エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン白石蔵ノ介役の19歳!増子敦貴インタビュー「大人の階段を上る1年に」

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺(以下、テニミュ)に、四天宝寺部長の白石蔵ノ介役で出演する増子敦貴。2018年3月末までダンスボーカルグループとしてデビューを目指す育成ユニット「α-X’s(アクロス)」のメンバーとして活動後、テニミュへの出演を経て、2019年3月には舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-への出演も決まっている。

1月5日に誕生日を迎え、19歳になったばかりの彼に、現在の舞台出演についての心境やエピソード、さらに今後の俳優活動に思い描く夢や今まで語ったことのない“自身”についてまで、たっぷりと聞いた。19歳とは思えない大人びた表情で今後の目標を語る一方、大好きなものについて目を輝かせて話す姿は、まさに少年。「大人になりたい」と話す彼が、今後、俳優としてどんな道を歩むのか、注目だ。

011338.jpg

テニミュは“学校”、そこで青春を送っています

――現在出演中のミュージカル『テニスの王子様 3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺』が話題ですが、心境をお聞かせください。

テニミュは若手俳優の登竜門的な、一番最初に経験する“学校”みたいに言われています。ですが、僕はほかの舞台経験をし、その後テニミュで部長役を演じているので、いろいろな角度から作品について考えることができました。今まで培ってきたものが活かせたり、逆に通用しなかったり。そういうところすべて含めてテニミュの魅力だと思っていて、一つの“学校”ように青春を送っています。

――四天宝寺テニス部部長・白石蔵ノ介役を演じてどうですか?

白石役は部長でソロ曲もあって、髪型もかっこいい!人気のキャラだからこその責任感もあります。もちろん決め台詞の「エクスタシー」も研究しましたよ。あとはアニメとの差別化も研究しました。そうやって白石のことを知っていくうちに「あれ?やっぱり白石も中学生みたいな部分あるんだ!」って発見があったりして、それを観客のみなさんに伝えられたときは嬉しいですね。でも、実は僕、白石役に身長が6cm足りないんです(笑)!

――白石を演じる上で大変だったことはありますか?

部長という立場なので判断力が求められたし、(四天王寺の)皆を引っ張っていかなければならないのが最初は大変でした。稽古や本番前に率先して皆の前で準備体操をするのも部長の役目なのですが、最初は「みんな~?」って小声で呼んでいたし、「皆さんごめんなさい・・・」って控え目だったんですけど、今は「みんなー!準備体操やるよー!!」みたいな感じでパキパキ言えるようになりました!それから、白石は左利きなので、慣れるまでは大変でしたね。普段から左手を使い、食事ができるくらいまでにはなったのですが、字を書くまではできなくて・・・。

――白石を演じる上でのこだわりはありますか?

指先ですね。白石は無駄のない動きや仕草が特徴です。ソロ曲の「エクスタシー」のダンスはめちゃくちゃ動きが細くて、表情や立ち振る舞いなど、セクシーさを見せる部分が多いのですが、白石がよりセクシーさを出せるのは指先かなって思って、意識しながら動いています。

――共演者の方との関係性は公演の最初と現在では変わりましたか?

本稽古前に前倒し稽古があり、そのときから四天王寺のメンバーで食事に行ったりして、最初から仲良くなれました。原作に基づいてじゃないですけど、わちゃわちゃした集団なので、そこは今でも変わっていません。しかもプライベートでも根暗な人が多くて気が合う(笑)!青学メンバーは、対戦相手だからこそあえてお互いバチバチだったんですけど、「歩み寄らなきゃな」って思って、大阪公演以降は一緒に円陣を組むようになりました。また、ずっと「あのチームには負けない!」という気持ちが強かったのですが、今は協力して「いい作品を作ろう!」って気持ちにもなりました。しかも岐阜公演は楽屋も一緒だったので、そこからさらに関係性が変わりましたね。

――残りの東京凱旋公演に向けて、意気込みを教えてください。

東京公演から地方公演を回って、もう一度東京に戻ってくるのは成長した姿を見てもらう機会だと思っています。そんな凱旋公演は、チームとして一番、四天王寺の原作に近づけたい。そして一人一人成長した姿を見てもらえるようにがんばりたいですね。

――最初の東京公演から成長したことは何ですか?

最初の東京公演は余裕がなくて、試合中はとにかく必死になっていました。でも、もっと余裕を持たないと最後の追い上げが観客の皆さんに伝わらないと思い、その点を意識するようになったかな。今はやっと状況に慣れ、少しずつ余裕が生まれたことが、成長だと思います。なので凱旋公演では、追い上げが際立つようにがんばりたいです。テニミュのファンの方は本当にあたたかくて、褒めてくださる方が多いんですよ。それに応えられるよう、もっといろいろ追求して、1stにも2ndにも負けないようにがんばります!

