loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「忍ミュ」第10弾 新井雄也×木村優良インタビュー「第10弾も、いけいけどんどーん!!」

011958.jpg
画像を全て表示(3件)
                  

2019年5月10日(金)に開幕した、ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 これぞ忍者の大運動会だ!が上演される。忍術学園の運動会の名の下に一年生、四年生、五年生、六年生が顔を揃え、敵役のドクタケも乱入、さらに新たな敵も・・・と波乱万丈な展開が待ち受ける新作に向け、エンタステージでは、六年生に「組ごと」のインタビューを実施。

今回は、ろ組の中在家長次役の新井雄也と、同じくろ組の七松小平太役の木村優良に、新キャストならではの思いや意気込みなどを語ってもらった。(※稽古期間に取材を行ったため、稽古場でのエピソードも併せてお届けします!)

011958.jpg

――今回、10年目にして令和1発目の忍ミュという記念すべき作品ですが、出演が決まった際の心境を教えてください。

新井:今回、オーディションも今までにないぐらいボリューミーで、台詞も多くて・・・。曲、ダンス、アクション、歌もあって、最初は大丈夫かなと不安だったんです。決まったと聞いた時は、第10弾でもあり、また六年生の全員が2弾ぶりに復活ということで、とにかくテンションが上がりました。「これはもうやったるしかない!」と、すごく気持ちが燃えてきました。

木村:それで、今、燃え尽きたと。

新井:燃え尽きてないよ!まだ、これからだって(笑)。

――木村さんはどうでしたか?

木村:オーディションを受ける人って「これはイケたな」という感覚とかがあると思うんです。ですが、今回のオーディションは合否とか関係なくて「すごく楽しかった!」という印象が一番強かったんです。役が決まったと聞かせられた時は、嬉しくもあり、フワフワもしましたね。第10弾という大事な節目でもあるので、小平太として選んでいただいたからにはやっぱり何か残したいし、この第10弾で新しい風をドカンと入れたいという気持ちが湧いてきましたね。

新井:そうですね。ろ組だけが二人とも新キャストなんです。それに六年生の中では、第8弾はい組だけ、第9弾は、は組だけが出ていたんですよね。だから、2弾ぶりにろ組が出るというのをお客様も楽しみにされているんじゃないかと思うんです。それで、稽古に入る前から二人で「新しい風を起こして、ろ組をバーンと見せよう!」と話し合っていました。

――六年生のろ組という同室として、お互いの印象はどうですか?

木村:第一印象から優しい感じで今のままなんですよ。初めてお会いしたのが衣裳合わせの時で、雄也さんが23歳ということをおっしゃっていたんです。その時、僕は22歳だったので、六年生の中で一番年齢が近くて1歳違いということで勝手に親近感が湧いて安心しました。仲良くなれたらいいなと思っていたんで、変な緊張感とかはなかったですね。この人がパートナーになる、ということで嬉しかったです。

新井:そう言ってもらえるとすごく嬉しいですね!

――そんな新井さんから見た木村さんの印象はどうでしたか?

新井:第一印象は年上だと思っていたんですよ。

木村:老け顔だからですね。これはしょうがない!

新井:そんなこと言ってないよ(笑)。しっかりしているから。衣裳合わせの前から、自分より年下が一人いると聞いていて、最初はそれが立花仙蔵役の湯本健一さんだと思っていたんですよ。でも実は優良で、実際に話したら年下感が伝わってきました。すごく元気で、優良の気合いの入った挨拶を聞いただけで、ろ組は大丈夫だと思いました。

木村:本当に仲良くさせてもらっています。一緒に食事に行ってから、そのままカラオケとボウリングに行ったりとかね。

新井:二人だけでね(笑)。

011958_03.jpg

――本作はどんな部分が見どころになりそうですか?

