エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』スタジオ・ナビゲーターの井上芳雄インタビュー!見どころから賞レース予想まで

今年で72回目を迎える、世界最高峰の演劇賞・トニー賞の授賞式が、今年もWOWOWにて独占生中継される。過去1年間の該当期間にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られるこのトニー賞は、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされ、授賞式には世界中から注目が集まる。また、司会者のパフォーマンスやサプライズ演出も見どころで、豪華な顔ぶれの受賞者やゲストたちがステージ上で圧巻のショーを展開するのも大きな魅力となっている。

WOWOWの放送では、井上芳雄が生田絵梨花(乃木坂46)とともに中継をナビゲート。過去5回に渡って同放送でスペシャル・サポーターを務め、今年からはナビゲーターとして番組を進行する役割を担う井上に、今年度のトニー賞の見どころやミュージカルについての思いを聞いた。

WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』スタジオ・ナビゲーターの井上芳雄インタビュー

――これまで、スペシャル・サポーターとしてご参加いただいておりましたが、今回はWOWOWスタジオ・ナビゲーターというお立場ですね。

これまでは、スペシャル・サポーターとしてトニー賞への知識を深めながら、放送では試行錯誤を重ねながら、様々なチャレンジをさせていただいてきました。そんな中、ナビゲーターとして出演させていただけるのはとてもありがたいですね。僕は、常々「いつか日本のトニー賞を作りたい」と言ってるのですが、少しずつ、歩みを進めているという意味でも、任せていただけたことにとても感謝しています。

――今回は、司会として番組を回していく役割になると思うのですが、番組に挑むための準備など、サポーターとは違うものがありますか?

今までより資料を読み込む気合いは違ってくると思います(笑)。今回は僕が知らないと回らないことがたくさんありますし、生中継なので、余ってしまった時間をどうするかというのも大変なんだろうなとは思うんですが・・・僕、ミュージカル界で一番のおしゃべり上手だって自分でも言っているので。もしかしたら、歌やお芝居よりも向いてるんじゃないかなと思います(笑)。まだまだ未熟ではありますが、ミュージカルへの愛と、NYにも行かせていただいたので、その時のエピソードを交えながら繋いでいこうと思っています。

――番組では、坂本昌行さんをゲストに迎え、オープニングパフォーマンスも行われます。

今年は『グレイテスト・ショーマン』のメドレーを一緒に歌わせていただきます。昨年、坂本さんが歌ってくださった『ラ・ラ・ランド』もそうですが、ミュージカル映画が続けて大ヒットしたというのは、演劇の“間口を広げる”という意味でもすごく大きなことだと思うんです。今回は、坂本さんがニューヨークで現地の方とパフォーマンスをしてくださるので、楽しみですね。

——一緒にナビゲーターを務める生田さんの印象は?

生田さんは、今をときめくアイドルでありながら、乃木坂46の活動大丈夫なのかな?っていうぐらいミュージカルにバンバン出られてますよね。これまでアイドル活動をされていた方がミュージカルに出られることはあっても、ミュージカルが好きで、アイドル活動と並行してこんなに出演されているという方はいなかったと思うんです。新しい道を切り開いている。とても多才で、頭のいい方だと思います。

来年『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』で共演させていただくんですが、これまでたくさん話したことがないので、今回の番組が生田さんのことをよく知る時間になればいいかなと思っています。それに、生田さんが番組に出てくださることによって、よりトニー賞が身近になると思います。演劇、ミュージカルファン以外の方も、楽しそうだなとか、興味を持っていただけると思うので。

――トニー賞に初めて触れる方に、トニー賞の魅力を伝えるとしたら?

トニー賞は、グラミー賞、アカデミー賞と並ぶアメリカの演劇界最大のショーです。ミュージカル自体、ブロードウェイで生まれて、しのぎを削って、毎年、新しいものを生み続けています。みんな、トニー賞を目指して、何年も準備をして作品を作っている。演劇に携わっている人間にとっては、憧れ、目標とするショーでもあるんです。だから、授賞式を見れば、最先端の舞台芸術、エンターテインメントを感じられるというのが最大の魅力かなと思います。トニー賞の授賞式でパフォーマンスをするというのは、全世界の俳優にとって一番のステイタスなので、そこに懸ける俳優のエネルギーも見どころだと思いますね。

