loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『フラッシュダンス』植原卓也インタビュー!「悪い奴を楽しんで演じたい」

015314.jpg
画像を全て表示(4件)
                  

2020年9月から10月にかけて、東京、名古屋、大阪でミュージカル『フラッシュダンス』が上演される。本作は1983年に公開され、世界中で1億ドル以上の大ヒットを記録した伝説的アメリカ青春映画『フラッシュダンス』を、1980年代を代表するヒットソングの数々に乗せてミュージカル化したもの。大迫力のダンスによって夢見る少女・アレックスの夢、友情、恋の物語を描く、日本では初演となる注目作だ。

今回は、主人公・アレックス(愛希れいか)たちが働くバー「ハリーズ」の買収を目論むストリップクラブ「カメレオン」のオーナー・C.C.役を演じる植原卓也にインタビュー。本作の魅力や自分の役柄について、そして自身にとっての“青春”とは何かなどを聞いた。

015314_3.jpg

――植原さんが生まれる前に公開され、今も人気の作品ですが、出演が決まった時のお気持ちは?

世界中に知られる作品だったので、「自分がこの作品に携われるんだ・・・!」という感動が大きかったです。世代である親もすぐ分かってくれましたし(笑)。僕より歳下の応援してくれる子の中には知らない世代の子もいるかと思うんですけど、同年代とか年上の方もよく知っている作品なので、伝わりやすい嬉しさがありました。

ミュージカル版として書き換えられている部分もあるんですけど、役を掴むと言う意味で改めて映画を観ました。劇中で使われている楽曲も改めて聞いたりして。とても楽しみです。

――その中で改めて感じた本作の魅力は?

人気のミュージカルは例えばヨーロッパテイストの貴族がいっぱい出てくるような作品が多いかと思うんですが、その中で全然違うベクトルで描かれている作品なんですよね。少し昔の時代の話だけど、どこにでもいるような一人の女の子が高みを目指して這い上がっていく姿が描かれていて。意外とミュージカル作品にあるようでないようなストーリーなので新鮮な気がして自分的には楽しみポイントです。楽曲もそれに伴って“ザ・ミュージカル”な楽曲ではなかったりする部分もあるんですけど、そういったものも皆様と一緒に楽みたいです。

015314_2.jpg

――今回演じるC.C.はどんな役どころなんでしょうか?

本当に悪い奴でして・・・(笑)。これまでやってきた役は“それでも憎めない”というような一面もあってフォロー出来ていたんですけど、今回はいよいよフォローもできないような笑うしかないほどの悪者です(笑)。しっかりと演じて中心となるキャラクターたちをいい意味で盛り上げて、応援したくなるような・・・そんな“悪”を目指したいです。

C.C.は作品のテーマとは反して夢を追うなどのシーンがまったくなくて、他のキャラと全く違うベクトルで生きているんですよね。本当に悪い奴で、めったに巡り合えるようなタイプではないので逆に楽しんで演じたいと思います。でも、個人的なメッセージとして・・・C.C.はすっごい嫌な奴なので舞台で見て「うわぁ・・・」って思ってもらえたら幸いなんですけど、どうか、植原卓也だけは嫌いにならないでください(笑)!

――(笑)。愛希さんや廣瀬友祐さん、共演者の方々のご印象は?

ちゃぴちゃん(愛希)とは『エリザベート』で共演させていただいていたり、最近同じ事務所に入ってこられたというご縁もあって。おこがましいんですが、より身近になったなと感じました。今回も一緒に作品作りに挑めるのが嬉しいです。廣瀬くんとも何回か共演してますし、福田(悠太)くんとは元々プライベートでダンスの練習を一緒にしたり交流があったので話しやすいですし。桜井玲香ちゃんは『ダンス オブ ヴァンパイア』で一緒で、石田ニコルちゃんは事務所の後輩だったりして、知ってる人が多いのは人見知りな僕としては助かりました(笑)。

あと今回は『ZEROTOPIA』でもお世話になった大先輩の岸谷五朗さんの演出をまた受けられるのが嬉しいです。岸谷さんご自身が俳優ということもあって、より僕たちの気持ちも理解してくださいますし、海外ミュージカルに精通しているので見に来られる方も安心できるんじゃないでしょうか。

015314_4.jpg

――本作では大人の“青春”が描かれますが、ご自身にとっての青春と言えばなんでしょうか?

仕事においての青春はいっぱいあるんですけど、仕事関係なくでいうとやっぱり高校時代ですかね。なんか、めちゃくちゃみんなで思い出作りをしたんです。大人になる前提で「いつか懐かしくなるだろう」って何年か後に見返せるようにいっぱい写真を撮ったり、シンプルにみんなでご飯食べてわいわいしたり放課後に洋服屋や原宿へ行ったり。ひたすら充実していました。今でも高校時代の友達に会って写真を見返します。それが、僕にとっての青春ですね。

――植原さんの“悪”っぷり、楽しみにしております!

皆さんが楽しみにしてくださっているのはめちゃくちゃ伝わっていて、僕も幕が開くのを楽しみにしています。無事に幕が開くよう、信じて願って。『フラッシュダンス』はすごく希望のある作品なので、観ていただいた皆様にも希望を抱いていただけるような作品にしていければと思うので、よろしくお願いします!

公演情報

ミュージカル『フラッシュダンス』
【東京公演】2020年9月12日(土)~9月26日(土) 日本青年館ホール
【名古屋公演】2020年10月3日(土)~10月4日(日) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
【大阪公演】2020年10月8日(木)~10月11日(日) 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

【日本版脚本・訳詞・演出】岸谷五朗
【脚本】トム・へドリー&ロバート・キャリー
【音楽】ロビー・ロス
【作詞】ロバート・ケイリー&ロビー・ロス

【出演】
アレックス・オーウェンズ役:愛希れいか
ニック・ハーレイ役:廣瀬友祐
グロリア役:桜井玲香
ジミー役:福田悠太(ふぉ~ゆ~)
C.C.役:植原卓也
キキ役:Dream Shizuka
テス役:石田ニコル

ハリー:なだぎ武
ルイーズ/ミス・ワイルド(二役):秋園美緒
アンディ役:松田凌
ジョー役:大村俊介(SHUN)

ハンナ役:春風ひとみ

原田治、飯田一徳、穴沢裕介、HILOMU、杉山真梨佳、井出恵理子、美麗、織里織、輝生かなで

【公式サイト】http://flashdancethemusical-jp.com/
【公式Twitter】@FLASHDANCEJP

チケット購入はこちら:https://db.enterstage.jp/archives/1532

            

この記事の画像一覧

  • 015314.jpg
  • 015314_3.jpg
  • 015314_2.jpg
  • 015314_4.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事