loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「忍ミュ」第10弾 秋沢健太朗×反橋宗一郎インタビュー「は組の相棒はこの人しかいない」

011959.jpg
画像を全て表示(3件)
                  

2019年5月10日(金)に開幕した、ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 これぞ忍者の大運動会だ!。忍術学園の運動会の名の下に一年生、四年生、五年生、六年生が顔を揃え、敵役のドクタケも乱入、さらに新たな敵も・・・と波乱万丈な展開が待ち受ける新作に向け、エンタステージでは、六年生に「組ごと」のインタビューを実施。

今回は、は組の食満留三郎役の秋沢健太朗と、同じくは組の善法寺伊作役の反橋宗一郎に、本作にかける思いや見どころ、運動会の思い出などを語ってもらった。(※稽古期間に取材を行ったため、稽古場でのエピソードも併せてお届けします!)

011959.jpg

――反橋さんは第7弾初演&再演、秋沢さんは第7弾再演からの続投組ですが、10年目にして令和1発目の忍ミュという記念すべき今作に出演が決まった際の心境を教えてください。

反橋:今回の第10弾に伊作と留三郎の名前があって僕らが呼ばれて、それに六年生がメインに戻るというのはやっぱり嬉しかったですね。

秋沢:嬉しかったのもありますし、新キャストが入ることへの期待、自分がその中でどれだけのものを出せるのか、不安もありました。

――2016年の第7弾以降、久しぶりに六年生が全員集合となりますが、それについては?

反橋:第10弾で僕ら六年生が真ん中に立たせてもらえるということなので、続けているからこその責任感を持たなきゃいけないなと感じています。新キャストや、過去のキャスト、続役になったキャストなど、それぞれの色々な思いがある中で、こうやって第10弾に参加できたからこそ、みんなを引っ張っていきたいという思いもあります。過去キャストが第10弾を観て、さすがだなと思ってもらわないと意味がないですからね。やっぱり、その責任感はあります。

秋沢:今まで忍ミュの初演は1月だったのですが、そこが変わって今回は5月と期間がずれることも含めて、作品の内容に関してもすごく期待があると思います。その期待にキチンと応えたいですね。それに、今まで出演されていたキャストの気持ちは、やっぱり責任に置き換えてがんばろうと感じますし、それに加えて柔軟さを持って作品を作り上げられたらなと思っています。過去のキャストのみなさん、それから楽しみにしてくださるお客様にも、第10弾が新しくて楽しかったという作品にしていきたいです。

反橋:第10弾はスタッフさんも全部が変わっての挑戦なんですよね。

秋沢:歌も何もかも全部変わりましたね。

反橋:台本も、1年半かけて書いてくださったそうなんです。新しいことに挑戦するのはもちろんですが、やっぱり忍ミュらしさというものを僕らも持っていたいし、そういうものも伝えて調整をしていただきました。過去作にも出ているからこそ、忍ミュの良さみたいなものは僕らが伝えていかないといけないですからね。

秋沢:脚本・演出の竹本敏彰さんと、音楽監督の玉麻尚一さん、振付の佐々木有子さんとRYOJIさんを含め、良い意味でお互い遠慮せずに発言して、そこから精査していただいてきました。

反橋:ちゃんと僕らの声を聞いてくださったよね。

秋沢:そうそう。新しいキャストの方でも自分のやりたいイメージや、自分なりのその役のあり方が、どんどん発言できるような雰囲気になっていったので、作品としていい方向に向かっているなと感じます。

――今の話だけでも、お二人ともかなり熱い思いを秘めていると感じました。

反橋:そうですね。振付師さんも変わったので振付もおもしろくなっていますし、台本も素晴らしいですから。そこをもっと良くしたいというのが僕らの思いですね。

――今作はどんなところが見どころになりそうですか?

反橋:単純に今までの忍ミュとはちょっと違う感じに持っていこうとしていますし、今までの忍ミュの良さを残しつつ、なおかつ今まで応援してくださっている忍ミュのファンの方には新しい提示ができると思いますね。

秋沢:見どころとして、挑戦している部分というのが“運動会”という部分にあって、それって、言葉にするのは難しいのですがゲームコーナーみたいな感じなんです(笑)。初めて忍ミュを観られる方も舞台を気軽に観られるんじゃないかと思います。

秋沢:それに、キャストも過去最多の29名が出るので、その豪華さというのは見どころだと思います。

反橋:原作ファンの方が好きだと思っていらっしゃる、人気のある場面を思わせるような部分がところどころ散りばめられてもいるよね。

秋沢:原作ファンの方もばっちり楽しめますね。

011959.jpg

――演出の部分で、今までと違う部分はありますか?

秋沢:今回のお芝居は客席も広く使いますよね。

反橋:そうだね、客席にはわりと行くかもしれないです。

秋沢:そこは、今までの忍ミュとちょっと変わるのではないでしょうか。今までも客席に降りて歌う場面はありましたが、東京・シアターGロッソ規模の劇場で芝居による客降りというのは忍ミュとしては珍しいですし、フレッシュだと思います。

――忍ミュはミュージカルシーン、アクション、ギャグも満載ですが、ここを見て欲しいというアピールポイントはありますか?

反橋:全体的に今回はギャグが多いです。それに、笑いの取り方が今までとはちょっと違う感じがする!

秋沢:違いますね。あとは、歌がまんべんなく多いので、そこが見どころかも。

反橋:歌の中で言うと、校歌は一番の見どころになるんじゃないでしょうか。校歌はこれからの忍ミュでも使われていくような気もしますし、もしかしたら、アニメのほうに出てくるかもしれないですしね。

秋沢:今回は歌が見どころかもしれませんね。個人個人を見る時には大事なポイントかもしれないです。

反橋:それから、ダンスもいつもより細かいです。振付師の方も変わって、曲によってはものすごくかっこいいし、「難しい!」と叫びなるぐらいのレベルのダンスもありますね(笑)

――六年生のは組という同室として、お互いの印象はどうですか?