011338_2.jpg

目標はドラマ・映画とマルチに活躍する俳優

――3月には、舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-への出演も決まりましたね。

仮面ライダーは小さい頃から憧れていて、特に『仮面ライダー電王』のファンでした。「将来は仮面ライダーになりたい!電王になりたい!」って言っていたぐらい大好きだったので、そんな作品のシリーズに出演できることが嬉しいです!と同時に、もともとの作品があって、「仮面ライダー」シリーズとして初めての舞台化なので責任感もありますし、観に来てくださる方たちは仮面ライダーのファンだと思うので、期待を裏切らないようにがんばりたいです。TVシリーズ『仮面ライダー鎧武/ガイム』で仮面ライダー斬月・呉島貴虎を演じ、今回の舞台でも同じ役として主演される久保田悠来さんと共演させていただけるのも光栄ですね。また物語がガイムの視点ではなく斬月の視点なので、それも楽しみです。まだ配役が決まってないので変身する役になるかは分からないのですが、まずは原作を見て研究しようと思っています。

――俳優としての目標を教えてください。挑戦してみたい仕事や役はありますか?

昔からテレビの中の人に憧れが強かったので、舞台やミュージカルを経験し、テレビや映画でも活躍できる俳優になるのが目標です。憧れの俳優は菅田将暉さん。菅田さんのようなどんな役でも演じることができるカメレオン俳優になりたいです。

――今後挑戦してみたい役はありますか?

僕は、周りから「何を考えているのかわからない」とよく言われるので、刑事モノの作品でラストに「実は犯人だった!」みたいな役をやってみたいですね。あとは戦隊モノや学園モノもやりたいです。それから、母が少女漫画を読んでいた影響もあり、恋愛モノの作品にも出てみたいです。

――俳優以外に挑戦してみたいことはありますか?

先日、avexマネジメント所属の俳優や男性アーティスト10人が共演した写真集「a-books GRAVURE 2019 -Men's Collection-」が発売されまして、それに僕も参加をさせていただいたのですが、いつかソロでも写真集を出したいです。AAAの西島隆弘さんや清水翔太さんがすごく好きなんですが、(歌手の方が歌っている姿以外を見せるように)違った顔が見られる写真集って、ファンには嬉しいものだと思うんですよ。なので俳優業とは別にモデル業も大事にしていきたいです。

011338_3.jpg

チャレンジ精神と追求心は誰にも負けない

――ずばり!増子敦貴はどんな人ですか?

マイペースです。喜怒哀楽は出すときは出す、出さないときは出さない、そこもマイペース。だけど人が嫌がるようなマイペースさではなく、視野は広く持つように心がけています。そして、一人が好きです。一人の時間は好きなアニメをずっと見ていて、その時間が1番幸せです。僕TVアニメの『メジャー』(NHK)がすごく好きで、最近も(休みの日は)ずっと引きこもって見ています(笑)。

――昔からアニメが好きなのですか?

幅広くではなく、好きなアニメにはめちゃくちゃハマるタイプ!『ドランゴンボール』や『ハイキュー!!』も好きですね。『メジャー』は小学生の時から何回も繰り返し観ています。主人公の吾郎みたいになりたいし、吾郎のように生きたい。それぐらい大好きなんです!

――インドア派ですね。休みの日は外出しないタイプですか?

出かけはしますが、ノープランです。電車よりバス派で、行き先を決めずに街歩きしたり。それから、雨が好きなんですよ。晴れの方が出かけやすいかもしれないけど、雨の音と匂いが好きなんです。

――これは負けない!ということはありますか?

チャレンジ精神です。テニミュも毎公演、いろいろと自分なりに変化をつけています。一公演ずつ決まった振りに何かしらプラスをしているんですよ。あと興味があることやハマったものに対しての追求心は負けないですね。先ほど話したアニメ『メジャー』は隅々まで覚えてますから!『メジャー大好き芸人』をやるときがあれば絶対に出たい!

――プライベートで挑戦してみたいことはありますか?

『メジャー』の影響で草野球をやってみたいですね。バッティングセンターは好きで、四天王寺の皆でラウンドワンに行くこともあります。

――最後に、今年の抱負とファンの方へのメッセージをお願いします。

2018年はいろいろなことにチャレンジしてアウトプットする年だったので、2019年はたくさんのことをインプットする1年にしたいです。SNSなどでも積極的に活動を発信していきたい。いろいろなことをいっぱい吸収して、20歳に向けて「大人への階段を上る1年」にしたいです。応援よろしくお願いします!

011338_4.jpg

◆出演情報
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺
【東京凱旋公演】2019年2月7日(木)~2月17日(日) TOKYO DOME CITY HALL

◆舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-
【東京公演】2019年3月9日(土)~3月24日(日) 日本青年館ホール
【京都公演】2019年3月28日(木)~3月31日(日) 京都劇場

【公式ブログ】https://ameblo.jp/atsuki-mashiko/
【公式Twitter】@atsuki_mashiko
【公式Instagram】@atsuki_mashiko

(取材・文・撮影/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全4枚)

  • 011338.jpg
  • 011338_2.jpg
  • 011338_3.jpg
  • 011338_4.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る