エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

WOWOWで6月29日放送!『唐版 風の又三郎』窪田正孝×柚希礼音が振り返る「相乗効果」

WOWOWでは、2019年6月29日(土)に今年2月に上演された舞台『唐版 風の又三郎』を放送する。2013年『唐版 滝の白糸』以来6年ぶりの舞台出演となる窪田正孝、元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音がW主演を務め、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、風間杜夫ら豪華キャストが集結。演出は蜷川幸雄、唐十郎に師事した金守珍の演出で注目を集めた。放送に先駆け、WOWOWではW主演を務めた窪田、柚希にインタビューを行った。

012334.jpg

――まず、互いの印象についてお聞きしてもいいですか?

窪田:すごく頼れる方でした。舞台の上で、貫録があって、すごく安心感があって、相乗効果が生まれる感じでした。僕は、毎回一つとして同じ公演はないと思っていて。ちょっと変えてやってみたいなというところも、お芝居の中でできていく、というのが毎回すごく楽しみでした。

柚希:とてもかわいいなと思います。そして、本当にお芝居が上手だなぁ、と。毎回の公演で、少しずつ変える時は、窪田君が先に変えてきてくれました。稽古場の最初の頃はそれを感じることができないくらいに必死だったけど、とにかく織部だけに集中してやろうと思いだしたら、毎日がすごく楽しかったですね。

――窪田さんは『唐版 滝の白糸』以来6年ぶりの舞台でしたが、オファーがあった時の心境や舞台に戻ってきて何か思うことはありましたか?

窪田:ドラマや映画を中心にやらせていただいていましたが、30歳になって新しいことに挑戦したいなと思っていて。その時にこのお話をいただいたので、ぜひやらせていただきたいです、と二つ返事で受けさせていただきました。今回、自分の感覚が変わったからなのか、すんなりと入ってくる感じがあって。6年前は正直、舞台がちょっと嫌になったりもしたのですが、今回は本当に舞台をすごく好きになりましたね。それが本当に自分の中で一番大きな変化でした。

――柚希さんは今回の稽古の中で助けになった言葉、共演者などはいますか?

柚希:私はアングラのお芝居をするのが初めてなので、演出の金さんへも「教えてください」という状態からスタートしました。金さんは、ダメなところはいろいろ教えてくださりつつも、私のこの骨格・肉体がまずアングラ向きなんだ、とか、宝塚で学んできたことはこの作品のためだったと思う、とかおっしゃってくださいました。金さんの演出が本当に素晴らしく、ありがたく過ごしていました。風間杜夫さんや六平直政さんからもいろいろと教わり、芸歴20周年の時期に教えてくださる方々に出会えて、ありがたいなと思いました。

このほか2人は、演じた役柄や稽古場での裏話などを語ってくれた。この模様は、舞台本編に加えて放送する。アングラ演劇の雄・唐十郎の傑作戯曲『唐版 風の又三郎』を、ぜひWOWOWで。

◆放送情報『唐版 風の又三郎』窪田正孝×柚希礼音
【放送日】2019年6月29日(土)午後4:00 WOWOWライブ

<関連番組>
『唐版 滝の白糸』蜷川幸雄×大空ゆうひ×窪田正孝×平幹二朗
2019年7月13日(土)午後4:00 WOWOWライブ

(取材・文・写真/WOWOW提供)

(文/エンタステージ編集部)

唐版 風の又三郎

作品情報唐版 風の又三郎

  • 公演:
  • キャスト:窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、石井愃一、山崎銀之丞、金守珍、六平直政、風間杜夫、ほか

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012334.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る