エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミック健人×畠山 遼×吉村駿作インタビュー!「グルーヴ感をフカめて!」

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―が、2018年8月30日(木)にいよいよ開幕する。これまでの公演に登場してきた「シンガンクリムゾンズ」「トライクロニカ」「アルカレアファクト」に加え、このライヴミュージカル公演から新バンド「フカシギミック」が初登場!

丘系3ピースバンドとして、キャッチーなメロディを繰り出すマロ役の健人、ゲ・フロッチ役の畠山 遼、シャッキー役の吉村駿作に、各キャラクターとの向き合い方、バンドとしての取り組みなどを聞いた。キーワードは、「グルーヴ感」。

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー

――しょばみゅ新作、まもなく開幕です。まずは、出演が決まった時の心境を教えていただけますか?

健人:僕、輝馬さんと一緒にバスツアーをしていた時に、出ることをお話したんですけど、輝馬さんが「大丈夫!最高のカンパニーだから!」っておっしゃっていたのをよく覚えています。コンテンツに途中から参加するということで、ちょっとドキドキしていたんですけど、その言葉ですごく安心しました。

畠山:僕も、発表になった時にちょうどチタン役の糸川耀士郎くんと同じ作品に出ていたので、いろいろ話を聞きました。耀士郎くんが「遼くん出てくれるんですね、嬉しい!」って話してくれたのが、嬉しかったですね。とても楽しい現場だということも聞いていて、今、身をもってそれを体験しています。

吉村:僕、ステラボールでやった去年のフェス公演を観に行かせていただいていたんですよ。だから、まさか自分が出ることができるとは。その時に一緒に観に行った仲間と、めっちゃ楽しかったねって話していたので、それに参加できるのがほんま嬉しかったです。でも、担当楽器がドラムと聞いて、「できるんかな・・・」ってちょっと身構えてしまいました。

畠山:楽しみとプレッシャーが一緒になったような感じだよね。

吉村:そうそう。

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_2

――実際に、稽古に参加してみてどうでしたか?

健人:聞いていたとおり、めちゃくちゃいい現場です!

畠山:先輩方、皆さんあたたかく受け入れてくれました。とてもいい空気感ですね。

吉村:皆さんすごく気さくで。明るくて、ほんまに楽しそうにやってるのがいいなあって思いました。もちろん、見習うところもたくさんで。

健人:僕、ヤイバ役の鳥越さんとは、約6年ぶりの共演なんです。一緒にご飯に行っていろいろお話しました。当時の僕はまだ10代だったんですけど、改めてご一緒できるんだって思うと嬉しくてしょうがなかったですね。

――ちなみに、原作のゲームはプレイされましたか?

吉村:楽しんでやってます!でも、なかなか「フカシギミック」のブロマイドが手に入らなくて。「シンガンクリムゾンズ」のクロウのLRが出たことがあったのですが、「フカシギミック」がよかったなって(笑)。

畠山:僕、マロが出たんですよ!ゲ・フロッチはなかなか出てくれないんですけど。

健人:・・・なーんも出ない(しょんぼりする健人さん)。

吉村:まあまあ(笑)。自分のやつはなかなかでぇへん運命なのかもね。

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_3

――皆さんが演じる「フカシギミック」は、しょばみゅ初登場となります。どんなバンドでしょう?

健人:“個性”しかないバンドだと思います!

畠山:キャラクターがぶっ飛んでるからね(笑)。

吉村:皆、語尾が独特なんです。マロは「ボコ」、ゲ・フロッチは「ゲ」、シャッキーは「シャ」って、付くんです。始めは僕らも、言うの大変だったんですけど、だんだん慣れてきました。・・・健人以外は(笑)。

一同:(爆笑)!!

健人:「ボコ」はなかなかだよ~。

吉村:すぐ人の語尾を言っちゃうんですよね。

畠山:そうそう、「ゲ」と「シャ」はすぐ言うのに(笑)。

吉村:なんで、そっちはすぐ慣れるんやって(笑)。

一同:(再び爆笑)!!