――今回、WOWOWトニー賞・アンバサダーとして宮本亜門さんがNYからの現地レポートを担当されますね。

亜門さんは、毎年NYに行かれてますし、臨機応変にやってくださる方なので、全幅の信頼を置いています。亜門さんは、アメリカ人の心も溶かしてしまう笑顔と人間力で、たくさんの人の声を伝えてくれると思うので。何か困ったらNYを呼ぼうと思います(笑)。

――今年のノミネート作品は『ハリー・ポッターと呪いの子』や『アナと雪の女王』、『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』など、日本でも馴染みのある原作を用いた作品が多いですね。

そうですね。「アナ雪」はきっと日本でも上演されるでしょうし、『ハリー・ポッターと呪いの子』はミュージカルではないですが、すごくヒットしていると聞いてます。「スポンジ・
ボブ」もアニメ原作なので、これもまた馴染み深いですよね。今、アニメや原作があるものを舞台化したり、映画化するというのは全世界的な流れだと思います。舞台やミュージカルを観たことがない方が、劇場へ足を運んでくださるようになる取っ掛かりになりますよね。演劇には、いろんな切り口があっていいと思います。

――ミュージカル版の「アナ雪」は、どんなところが魅力があると思いますか?(※インタビューは渡米前に行われた)

映画版と同じく、クリスティン・アンダーソン・ロペスとロバート・ロペスが作詞作曲を担当されているのですが、彼らはブロードウェイの第一線で活躍する作詞、作曲家の方たちです。ミュージカル化するのに曲数が(映画の)倍になっているので、そこは見どころでしょうし、興味があるところですね。舞台装置がどうなっているのかも気になります。

ここからは単純な興味なのですが・・・「アナ雪」は完全に注目作だし、映画も大ヒットしているからハードルも高い作品です。映画がよかったから舞台化が成功するかは、また別問題なんですよ。昔、『スパイダーマン』がミュージカル化された時は、大金をつぎ込んで、時間もかけまくったのに、大コケしたんです。僕、そういうエピソード大好きなんです(笑)。だから、今回はどうかな?どっちになるかな?という興味がすごくあります。

――(笑)。「アナ雪」の見どころは楽曲とおっしゃられましたが、そもそもミュージカルにおいて、音楽の役割はどういったことだと考えていらっしゃいますか?

音楽がすべてとは言いませんが、ミュージカルの一番の強みは「音楽があること」なんですよね。脚本がよくないとどうしようもないというのは大前提として、ストレートプレイとの違いは「音楽がある」ということだし、ブロードウェイが一大観光地になって、世界中からお客さんが来るのも、ミュージカルだからなんです。音楽は、例え言葉が分からなくても、音楽を通すことでいろいろなものを表現できるから伝わるんです。そして、何回聞いても感動できる。だから、ミュージカルはリピーターのお客様もすごく多いんです。そういう意味でも、ロングランを支えることになっていると思います。やっている方としては、音楽が強すぎて、そこに頼りすぎないようにと思うぐらい、音楽の力は魅力的ですね。

――ちなみに、井上さんのキャリアの中でトニー賞に影響を受けたことはありますか?

授賞式のスペシャル・サポーターを務めるようになってから、今、どんな作品が注目されているのかなと、ブロードウェイの状況に関心を持つようになりました。去年は「トニー賞コンサート in TOKYO」というものをやらせていただいて、ケリー・オハラさんなどのスターと共演させていただきました。僕は歌手であり俳優ですが、ブロードウェイのことを伝えるという一面も増えたなと思いますね。

――では、今回のトニー賞授賞式の中継で、一番楽しみにしていることは?

トニー賞は賞レースなので、リアルタイムで決まっていくという点がスリリングだと思います。レースといっても、当てることが目的ではないですが、そこにはドラマがありますし、予知できないというのはスリリングですよね。そして、個人的なことなんですが・・・スタジオにいらっしゃる演劇ジャーナリストの影山雄成さんが教えてくださる裏話を聞くのも楽しみにしています(笑)。「この人、本当に性格が悪いんですよ」とか、「彼は一回、DVで捕まってるんですよ」とか、ブロードウェイスターのゴシップを教えてくれるので(笑)。

――(笑)。今年度のノミネート作品で、もし井上さんが演じることができるとしたら、どの作品に出演したいですか?

そうですねぇ・・・「アナ雪」には王子役がありますけど、パッとしないんですよね(笑)。『スポンジ・ボブ』はおもしろい作品だという評判を聞いていて、音楽もすごくいいんですけど、スポンジボブって・・・スポンジの役ってことですよね?でもそういうのもありのかな(笑)。リバイバルものだと、『マイ・フェア・レディ』のヒギンズ教授は、いずれやりたいなと思う役です。ブロードウェイがクラシカルな名作を、今の時代にどうリバイバルしているのか、すごく興味ありますね。

――2019年に井上さんは、今年度のトニー賞授賞式で司会を務めるジョシュ・グローバンが主演した『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』で、まさにジョシュが演じられた役を演じられますね。井上さんにとって、ジョシュはどのような歌手ですか?