新井:まずは曲ですね。第10弾の曲調の雰囲気は今までの忍ミュとガラッと変わっているんです。最初は戸惑うお客様もいるかもしれないですが、パフォーマンスも進化していますし、曲もかっこいいものから感動できるものまであって、ミュージカル感が強くなっていると思います。今までよりもメッセージ性が強く、明るい曲だけじゃない、いろんな感情の曲がたくさん詰まった素敵なナンバーになりそうです。

木村:“委員会対抗の大運動会”で、委員会別にみんなが出るということもあるので、一人一人の生きているキャラクターの絡み合いは絶対に見どころの一つになると思います。それから、僕的にはオープニングにある曲とダンスのパフォーマンスですね。最初からこんなにガッツリ見せちゃうんだ、というくらいかっこいいです!音楽もそうですし、ダンスや殺陣やお芝居もそうですし、すべてが一発目からキマっていますよね。

新井:そうだね。

木村:それは見せる側としてもすごく楽しいですし、早く見ていただきたい思いでいっぱいです。オープニングからグッと掴めたらいいなと思うし、そこから一緒に運動会を楽しんでいただけたらいいですね。スタッフ側の体制も歌唱指導に二人、ダンス指導の方が二人と贅沢ですね。だから、ダンスの振りの印象が全然違う曲もありますね。

新井:ダンス指導の方がお二人いらっしゃって、振付も違うので、そういうところも楽しみにしていただければと思います。

――今もお話がありましたが、“委員会対抗の大運動会”ということで、六年生が委員長としてみんなを引っ張るなど学年を超えての絡みがあると思いますが、その点についてどのようなおもしろさがありますか?

新井:今回の図書委員会は六年生の長次と一年生のきり丸(川尻拓弥/室伏佑哉)になるんですが、上級生としての立場できり丸と接するところでちょっと大きなストーリーが物語に組み込まれているんです。そこを見ていただければと思います。

木村:原作みたいな関係性を築けるんじゃないかなと思いますし、脚本もそういったところを大事にしてくださっているので、そこを見せたいですね。体育委員会での小平太と滝夜叉丸(樋口裕太)との絡みというのも今まであまりなかったんじゃないかなと思うので、そこは委員会対抗ということで楽しくなると思います。

新井:激アツだよね。

木村:そう、激アツですよ!

新井:六年生、五年生、四年生だけじゃなく、様々な組み合わせを見ていただければ。

木村: 好きなキャラクターを追いたいけど、こっちも!ってなっちゃうんじゃないかな。目が足りないと思うので、毎公演来てほしいぐらいですね(笑)。DVDで発売されたら見返して、こんなことやっていたんだと気づいてくれたら嬉しいです。

011958_02.jpg

――稽古場の雰囲気はどんな感じでしたか?

木村:稽古場の雰囲気はめっちゃ良かったですよね。

新井:めちゃめちゃ良かった。

木村:六年生だけでの練習があって、それもめちゃめちゃ楽しかったです。一緒にいる時間も長くて、六年生同士のいろは組で和気あいあいとしていますし、いろんな人から刺激をもらえているので、すごくいい環境だなと思っています。

新井:本当に雰囲気が六年生、五年生、四年生という感じがするんですよ。六年生という年長組がいて、俺たちが中心に楽しく盛り上げています。五年生と四年生の中には実年齢が僕らより上の方もいらっしゃるんですけど、なんか年下に見えてくるんですよ。

木村:実年齢よりすごく若く感じられるんですよね。

新井:不思議とその雰囲気が六年生、五年生、四年生になっている感じです。もちろん、五年生のメンバーと一緒にご飯を食べに行ったりと、他学年とも仲良くしていますね。

――製作発表会で、新井さんは「長次は無口なキャラクターですが、その中でも彼の優しい面などをうまく出していければ」とコメントしていましたが、役作りに手応えはありますか?

新井:台本にもストーリー的な部分でも長次の優しい面が組み込まれています。長次はあまり感情を表に出さないキャラクターなので、その裏の感情の面をどれだけ出せるのか、お客様に見てもらいたいですね。

――木村さんは、製作発表会で「体育委員が圧勝してしまうのではないでしょうか」とコメントしていましたが、圧勝できそうですか?