反橋:役としてこの六年は組というのはすごく仲が良いんですよね。僕の演じる伊作がいつも不運で留三郎を巻き込んでしまうんですけど、いつも守ってもらえて夫婦みたいな感じの関係性なんです。

秋沢:そうですよね。

反橋:それが六年は組なんですけど、今回はちょっと普段見られないようなところがもしかしたら見られるかもしれなくて、六年は組のファンは楽しめると思います。

秋沢:本人の印象は何だろう。釣りが好きとか(笑)。

反橋:役と普段が真逆なんですよ。

秋沢:でもなんか、この頃はちょっと印象が変わってきていますよ。

反橋:お互いに3年ぐらい一緒にやっているもんね。だから、互いの苦手や不得意、どういう癖があるかも全部分かっているよね。

秋沢:あんまり言い合わないですよね。大声で議論しなくても、耳打ちぐらいでもう終わっちゃう感じで。それは第7弾の時とだいぶ印象が変わった点ですね。今のほうが圧倒的にスムーズにいろんなことをチャレンジできる状態なのかなと思います。

反橋:そうですね。何をどうあがいても相棒はこの人しかいないので、お互いにね。

011959.jpg

――今回は、“委員会対抗の大運動会”ということで、六年生が委員長としてみんなを引っ張るなど学年を超えての絡みがあると思いますが、その点についてどんなおもしろさがありますか?

秋沢:伊作だったら、今まで見せていた強さとはまた違う強さを見せていますね。僕が演じる留三郎は、助けに行くとかだけが信頼じゃないというか、伊作を信じるという信頼の見せ方が現段階では描かれているところがあります。それが今までの見せ方とはまた違っていて、心のつながりが見事に描かれていますね。

反橋:“委員会対抗”と言いつつ、伊作と留三郎の絡みもあるんですよ。もちろん、委員会同士の絡みもありますし、僕は保健委員だから乱太郎(津山晄士朗/石川雄己)との絡みもあります。

――伊作の保健委員会には一年生の乱太郎、留三郎の用具委員会には一年生のしんべヱとそれぞれの委員会に一年生がいますね。

反橋:今までで以上に、一年生との絡みは多いですね。

秋沢:あと用具委員会には浜守一郎(高畑岬)という初登場の四年生もいて、新しいキャストと新しいキャラクター同士の絡みは増えています。

反橋:僕らも新鮮なので、お客様も新鮮だと思いますね。

――本作は“忍者の大運動会”がテーマですが、お二人の学生時代の運動会での思い出は何かありますか?

反橋:僕は高校の球技大会でサッカーをやっていました。ロナウドが有名な時だったので、球技大会のためにロナウドと同じ髪型にしていました(笑)。点も決めて、優勝しましたよ。

秋沢:その当時って、ベッカム・ヘアも流行っていましたよね?

反橋:めちゃめちゃいた(笑)。

秋沢:僕はベッカム・ヘアにはしなかったんですけど、球技大会で参加していたバスケットには、なぜかベッカム・ヘアの人がたくさんいました(笑)。思い出というと、大会前に髪型をキメたり、練習でかっこいい技を編み出したりと、準備していたことのほうが思い出は多かったですね。「バスケットでかっこいい技を女子に見せるぞ!」みたいな(笑)。

反橋:もう一つ、中学校の運動会では太鼓を打ちながら応援団をやっていました。ただ大声を出せばいいという、めちゃくちゃ男っぽい感じでした(笑)。

――それでは最後にファンの方へ、メッセージをお願いいたします。

反橋:第10弾は忍ミュとしても新たな挑戦がたくさんあって、僕らとしては責任感を誰よりも強く持っているつもりで稽古に臨んでいます。それをなんとかみなさんに見ていただいて、新しい忍ミュの門出を見届けてほしいです。劇場でお待ちしております。

秋沢:忍ミュの応援をいつもありがとうございます。今回は運動会ということで、お客様が入り込めるような作品になっていると思いますので、ぜひ遠慮なく僕たちと一緒に楽しみましょう。劇場でお待ちしています!

011957_04.jpg

◆公演情報
ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾~これぞ忍者の大運動会だ!~

【東京公演】5月10日(金)~5月26日(日) 東京ドームシティ シアターGロッソ
【大阪公演】5月31日(金)~6月2日(日) 森ノ宮ピロティホール
【愛知公演】6月8日(土)・6月9日(日) 春日井市民会館

【原作】尼子騒兵衛 著「落第忍者乱太郎」よりアニメーション「忍たま乱太郎」
【脚本・作詞・演出】竹本敏彰
【音楽監督・作曲・編曲】玉麻尚一
【振付】佐々木有子 RYOJI
【殺陣】高橋光
【殺陣監修】今井靖彦
【キャラクタービジュアルアドバイザー】馮啓孝

【出演】
湯本健一、渡辺和貴、新井雄也、木村優良、秋沢健太朗、反橋宗一郎
山木透、佐藤智広、栗原大河
樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬
A(津山晄士朗、川尻拓弥、岡野凜音)
B(石川雄己、室伏佑哉、田中誠人)
秋山みり
幹山恭市、高橋光
小笠原竜哉、伊藤俊、石黒鉄二、来夢、開沼豊
当銀大輔、翁長卓
迫英雄、一洸、今井靖彦

【公式HP】http://www.musical-nintama.jp/
【Twitter】@myu_tama

© 尼子騒兵衛/NHK・NEP©ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

 

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

            

この記事の画像一覧

  • 011959.jpg
  • 011959_02.jpg
  • 011959_03.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事