野球で例えるなら、大谷翔平さんみたいな人だと思います。天性の声を持っている方。歌手って、極論を言ってしまえば、どんな素敵な声帯を持っているかがすべてなんだと思うんです。そういう意味で、彼は持って生まれたものが素晴らしい。多分、オペラ界にいってもスターになっただろうし、放っておいても、歌手になっただろうって思うんです。僕から見たら、「ナチュラル ボーン シンガー」。なので、彼が歌手をやるというのは納得できるんですけど、ドラマに出演されているのを見て、演技にも興味があるんだって驚きました。『グレート・コメット』でも本気でお芝居をやっていましたしね。だから、お芝居と歌手の二刀流、(今回のトニー賞授賞式のように)司会もやるなら三刀流ですね。性格はすごく温厚な人なんですけど、思っているよりも貪欲な人なんじゃないかなって思いました。自分もそうありたいなと思うし、シンパシーを感じながら見ていますね。

――憧れでもあるんですね。では、『グレート・コメット』出演への意気込みや楽しみにしていることは?

僕、毎年、トニー賞の授賞式をこうやってお届けしながらも、意外とブロードウェイの新作をやってないんです。なので、トニー賞の授賞式の中で紹介した作品に出演できるのは本当に嬉しいです。この作品は、ブロードウェイでは劇場を改装して、全体を客席にして、客席の中に舞台があるという、すごく特殊な作りをしていた作品です。日本ではまた別の演出で上演されるので、同じにはならないと思いますが、要素として客席との垣根を払うというのは引き継ぐと思います。どうなるか楽しみですね。生田さんとの共演も楽しみですし。

それと、これは楽しみではないですが・・・舞台上に出てない時はピアノを弾いたり、アコーディオンを持って一緒に演奏していたりする役なんです。それは、ジョシュも行っていたので・・・僕もピアノ弾いたりという、準備をしなければと。そこはちょっと嫌だなって・・・。ジョシュは、光がまったく当たってないところで、ピアニストのように弾いてたんで(笑)。

――ファンの方も、すごく楽しみだと思いますよ、井上さんのピアノ!

ね~、そうですよね・・・見ている方は楽しいですよね(笑)。きっと、出演者が弾くことに意味があると思うので、がんばります。

――最後に、ズバリ、今年のトニー賞予想を!

流れからいうと、『迷子の警察音楽隊』(The Band’s Visit)かなと。この作品は映画が原作なので、映画を観たんですが、とてもおもしろかったです。派手な作品ではないし、音楽も静かなんですけど、なんとも言えないいい話。エジプトの音楽隊がイスラエルに行くという、グローバル感と宗教観があって、意義がある作品だと感じましたね。

WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』スタジオ・ナビゲーターの井上芳雄インタビュー_2

◆放送情報
WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』
6月11日(月)午前8:00~ WOWOWプライム(同時通訳)。
6月16日(土)夜7:00~ WOWOWライブ(字幕版)
【WOWOWスタジオ・ナビゲーター】井上芳雄、生田絵梨花
【WOWOWトニー賞・アンバサダー】宮本亜門
【スペシャル・ゲスト】坂本昌行
【授賞式司会】サラ・バレリス、ジョシュ・グローバン

※WOWOWのオープニングパフォーマンスは井上芳雄×生田絵梨花×坂本昌行『グレイテスト・ショーマン』に決定!

『トニー賞直前SP in NY』
※無料放送
演劇界最大の祭典、第72回トニー賞授賞式を目前に、本場ブロードウェイから、現地の楽しみ方や今回のトレンドなど、最新情報をお伝えする。また、WOWOWのオープニングパフォーマンスのメイキングも放送。
6月10日(日)午後3:30~
出演:井上芳雄、生田絵梨花、坂本昌行 ほか

【番組HP】http://www.wowow.co.jp/stage/tony/

(写真/オフィシャル提供)

(文/嶋田真己)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』スタジオ・ナビゲーターの井上芳雄インタビュー
  • WOWOW『生中継!第72回トニー賞授賞式』スタジオ・ナビゲーターの井上芳雄インタビュー_2

関連タグ

関連記事

トップへ戻る