エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー「自分にとって飛躍できる場に」

まもなく7月12日(木)に開幕する舞台「魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~」。原作は、赤松健による人気少年漫画で、修行のため女子中学校の教師となった魔法使いの少年・ネギを中心に、学園ラブコメディが繰り広げられる。

若干10歳のネギ先生を演じるのは、乃木坂46を卒業したばかりの生駒里奈。新たな一歩を踏み出した生駒にとって、これが卒業後最初の主演舞台となる。先日行われたビジュアル撮影時に、本作にかける思いや乃木坂46卒業後の心境を聞いた。

舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー

――この作品は、生駒さんにとって、乃木坂46ご卒業後初の舞台になりますね。まず、ビジュアル撮影で初めて役の姿になられましたが、いかがでしたか?

自分なりに考えながら、ネギくんだったら、こういう方がいいんじゃないか?と話し合いながら作ることができたかなと思います。原作者の赤松健先生も来てくださって「とってもいいです」とおっしゃってくださったのが嬉しかったです。

――すごくハマっていました。かわいいんだけどカッコいい、生駒さんらしさが活きる感じがしました。

どの22歳よりも、少年役が似合うんじゃないかなって。私の個性を良い方に活かしてくれる役だと思っています(笑)。

――出演が決まった時の、周りの反応はいかがでしたか?

ファンの方が、SNSを通じて「おめでとう」と言ってくださいました。私も、乃木坂46の時と比べてファンの方と直接会える機会が減るので、喜んでもらえたら嬉しいなって。乃木坂46の皆も「観に行くよ」って言ってくれましたし、それぞれいろんなことをやっているので、卒業してもお互いに高めあっていけるなって思っています。

――原作の漫画は、もともと読まれていましたか?

今回、舞台化するということで、初めて読みました。連載が始まった当時の私は、まだ小学生だったので・・・。

――そうですね・・・!今、読まれた率直なご感想は?

舞台でこれをやったらどうなるんだろう?とワクワクさせられる作品だなと思いました。

舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー_2

――ネギくんと生駒さんご自身は、似ている部分はありましたか?

稽古の中で、つながる部分は出てくるんじゃないかなって思っています。性別は違いますけど、ほどほどに少年っぽいので、そこまで大変なことはないかなと(笑)。ただ、9歳(数えで10歳)の役なので、そういうところの意識をちゃんと持って役を考えていきたいと思います。

――生駒さんは、これまでも2.5次元作品を経験されていますが、キャラクターを演じるということに対しては、どんな考えを持っていらっしゃいますか?

原作の漫画にも、舞台作品自体にも必ずファンの方がいらっしゃるので、受け取り方はそれぞれだと思いますが、私自身は2次元のキャラクターを演じるという意識はなく、役を演じることに変わりはないと思っています。

――ちなみに今回は座長となりますが、その心構えは?

そうですね~、そんな特別にこれをしよう、あれをしようってことはないんですけど・・・(笑)。
私も卒業後初めての主演ですし、テンパっちゃうこともあるかもしれないんですけど、共演する皆さんと一緒に、カンパニーをいい方向に持っていけたらと思います。女の子だらけの現場は慣れっこなので!一緒に楽しくがんばっていきたいです。

――今回、乃木坂46を卒業されて、初めての舞台になりますが、ご自身にとってはどんな作品になりそうですか?

今回の舞台は、制作サイドと事前にお話をさせていただいてから、やると決めました。卒業後最初の作品ということも考えていただけていたので、きっと自分にとって飛躍できる場になると思っています。

舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー_3

――アイドルとして立ってきた舞台と、女優さんとして立つ舞台、感覚の違いなどはあるんでしょうか?

どちらも私自身であり、そこが乃木坂46のステージか、演劇の舞台なのか、という違いだけなのであまりないです。ただ、見ている方のフィルターは違うのかなって思います。これまでの活動を踏まえた上で、自分を変えていけるのは自分だけなので、がんばりたいですね。

――女優としての目標などはありますか?

私は女優ですなんて言えないですよ~(笑)。いろいろなことに挑戦していきたいので、その可能性の一つとして、お芝居はすごくやっていきたいと思っているものです。自分を“高める”という意味で、一つ一つ取り組んでいきたいと思っています。

――どんな生駒さんを見せていただけるか、楽しみにしております。

自分自身も挑戦ばかりなので、余裕を持って初日を迎えられるか分からないんですけど、舞台を知らない『ネギま!』が好きな方にとっても、おもしろいものにしたいと思いますので、ぜひ劇場にお越しください。
私のことを観に来てくださる方も、たくさんかわいい女の子たちが出ているので、きっと、ほかのことも気になってしまうかも!
作品としても、個人としても、新しいものができるという期待がすごくあるので、皆さんにも楽しみにしていてもらえたら嬉しいです。

舞台「魔法先生ネギま!」メインビジュアル

◆公演情報
舞台「魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~」
2018年7月12日(木)~7月16日(月・祝) AiiA 2.5 Theater Tokyo

【原作】赤松 健『魔法先生ネギま!』(講談社)
【脚本・演出】畑 雅文
【出演】
ネギ・スプリングフィールド役 生駒里奈
神楽坂明日菜役 松岡里英
近衛木乃香役 愛 わなび
宮崎のどか役 歌田初夏(AKB48)
エヴァンジェリン A・K・マクダウェル役 北川愛乃(SKE48)
絡繰茶々丸役 西潟茉莉奈(NGT48)
雪広あやか役 神志那結衣(HKT48)
明石裕奈役 高槻みゆう(YOANI1年C組)
朝倉和美役 門田奈菜
綾瀬夕映役 榊 美優(STU48)
和泉亜子役 川上明莉
大河内アキラ役 小野沢 蛍
柿崎美砂役 森 憩斗
釘宮 円役 奥村優希
古菲役 谷川愛梨(NMB48)
早乙女ハルナ役 竹内 夢
佐々木まき絵役 仲 美海(劇団4ドル50セント)
椎名桜子役 豊島美優
長瀬 楓役 木原実優
長谷川千雨役 大胡愛恵
アルベール・カモミール役 斎藤亜美

【公式サイト】https://www.nelke.co.jp/stage/negima/
【公式Twitter】@stage_negima

(C)赤松健/講談社
(C)赤松健・講談社/舞台「魔法先生ネギま!」製作委員会2018

(文/エンタステージ編集部)

舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』

作品情報舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』

波乱万丈な修行の日々が始まる!

  • 公演:
  • キャスト:生駒里奈、松岡里英、愛わなび、歌田初夏、北川愛乃、西潟茉莉奈、神志那結衣、高槻みゆう、門田奈菜、榊美優、川上明莉、小野沢蛍、森憩斗、奥村優希、谷川愛梨、竹内夢、仲美海、豊島美優、木原実優、大胡愛恵、斎藤亜美

この記事の画像一覧(全4枚)

  • 舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー
  • 舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー_2
  • 舞台「魔法先生ネギま!」生駒里奈インタビュー_3
  • 舞台「魔法先生ネギま!」メインビジュアル

関連タグ

関連記事

トップへ戻る