。笑いの耐えなかったインタビューの模様をお届け!

――『ハイスクール!奇面組』第3弾、待っておりました。

平野:僕らの中でもまたやりたいねってずっと話していて。公演が決まる前にも、一度集まったりしていたんですよね。

なだぎ:そうそう、去年かな?なるせゆうせいと、良と、宮下雄也と集まってごはんを食べる機会があって。

平野:だから、念願が叶って嬉しいですね。

高木:・・・あれ、僕ら呼ばれてないんですけど。

もう中学生:全然聞いたことのない話です。

高木:たかちゃん、もうちゃんはまったく呼ばれていないです。

なだぎ:そうやな、他にも誰か呼ぼうか?って話になっても、名前も上がらんかったな。「た」の字も「も」の字もまったく出てこなかった(笑)。俺が帰ったあとに、鳥越(裕貴)も来たって聞いたで。あいつ今回出ないけど。

一同:(爆笑)!!

高木:それでも第3弾まで続けて出演できるって、すごいことですよね。

もう中学生:忘れられていたわけではないってことですよね、よかった~(笑)。

―このノリあっての舞台版「奇面組」ですね(笑)。

平野:そうですね、この作品をやっている期間は何も悩まなくて済むんですよ(笑)。難しいことを考えることもなく。

なだぎ:キャスト同士で「密」になって「こーしよう、あーしよう」と言うこともなく(笑)。

平野:それから、個人的にはこの時期の高木さんのTwitterが楽しみなんです。

なだぎ:そうそう。我々の裏の楽しみね。「役者」モードのつぶやきになるから。

高木:「役者」モードというか・・・芝居やるぞって、自分の中できちっとスイッチを切り替えるために、ツイートで役者っぽさを出しているんですよ(トークも役者モードになる高木さん)。

平野:こういう取材も、「役者」としての仕事ですもんね。

高木:・・・ばっちり衣裳着ていますけども。

一同:(爆笑)!!

高木:でも、役者っぽいツイートをするとフォロワーが減るんですよ。

なだぎ:こっちの視聴率は上がるのになあ!

――切り替えと言えば、もう中学生さんは『ハイスクール!奇面組』の第1弾の後に出演されたのが、ミュージカル『メリー・ポピンズ』と幅広いですよね。

もう中学生:そうなんです。不思議なことを呼び込むのが、この舞台なんです。公演が終わると、いいことがある。洗濯機が直る、とか。

なだぎ:どういうこと?!

もう中学生:第1弾に出たら、『メリー・ポピンズ』に出れて、第2弾が終わったら、壊れて置物になっていた洗濯機が急に動き出したんです。だから、今回も終わったあとに奇跡が起こると思っています。

なだぎ:意味が分からない(笑)!でもすごいよなあ、シアターオーブの舞台に立ったんやもんな~。

平野:しかも、小野田龍之介っていうすごいミュージカル俳優とダブルキャストですからね。

もう中学生:選んでいただいた理由を聞いてみたんですけど、教えてはもらえませんでした。

なだぎ:あれやろ、『奇面組』より前に出た『墓場、女子高生』(2016年)では全然芝居が出来なくて演出家にバチバチに怒られてたんやろ?

もう中学生:そうです。今回ご一緒する和田まあやちゃんが所属している乃木坂46の子たちと一緒にやったお芝居なんですけど。僕、お稽古中ずっと泣いていて。誰かがビスコをくれたんですよ。でも、目が潤んでいて誰がくれたのかまったく分からなかったんです。その時はできなすぎてお芝居が楽しいと思う余裕がなかったから、『奇面組』で開花しました(笑)。

――(笑)。和田さんをはじめ、今回から参加される新しいキャストさんも増えていますね。「奇面組」の面々にも、井深克彦さんが加わりました。

なだぎ:あいつは本人そのままでいけるな(笑)。かわいい物星君が見れると思いますよ。

平野:井深くんは、本当にかわいく見られたい人だから。以前、テレビの収録で会ってメイクをしている鏡越しに「おはよう」って声をかけたんですよ。そうしたら、彼は俺を見るんじゃなくて、「おはようございます!」って言ってる自分の顔をチェックしていたそうです(笑)。

なだぎ:すごいな~それがナチュラルなんやもんな~。今回、役作りいらんやろ、っていうぐらい素でいいかもしれない。

もう中学生:あの・・・なだぎさん・・・、「素で舞台に出てもいい」っていうお言葉は、彼(高木さん)に悪影響を与えます・・・。彼は結婚指輪をつけたまま舞台に出ちゃったという前科が・・・。

平野:そうだ!前回あった(笑)!

もう中学生:高校生なのに(笑)。終演後に着替えながら気づいて、「あー!」って言ってました。

なだぎ:“愛”を大切にしてるんやな。こうなると、逆に今回もどこかでやって欲しいね!

高木:嫁と喧嘩すると口きかないんですけどね。今は、「役者」モードだから。高校生の気持ちにならないといけないから。嫁は関係ないです。

――役作り、始まってますね。

平野:だけど、高木さん第2弾でめっちゃ台詞減ってましたよね。それでもずっと台本持ってた(笑)。

高木:確かに減っていたけど、ちょっとホッとしていた自分がいたよね。台本は・・・持ってないと身体のバランスが取れなくなるんですよ。

一同:(爆笑)!!