木村:もう稽古場では圧勝ですよ!顔合わせの本読みからゴリゴリに行きましたからね(笑)。誰が優勝するかは本番まで分からないのですが、読み合わせの時に仮で「1位、○○!」って読まれたので、僕が「よっしゃー!!」って叫んだんです。小平太のキャラ的にはそうなのですが、みんながビックリして(笑)。それで、渡辺和貴さんに「いいキャラしてるね」と褒められました(笑)。それぐらい顔合わせの本読みから飛ばしていきましたね。

――渡辺さんもインタビューで「小平太と性格が合うようで合わないけど、小平太を演じる木村優良くんとはすごく気が合う」と言われていました。

木村:本当ですか?嬉しいですね。和貴さん演じる文次郎とはいろんなことをやらせてもらっていますから。

新井:文次郎と小平太は、台本上ではどっちかというと相容れていないんですよね(笑)。

木村:そうですね(笑)。和貴さんがそうおっしゃっていた中でも、やっぱり六年生間の信頼は絶対にあると思っているので、そういう面はもっと形にしていけたらなと思いますね。

――最後にファンの方へ、メッセージをお願いいたします。

新井:忍ミュ第10弾は、今までにない他学年との会話の部分や、ストーリー面でも絡み方がすごくあるので、今までにない忍ミュの新たな雰囲気が見られるんじゃないかと思います。そして、新たに帰ってきた六年生の見せ場もたくさんあります。ここではまだ言えないことだらけですが(笑)。楽しい運動会で楽しい忍ミュになると思うので、ぜひ楽しみにして来てください。

木村:新しい第10弾ということで、いろいろな期待もあると思います。僕らは期待通りではなく、期待をはるかに越えるものを作っているので、それを一緒に楽しんでいただければと思います。大運動会で一緒にいる空間ですから、お客様もただ観るだけじゃなくて、遠慮せずに一緒に楽しんでほしいです。この世界に一緒にいる忍たまファミリーですから、存分に楽しんでほしいですね。

新井:それじゃあ最後に二人で。ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾も?

新井・木村:いけいけどんどーん!!

011957_04.jpg

◆公演情報
ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾~これぞ忍者の大運動会だ!~

【東京公演】5月10日(金)~5月26日(日) 東京ドームシティ シアターGロッソ
【大阪公演】5月31日(金)~6月2日(日) 森ノ宮ピロティホール
【愛知公演】6月8日(土)・6月9日(日) 春日井市民会館

【原作】尼子騒兵衛 著「落第忍者乱太郎」よりアニメーション「忍たま乱太郎」
【脚本・作詞・演出】竹本敏彰
【音楽監督・作曲・編曲】玉麻尚一
【振付】佐々木有子 RYOJI
【殺陣】高橋光
【殺陣監修】今井靖彦
【キャラクタービジュアルアドバイザー】馮啓孝

【出演】
湯本健一、渡辺和貴、新井雄也、木村優良、秋沢健太朗、反橋宗一郎
山木透、佐藤智広、栗原大河
樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬
A(津山晄士朗、川尻拓弥、岡野凜音)
B(石川雄己、室伏佑哉、田中誠人)
秋山みり
幹山恭市、高橋光
小笠原竜哉、伊藤俊、石黒鉄二、来夢、開沼豊
当銀大輔、翁長卓
迫英雄、一洸、今井靖彦

【公式HP】http://www.musical-nintama.jp/
【Twitter】@myu_tama

© 尼子騒兵衛/NHK・NEP©ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

 

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

          
ミュージカル「忍たま乱太郎」第10弾~これぞ忍者の大運動会だ!~

忍術学園 春のハチャメチャ大運動会だぁ!!

  • 公演:
  • キャスト:湯本健一、渡辺和貴、新井雄也、木村優良、秋沢健太朗、反橋宗一郎、山木透、佐藤智広、栗原大河、樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬、津山晄士朗、川尻拓弥、岡野凜音、石川雄己、室伏佑哉、田中誠人、秋山みり、幹山恭市、高橋光、小笠原竜哉、伊藤俊、石黒鉄二、来夢、開沼豊、当銀大輔、翁長卓、迫英雄、一洸、今井靖彦
「チケットぴあ」で予約・購入
  
            

この記事の画像一覧

  • 011958.jpg
  • 011958_02.jpg
  • 011958_03.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事