loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

013779.jpg
画像を全て表示(11件)
                  

2019年も、まもなく終わりを迎えます。今年も笑える、泣ける、考えさせられる作品が満載でした。そこで今回は、エンタステージ内で多く読まれた稽古場・ゲネプロレポートや、注目企画「舞台の仕掛人」などのオリジナル記事を厳選しました。2019年を振り返りつつ、また2020年への期待を膨らませつつご覧ください。

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

京極夏彦の言葉に松崎史也、橘ケンチら感無量『魍魎の匣』顔合わせ現場レポート

2019年6月から7月にかけて、京極夏彦さんの大人気小説「百鬼夜行シリーズ」の中でも最高傑作の呼び声高い『魍魎の匣』(講談社文庫)が、EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチさん主演で上演されました。

舞台化に伴い、原作の京極さんが求めた条件は“必ずおもしろいものを作ること”のみ。短いけれども重みのあるその言葉に、キャスト・スタッフが全力で応えました。この顔合わせを経て完成した『魍魎の匣』のゲネプロレポートはこちら。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

ありのままを受け入れる――小池徹平、三浦春馬らに見える3年の成熟『キンキーブーツ』レポート

2019年4月に東京・シアターオーブにて、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が開幕。2016年に小池徹平さんと三浦春馬さんのW主演で初演された際は、小池さんが第42回菊田一夫演劇賞の演劇賞を、三浦さんは第24回読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞。

3年の時を経た再演は、より強く、“今”という時代の空気をまとった作品として、私たちの前に再びあの興奮を提示してくれました。伝説の始まりとなった初演の動画はこちら

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

山崎育三郎が“黄泉の帝王”トートに!2020年版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表

来年の注目作品に『エリザベート』は外せません。この会見で山崎育三郎さんが初めてトート役を務めることが明かされ、多くのファンが喜びの声を上げました。2020年公演への意気込みや、“新トート”となる山崎さんのビジュアルのこだわりなどについて語られた記事はこちら。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1 舞台写真到着!宮野真守、蒼井翔太、北乃きい、笹本玲奈らが魅せる“禁断の愛”に引き込まれる

ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の日本語版が、2019年11月から2020年5月にかけて東京・IHIステージアラウンド東京でロングラン上演。約7ヶ月を3シーズンに分け、それぞれ異なるキャストで綴られる本作の第1弾。Season1では主人公・トニー役を宮野真守さんと蒼井翔太さん、ヒロイン・マリア役を北乃きいさんと笹本玲奈さんが演じました。

2020年2月1日(土)より上演されるSeason2には、ミュージカル初挑戦となる村上虹郎さん、ダンスボーカルユニット「PRIZMAX」の森崎ウィンさん、宮沢エマさん、田村芽実さん、May J.さん、宮澤佐江さん、上口耕平さん、小野賢章さんらが出演。2020年4月1日(水)より上演されるSeason3には浦井健治さん、柿澤勇人さん、桜井玲香さん、伊原六花さん、ソニンさん、夢咲ねねさん、加藤和樹さん、木村達成さん、Oguriさん、有澤樟太郎さんらが出演します。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

窪田正孝&柚希礼音W主演『唐版 風の又三郎』“怖いけれど美しい”アングラ演劇開幕

窪田正孝さん、柚希礼音さんのW主演舞台『唐版 風の又三郎』が、2019年2月に上演されました。唐十郎のアングラ演劇を、唐の元で指導を受けた金守珍(きむすじん)さんが演出。窪田さんも「劇場であるBunkamuraが紅テントに変わります」と語った本作の動画はこちら。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

ジャニー喜多川氏の思いも込めてトニセン舞台第2弾『カノトイハナサガモノラ』開幕

坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんら20th Century(トニセン)のTWENTIETH TRIANGLE TOUR(通称:TTT)第2弾となる『カノトイハナサガモノラ』が2019年7月に上演されました。

宇宙Six、ふぉ~ゆ~、浜中文一さんをはじめ舞台出演への機会がぐっと増してきたジャニーズメンバー。ライブでは見れない新たな一面が楽しみです。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

第5回企画「舞台の仕掛人」<前編>衣裳プランナー・小原敏博が意識する“届ける先の目”と“バランス感覚”

舞台にまつわる様々な分野で活躍されている方にスポットを当て、お話を聞いていくエンタステージの企画「舞台の仕掛人」。第5回目のゲストスピーカーは、衣裳プランナーの小原敏博さん。

小原さんと演劇との出会いから、衣裳プランナーというお仕事について、様々な質問に答えていただきました。後編はこちら。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

古川雄大&大野拓朗が磨きあげた新たなロミオ像――ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』レポート

2011年、2013年、2017年に続いて4度目となるミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が2月から3月にかけて上演されました。

ロミオ役の古川雄大さんと大野拓朗さん、ジュリエット役の木下春香さんと生田絵梨花さんをはじめとする前公演からの続投組に加え、ロミオの親友であるベンヴォーリオ役は共に今回が初参加の三浦涼介さんと木村達成さん、マーキューシオ役は続投組の平間壮一さんと初参加の黒羽麻璃央さんが、それぞれWキャストで登場。キャストの組み合わせによって3人の関係性の見え方が変わり、リピート必須の公演になりました。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

2年ぶりの再演に向け、ブラッシュアップ!ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~顔合わせレポート

全世界で熱狂的な人気を誇る岸本斉史さんの漫画『NARUTO-ナルト-』(集英社)を原作とし、“歌”という要素を加えてより壮大な世界観を生み出したシリーズ第2弾作品が再演を果たしました。

2017年5月に上演された初演から驚くほどの進化を遂げた本作。殺陣として清家利一さん、振付として西川卓さんが新たに参加し、よりキャラクターたちの思いが熱く表現されました。それぞれの繋がり、思いが交錯するNARUTOワールドの一部をおさめた映像はこちら。

 

<2019年を振り返り>エンタステージオリジナル記事10選

ミュージカル『刀剣乱舞』~葵咲本紀~レポート――刀ミュの挑戦が広げる物語の行方

新刀剣男士も増えて、物語的にもさらに一歩踏み込んだものになっていく刀ミュ。現在上演中の「歌合 乱舞狂乱」や、年末の歌番組への出演など、新しい取り組みに2020年の活躍が期待できそうです。(ミュージカル『刀剣乱舞』~葵咲本紀~動画はこちら

 

            

この記事の画像一覧

  • 013779.jpg
  • 013779_01.jpg
  • 013779_02.jpg
  • 013779_03.jpg
  • 013779_04.jpg
  • 013779_05.jpg
  • 013779_06.jpg
  • 013779_07.jpg
  • 013779_08.jpg
  • 013779_09.jpg
  • 013779_10.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事