高木:しかも、大体ラップでしたからね。

なだぎ:第1弾の時からどんだけラップ歌うねん!って感じやったからなあ。

高木:役作りよりもラップ作りです。

――第1弾に比べて、第2弾はより自由な感じになっていましたよね。

なだぎ:最初に比べて、だいぶ間口を広めにした感じはありましたね。演出面でも、自由に泳がせたらおもしろいって思ったからできた幅のような気がしますね。

平野:なるせさんは、みんなが自由にやっているのを最終チェックしてくれるという感じですからね。

高木:でも、僕には結構厳しい。言葉で細かい指導をされるとかではないんですけど、体当たりされたりとか。

なだぎ:「役者」としての物理的な教育が(笑)。

高木:僕、この作品しか舞台の経験がないので、これが普通なんだと思っちゃってますが、そうではないんですか?

平野:・・・ガチのところに行ったら、本気でしばかれると思います(笑)。

なだぎ:もう中は?

もう中学生:僕は、何をしてもオッケーというか・・・。何でもニコニコ観ていてくださるんです。その代わり、普通のことを聞いても答えてくれない。そんな、ヤバい関係です。

平野:もう中さん、第2弾の時にちょっとこなれた感じがあって、「そんな芝居をしようとしなくていいよ」って言われてましたよね(笑)。

もう中学生:そう、ちゃんとやるとおもしろくなくなるって言われました。『メリー・ポピンズ』で学んだことを活かしてみたら、そうじゃないって言われました。

なだぎ:ベクトルが真逆やからな(笑)。

――そんな2作品の経験を踏まえての第3弾は、「修学旅行編」ということですが。

なだぎ:第2弾の時から、なるせが「修学旅行編」をやりたいって言ってたんですよね。このメンバーがまた揃うといいなというような話はしていました。

平野:しかも、「修学旅行編」に「エリザ編」が絡んでくるんですよ。今回、台本をいただいた時に結構長いなと思ったんですけど、読んでみたらあっという間で。あれは、ちょっと久々な感覚でしたね。

なだぎ:展開がめちゃくちゃ早いよな。

平野:ただ、要所要所に「ここで気の利いた一言をお願いします」とか、「高木さん、ラップお願いします」とかありますよね。

高木:役者やらせる気ないな!

もう中学生:「ダンボールお願いします」も・・・。

平野:ありますあります(笑)。

なだぎ:お前、いっつも稽古場にダンボール持ってきてたもんなあ。第1弾の時も第2弾の時も、稽古場がめちゃめちゃ遠いのにタクシーに入らないからって汗だくで歩いてきてたもんなあ。

もう中学生:なだぎさんは、そういうのなくても急にビートたけしさんになったり、世田谷の青汁飲んでるおばあちゃんになったりしますよね(笑)。

なだぎ:そう、どんどん増えていってしまう(笑)。

平野:今回、わりと恋愛要素も多いんですよね。零くん、事代作吾先生だけじゃなくて・・・。

高木:え゛っ!
(※インタビューは稽古に入る前に行ったため、高木さんはまだ内容をすべて知りません)

なだぎ:なんや、すごい「え゛っ!」が出たで。お前と出会ってから長いけど、そんな「え゛っ!」聞いたことない、ゴールデンタイムのレギュラーが決まったみたいな驚きやん(笑)。

高木:役者として、男を見せる時が・・・。

平野:だから、みんな台詞が増えているんですよね。ラブシーンとかもあるかも?

高木:どうしよう。新境地、開拓しなきゃですね。役作りも変わってきますよね、恋、しなきゃいけないんですもんね。

なだぎ:おいおい、えらい積極度が上がったな。

高木:とりあえず、指輪外します。

一同:(爆笑)!

――何が起こるのか「修学旅行編」(笑)。ちなみに、皆さんのリアルな旅の思い出もお伺いできますか?

なだぎ:そうやなあ、俺が一番びっくりしたのは、映画でフランスに行った時のことかな。現地のカフェで監督に相談をしていたら、モデルみたいなきれいなお嬢さんが「アナタ、ナダギサンデスネ?!」って声をかけてきたんですよ。

高木・もう中学生:え~!

平野:なだぎさんのこと知ってたってことですか?

なだぎ;そう。日本の文化がフランスでも知られてて、テレビとかYoutubeでお笑いを観てくれているらしくて。あれは本当にびっくりしました。

平野:世界のなだぎになった・・・。

なだぎ:(笑)!そんなワールドワイド感を今回も出していけたらなあ!

高木:僕は・・・自粛期間明け、半年ぶりぐらいの営業があって、山梨の夏祭りに呼んでいただいたんです。お客さんもなかなか集まりづらい状況だったんですけど、久しぶりの営業を噛み締めていたんですね。そんな帰り道、車を走らせていたら、遠ざかる夏祭りの会場からパーンッ!って花火が上がって。夏も終わりかけの頃だったんですが、初めて夏らしさを感じました。その車の中、ジョイマンと鬼越トマホークっていうメンバーだったんですけどね。鬼越トマホーク越しの花火、きれいでした。

なだぎ:むさくるしいけど、ええ話やった(笑)。もう中は?