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_4

――今回のライヴミュージカル公演の中では、どういう存在になっていますか?

畠山:僕らは、自分たちとゆかりのあるアプリコットフィールドというライヴハウスに、ほかの皆を連れて行くことを目的としています。今まで出ていた皆さんを、かき回す存在になる・・・と。

吉村:お話の軸を担っているよね。

健人:個々のキャラクターがとても濃いので、「フカシギミック」とほかのバンドが絡むことで、また新しい空気が生まれていって、楽しめるものになっているんじゃないかなって思います。

――お三方は初共演になりますが、バンドとして一緒にやってみてどうですか?

畠山:めちゃめちゃ居心地がいいんですよ~。

健人:ほんとそう、何の心配もないよね!本当に初めてなのかな?と思うぐらいの馴染み方です。

吉村:確かに(笑)。

健人:皆、いい感じにマイペース。

畠山:共通点もめちゃめちゃ多いんですよ。健人が言うようにマイペースだし、好きなものはゲーム。ゲームも一緒にやったりしてね。それから、僕たち全員、動物アレルギー持ちなんです。

一同:(爆笑)!!

畠山:僕、犬猫アレルギーなんですけど、役者仲間で同じ境遇の人に会ったことがなくて。でも、二人に聞いたら・・・。

健人・吉村:(声を合わせて)犬猫アレルギーです!

畠山:そんなところまで一緒だったので、知った時は妙にテンションが上がりました!

――すごいところに共通点が・・・!この作品、毛量多めですけど大丈夫でしょうか?

一同:そこは大丈夫です(笑)!

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_5

――そして「SHOW BY ROCK!!」といえば、カッコいい楽曲ですが、「フカシギミック」の楽曲と向き合ってみていかがですか?

健人:「フカシギミック」の曲は、「SHOW BY ROCK!!」の中でも、新しい感じなんじゃないかなと思いました。めっちゃカッコいい曲なんですけど、ただ、難しい。だけど、3人で稽古をしていると、一緒に演奏する楽しさが分かりました。目配せとか、3人で合わせるタイミングとか、フカシギミックとしての空気や魅せ方を、作っていく楽しみを、今はすごく感じています。

畠山:僕は、中学生の頃にちょっとだけベースをかじっていたことがあったんです。だから、楽器に対しては、入りやすかったのかな。

吉村:俺は、おじいちゃんにもらったオカリナしか演奏したことがなかった。

畠山:オカリナ・・・!なかなかないね。

健人:どこかのシーンで出してもらったら(笑)?

吉村:ドラム叩きながら、オカリナ吹くか!

畠山:哀愁出るかも(笑)。

――ライヴならではのパワーは、客席にいてもすごく感じます。

畠山:音楽を演じるって、やったことがないのでとても新鮮だし、芝居だから出せる3人のグルーヴ感が、絶対にあると思います。それが出た!と思える時が、稽古の段階からあったので、本番のライヴシーンはもっと楽しいんだろうなって、今、妄想がはかどってます。

吉村:3人でキメるところとか、通じるものがあるよね。お互いの目をぎゅっと合わせて、楽器をバーン!ぎゅっと見てバーン!伝わる?

健人・畠山:分かる分かる(笑)。

畠山:今の感覚もそうだけど、“グルーヴ感”って、すごくバンドっぽいなって思った。

健人:グルーヴ感・・・言いたくなっっちゃうね!

一同:(笑)!

健人:他のバンドの皆さんは、前からやってらっしゃるので、カラーの出し方や掛け合いや、魅せ方もすごく上手いんですよね。だから、それに習いながら、「フカシギミック」ならではの魅せ方で、このバンドを作っていけたらなとは思っています。稽古から本番まで、詰める作業が一番大事なので、いろんなことに挑戦して、皆さんの前に立ちたいと思います。

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_6

――「フカシギミック」を舞台で観られることを楽しみにしています!最後に、公演に向けて意気込みをお願いいたします。

畠山:よし、リーダー役だから健人を最後にしよう。じゃあ(吉村さんを促す)!

