「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『BLOODY SHADOWS』」インタビュー!秋葉友佑「劇団シャイニングに関わる奇跡」


2020年11月5日(木)に開幕する、舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『BLOODY SHADOWS』」。本作は、『うたの☆プリンスさまっ♪』が“劇団”をテーマに展開する舞台公演プロジェクト「劇団シャイニング」の「シアターシャイニング」シリーズ舞台化4作目であり、本プロジェクトの最後を飾る作品。

『BLOODY SHADOWS』は、“バンパイア”をテーマに、運命のもとに出会い、永久を共に旅することになったマサフェリー、ウォーレン、アイレスの“その後”のストーリーを、美しい世界観で描く。高本学は『JOKER TRAP』から続投、マサフェリー役の仲田博喜、アイレス役の秋葉友佑が劇団シャイニング初参加となる。

出演が決まる前から、筋金入りの「うた☆プリ」ファンだったという秋葉。「様々な気持ちが入り交じる」という秋葉の心境を聞いた。

――秋葉さんは、本作から劇団シャイニングへのご参加となりますね。出演が決まった時のご心境を聞かせていただけますか?

僕は、もともと「うたの☆プリンスさまっ♪」が好きだったので、この劇団シャイニングにお仕事として関わる機会をいただけたことは奇跡的なことでした。その奇跡だ!と思う気持ちに、めちゃくちゃ緊張が入り混じっています。幕を開けたら、また自分の気持ちがどうなってしまうんだろう・・・という楽しみもありますし。とにかく、様々な気持ちが入り混じっております!

――ご自身がファンだった作品に携わるって、すごいことですね!「うたの☆プリンスさまっ♪」のどういう部分に惹かれていたんですか?

もともとアニメ好きでして・・・。家で部屋を真っ暗にして没入して観るぐらい、大好きです。それから、小さい頃から“アイドル”という存在も大好きでした。「うたの☆プリンスさまっ♪」の10周年記念で、駅にポスターが貼り出された時も、一人で見に行って自撮りをして帰ってきました。貼り出されてすぐ行きました(笑)。

――すごい!今回演じられるのはアイレス役ですが、どのように演じたいと思っていらっしゃいますか?

メイクと衣裳のお力を借りた僕らが全員揃ってステージに立つ瞬間、どんな景色が見えるのか、今からとても楽しみです。アイレスは、冷酷に振る舞っているように見える人物ですが、そこにたどり着く理由を、感情から辿ってしっかりと作っていきたくて。そして、強さや格好よさの影にある、かわいらしさを、ダンスや歌でもしっかり意識した役作りをしていきたいと思っています。

それから、美風藍さんへのリスペクトを常に忘れず、その中で自分の色も出せたらいいなと思っています。アイレスの“感情を出す”ということに対しては、すごくシビアに、丁寧に。ベースをしっかりと守った上で表現したいです。

――“バンパイア”というモチーフも、演じがいのあるものですよね。

そうですね。“バンパイア”と人間の決定的な違いは、吸血することですよね。その“吸血”に及ぶにあたって湧いてくる感情を突き詰めると、そこには“愛情”があるのではと思うんです。“愛情”って、一言で言ってもいろんな形があるじゃないですか。特に、演じさせていただくアイレスには“愛”を強く感じています。いろんな愛の形を、“バンパイア”という存在を通して、きれいなだけではない感情として、物語の中で丁寧に作っていけたらと思います。

――共演する仲田博喜さん、高本学さんの最初のご印象はいかがでしたか?

博喜さんとは共演させて頂いたことがありまして、その時から“お兄ちゃん”という感じでとても頼りにしています。いろんなことを教えていただいたので。そういう一面がある一方で、“天然さ”を持ち合わせている人なので、今回の座組でもそんな博喜さんらしさがにじみ出てくると思います。そして、何よりもキレイなお顔立ち。僕の一番なりたい顔です(笑)。高本さんは、おもしろい作品に出ていらっしゃるなあとずっと拝見しておりました。今回、お芝居で絡めることが本当に楽しみです。劇団シャイニングには初めて携わらせて頂くことになりますが、みんなで“今回の色”を強く打ち出せるように、がんばりたいです。

――ちなみに、秋葉さんが新しいこと、新しい環境に臨む時に大事にしていることはありますか?

何事も、新しいことに挑戦する前は緊張するんですけれども、周りを見ることを意識するようにしています。とにかく周りをよく見て、共通点をもとに自分からアプローチしていきますね。舞台の稽古の中でも、公演に向けてみんなでまとまっていけるような動きができるようにがんばりたいと常に思っています。人見知りなんですけど、自分から動いていくタイプなんです(笑)。

――秋葉さんたちが、どんな『BLOODY SHADOWS』の世界を見せてくださるのか、楽しみにしております。

『BLOODY SHADOWS』は、特殊な設定で世界観の強い作品ですが、とにかく皆様が想像する以上に没入して頂けるように大事に演じていきたいと思っています。そして、作品へも“愛”がありますし、作品の中にもテーマとして“愛”があると思っているので、それをご覧頂く方にしっかりと感じて頂けるようにしたいという気持ちが強くあります。その上で、エンターテインメントとしてのポテンシャルを目一杯引き出せたらいいです。僕自身も楽しみにしているので、しっかりと皆様を『BLOODY SHADOWS』の世界にお連れできたたらと思います !

公演情報

舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『BLOODY SHADOWS』」
【東京公演】11月5日(木)~11月8日(日) シアター1010
【大阪公演】11月19日(木)~11月23日(月・祝) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

【演出】児玉明子
【脚本】ほさかよう(空想組曲)
【音楽】Elements Garden

【出演】
マサフェリー:仲田博喜 ウォーレン:高本学 アイレス:秋葉友佑
ホメロス:根本正勝 ジョナサン:岸本卓也 テオドール:宮城紘大 ラインハルト:廣野凌大

<アンサンブル>
寒川祥吾、 佐山太一、 清水錬、 竹井弘樹、 原田将司、 深澤悠斗、 宮川連、 吉田邑樹(50音順)

【アフタートークショー開催】
11月19日(木)19:00公演
登壇者:仲田博喜、高本学、岸本卓也、廣野凌大
11月20日(金)19:00公演
登壇者:秋葉友佑、根本正勝、宮城紘大

<ライブビューイング>
劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪ 『BLOODY SHADOWS』 ライブ・ビューイング
【日時】11月22日(日)13:00公演/18:00公演
【会場】全国各地の映画館
https://liveviewing.jp/contents/bloodyshadows/
※開場時間は映画館によって異なる
※大阪府では条例により16歳未満の方は終了時間が19時を過ぎる上映回には保護者の同伴が必要(入場不可)
【料金】4,000円(税込/全席指定)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料

【公式サイト】https://gs-bloodyshadows.com
【公式Twitter】@gekidan_shining
【公式ポータルサイト】https://gekidan-shining.com

(C)劇団シャイニング

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。