もう中学生:僕は、旅と言えば「ホテルの朝食は、和ベースにすると吉」って思ってます。

なだぎ:どういうこと(笑)?

もう中学生:朝食バイキングって、洋食か和食か、ルートが分かれているじゃないですか。パンを中心にラインナップを考えてしまうと、しゃけとか納豆とか、手にしづらいものが増えてしまうってことです。

なだぎ:食卓の賑わい具合が吉ってこと?それとも自分のルーティンとして吉ってこと?

もう中学生:満足度No.1ってことです。

なだぎ:何言うてんねん(笑)!良は?

平野:僕は・・・マジでトラウマな出来事なんですけど。ある作品で福岡に公演しに行った時のことなんですが、すごくいいホテルの部屋を用意していただいたんですね。浮かれてお酒を飲んだ状態で、お風呂に入ろうとお湯を貯めていたんですが、そのまま寝てしまって・・・。

なだぎ:えぇっ?!

平野:朝方、扉を激しく叩く音で目が冷めたんです。お湯を出しっぱなしにしてしまっていたことで、構造的にある箇所で水道管が破裂してしまったそうで・・・。しかも、その場所がホテルの心臓とも言えるデータベースの部屋の上だったんです。データが飛んでいたら億単位の損害だって言われました。

高木:お、億・・・。

平野:でも、その日も昼夜公演があったから、スタッフさんにはとりあえず「劇場に行ってください」って言われて行ったんですけど・・・まじで、その時は「引退」の二文字が頭に浮かんでいましたね。

なだぎ:それで、どうなったん?!

平野:弁償しなければいけなくなるか、気が気じゃない状態で昼公演に出ました。俳優生命が終るかもしれない・・・って思いながら。ベテランの共演者さんが「俺が弁護士を紹介してやるから!」ってめっちゃ励ましてくれたんですけど、全然効きませんでした(笑)。結局、奇跡的に大きな被害はなかったので、そんなことにはならなかったんですけどね。

なだぎ:億単位のプレッシャーかけられたら、血の気が引くよね、ほんまに。

平野:だから、その日の夜公演は一番いい芝居になったと思います(笑)。でも、今も怖くて、ホテルの部屋で湯船に浸かることがなくなりました。

――思ったよりヘビーなお話が・・・。公演では、楽しい「修学旅行」を楽しみにしています!

なだぎ:こういう時期だけど、やっぱり笑える環境というのは非常に大事やなと、最近特に思います。僕も笑いに助けられてきた人間であり、皆さんに笑ってもらえるところで汗をかけるということは本当にありがたいことです。難しいことは一切なく、「緩和」しかない舞台なので、純粋に楽しみに来ていただけたらなと思います!

高木:コロナで仕事も少なくなっている中、ありがたいお話です。僕自身もいっぱい笑いたいなと思っています。「恋」もあるということでね。がんばるもん!羅生門!!

なだぎ:おいおい、また急に熱が上がったな。

もう中学生:僕は、2020年じゃなく、6712年みたいな気持ちでがんばりたいです。テーマは「ろくなないちにー」です。よろしくお願いします。のりゆき(もう中学生さんの本名)が言っていたよと、読者の皆様にお伝えください。

なだぎ:意味が分からん(笑)。

平野:新キャストが加わり、よりパワーアップしての「修学旅行編」です。友情、恋愛、いろんな要素がありますが、まったく考えるべき要素はゼロです。見終わったあと、考察の余地がないぐらい、ただただおもしろかったと笑っていただけると思います。2020年、あまり表情筋を使う機会がなかったかもしれませんが、この作品で、みんなで表情筋を使えたらいいですね。

公演情報

舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪! 修学旅行編~
2020年11月18日(水)~11月23日(月・祝) 東京・草月ホール

【原作】新沢基栄(集英社文庫コミック版)
【脚本】田中大祐
【演出】なるせゆうせい(オフィスインベーダー)

【出演】
平野良、寺山武志、もう中学生、高木晋哉(ジョイマン)、井深克彦/和田まあや(乃木坂46)、西田薫子/宮下雄也/横井翔二郎・梶原颯・荒一陽・田中美麗/桜庭大翔・宮澤雪/いーま・南米仁・アライヒロヤス・金子清春・山本夏夢・吉田瑞貴/なだぎ武

<ライブビューイング(生配信)>
ライブ配信プラットフォーム「ミクチャ」にて楽日公演ライブビューイングが決定!

【配信日時】2020年11月23日(月・祝) 12:00公演/16:00公演

【チケット受付URL】
12:00公演 https://mixch.tv/liveview/95/detail
16:00公演 https://mixch.tv/liveview/96/detail

【公式サイト】https://kimengumi-stage.jp/
【公式Twitter】@kimengumi_stage

(C)新沢基栄/集英社・2020舞台「ハイスクール!奇面組3」製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。