吉村:はっ!そうっすね、えっと・・・意気込み!!

畠山:・・・無茶振りされた時のシャッキーと同じ反応になってる(笑)。

吉村:思わず(笑)。ええと。お芝居もそうなんですが、バンドとして、3人でどれだけ“グルーヴ感”を出せるかが、課題だと思っています。俺、ドラムの稽古をしてたら本当に叩くのが楽しくなってきたんですよ。前は、音楽を聞いていてもどれがドラムの音かとか、全然分かっていなかったんですけど、だんだんそれが分かるようになってきたんです。そうしたら、さらに演奏するのが楽しくなってきてて。だから、まずは自分が演奏を楽しんで、それをお客さんに観てもらいたいです!

畠山:僕たち、稽古終わり3人で帰る時とか、話していると自然とキャラクターの語尾が会話に出てくるんですよ(笑)。その空気感がとてもいいなあと。稽古中から「フカシギミック」としていい関係が作れているなと思えているので、お芝居、ライヴ、僕らの関係性、全部ひっくるめて楽しんでもらえたら嬉しいです。

健人:この公演に「フカシギミック」が出る意味を考えながら、フカシが出ることで、このLM「SHOW BY ROCK!!」という作品に新しい風をフカシたいですし・・・。

畠山・吉村:(爆笑)!!

健人:違うんだよ、別に意識的に掛けてるわけじゃなくて・・・。

畠山:これが「フカシギミック」です(笑)!

健人:最近敏感になってるんだよ~。

吉村:ダジャレの風潮があるのでね(笑)。

健人:こんな感じで、ゲームだけでは表現しきれないところまで、3人でこのバンドのことをフカめて、グルーヴ感をフカめていきたいと思っているので、ぜひぜひ、劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです!

LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_7

◆公演情報
Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―
【東京公演】8月30日(木)~9月9日(日) 天王洲 銀河劇場
【大阪公演】9月14日(金)~9月17日(月・祝) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【原作】サンリオ
【ストーリー原案】待田堂子
【脚本・演出】斎藤栄作
【作詞】三ツ矢雄二
【音楽】楠瀬タクヤ
【振付】當間里美

【出演】
<シンガンクリムゾンズ>
クロウ:米原幸佑
アイオーン:輝馬
ヤイバ:鳥越裕貴
ロム:郷本直也

<トライクロニカ>
シュウ☆ゾー:鎌苅健太
リク:ゆうたろう/宇佐卓真(Wキャスト)
カイ:木原瑠生

<アルカレアファクト>
チタン:糸川耀士郎
オリオン:田中涼星
セレン:板垣李光人
アルゴン:滝川広大

<フカシギミック>
マロ:健人
ゲ・フロッチ:畠山遼
シャッキー:吉村駿作

<ジューダスJr.>
阿部快征、大野紘幸、北川雄也、吉高志音

じい:鳥羽 潤
有栖川メイプル:今 拓哉

映像出演:我 善導

【公式HP】http://showbyrock-musical.com/
【公式Twitter】@LMSB69

(C)2012, 2018 SANRIO CO., LTD. SHOWBYROCK!! 製作委員会♯

(文/エンタステージ編集部)

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―

作品情報Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―

オレ達は見続けル・・・運命の道標を。

  • 公演:
  • キャスト:米原幸佑、輝馬、鳥越裕貴、郷本直也、鎌苅健太、木原瑠生、ゆうたろう、宇佐卓真、糸川耀士郎、田中涼星、板垣李光人、滝川広大、健人、畠山遼、吉村駿作、ほか

この記事の画像一覧(全7枚)

  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_2
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_3
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_4
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_5
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_6
  • LM「SHOW BY ROCK!!」フカシギミックインタビュー_7

関連タグ

関連記事

トップへ戻る