エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー!「彼の魅力を余すところなく伝えたい」

教科書には詳しく載らないような歴史上の人物や出来事を、エンターテインメント舞台として表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」。2014年の第1弾から始まり、これまでに長編歴史小説を原作とした5作品を上演、戦国時代を中心にさまざまな物語を描いてきた。

そんな人気シリーズの最新作となる第6弾舞台『ジョン万次郎』が、6月14日(木)より東京・EXシアター六本木にて上演される。今回、本シリーズ初参加となる溝口琢矢と石原壮馬にインタビューを実施。5次元アイドル応援プロジェクト「ドリフェス!R」のメインキャラクター5名によるユニット『DearDream』としても、共に活動をしている二人。共演への思いや、意気込みなどを語ってもらった。

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー

――同じ事務所で、お仕事でご一緒する機会も多いお二人だと思いますが、お互い、最初に会った時のことを教えていただけますか?

溝口:壮馬のことをしっかり知ったのは、彼が出ていた舞台を観に行った時でした。その前にも挨拶したことはあったんですけど。その時は「なんだこの爽やかで顔ちっちゃいイケメンは!」って思った記憶が。劇団プレステージに入るということは聞いてたんですけど、劇団プレステージにはそんなに爽やかなイメージがなかったので・・・すみません、僕、超失礼なこと言ってますね(笑)。

石原:(笑)。当時は年齢的にも若かったね。

溝口:そうそう、未成年だったし。でも、劇団プレステージに壮馬が入るという話を聞いて、すごくおもしろくなりそうだなって思ったのを覚えています。

――石原さんの印象は、実際に接してみて変わりました?

溝口:そうですね。爽やかに見えたけど、ちょっと芋っぽさがありました(笑)。

石原:ははは(笑)!

溝口:磨かれきっていないダイヤモンドみたいな。でも、舞台上にいる時は湧き上がるような熱を感じて、そのギャップがいいなって思いました。

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_4

――石原さんから見た溝口さんはどんな方ですか?

石原:いい意味で真面目だなって思います。すごく冷静だし。俺らくらいの年齢だと、ノリというか、ふざけたくなる時もあると思うんですけど、そういうときでも一人冷静に・・・。

溝口:いいんだよ、冷めてるっていう言葉を使っても。

石原:いやいや、冷めてるというわけではなく!いつも冷静に物事を見ている感じで、すごく大人っぽいなって。年齢は一つしか違わないはずなのに、何個も上のステージにいるような感じですね。

溝口:何個も上のステージって?

石原:思考のレベルが違うなって。僕的には、今まで会ったことのないタイプです。何かを聞いたら5倍くらい返してくれるので。

溝口:あはは!あの、おしゃべりっていうことです(笑)。

――今回、共演が決まった時はどう思われましたか?

溝口:今回はシリーズものであり、そこへ僕らが新たに切り込む形になりますが、壮馬がいてくれるので本当に心強いです。第一に彼のことを信頼しているので、そんなに不安は感じていなくて。
以前、同じステージに立った時はよく絡む役ということもあり、二人でいろいろと話をしたんですよ。最近は、お芝居について語り合うというよりも、どうでもいい話ばっかりしてますけど(笑)。お互い、気心が知れてるからこそガス抜きが出来るので、そういう意味も含めて頼っていきたいなぁと思っています。

石原:僕は、歴史物の作品に出るのは初めてですし、同じ事務所以外の方とお芝居できることも楽しみでいっぱいです。その中で、琢矢くんが座長ということで、いろんな新しい発見や刺激がありそうだなと思っています。何よりも勉強になるだろうなと。いい作品にしたいですし、新しい自分の引き出しが増えるように、必死に向き合いたいと思っています。

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_5

――学生時代、歴史は好きでしたか?

溝口:勉強自体はそんなに嫌いではなかったんですけど、得意ではなかったです。物語を読むことは好きだったので、どちらかと言えば古典の方が好きだったかなぁ。古典は難しいですけど、一つの作品として残っているので分かりやすかったです。

石原:僕は、中学時代の社会科の先生がめちゃくちゃ怖かったのを思い出しました(笑)。授業中はノートに書き写すことが許されなくて、とにかく話を聞くことに集中してという方針で。授業の最後の10分でノートにまとめなくちゃいけなかったんですよ。それが大変で「歴史の勉強は難しい」というイメージを持ってしまいました(笑)。

――本作は「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」ですが、何かを勉強していて“もっと深く知りたい!”と思った経験は?

石原:歴史の勉強は難しかったですが、歴史上の人物について調べるという課題があった時は、知っていくうちにその人物のことが好きになったし、勉強した分だけ思い入れもできて、楽しかったです。

溝口:僕、完結すると深く知りたいっていう気持ちが少し薄れちゃうところがあって。例えば、国語だったらテストの採点は○と×だけでなく、△になってる場合もあるじゃないですか。僕、わりと△をもらうことが多かったんですよ(笑)。そういう時は、なぜ△なのかを追求したいって思ってました。ちなみに、今まさに「ジョン万次郎」について深く知りたいと思っています(笑)。

――まずは、舞台化にあたっての原案(「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」著/マーギー・プロイス、訳/金原瑞人)から勉強されている最中でしょうか。

溝口:はい!作品を一通り読んでみたのですが、今はまだ理解できない部分もあって。ジョン万次郎が(漁の途中で遭難して)アメリカの船に救助してもらった時のこととか、英語を初めて聞いた時の気持ちとか。初めて青い瞳の外国人に出会った時のことも、今の僕だったら綺麗な瞳だなぁと思うんですが、ジョン万次郎は「怖い」と感じているんですね。アメリカに渡ったあと、ワクワクドキドキしている描写はたくさんあるんですが、その間、どのぐらい日本の仲間を恋しく思っていたのかも、気になりました。今の自分には分からない部分がたくさんある分、それを演じられると思うと超おもしろいですし、原作、おすすめです!どうですか、気になりませんか(笑)?

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_6

――素晴らしいプレゼン力です(笑)。石原さんは、万次郎とともに遭難してしまう仲間の一人を演じられるとのことですが、万次郎のことをどう捉えていたのでしょうね?

石原:時代や状況も違うから、想像だけでは汲み取れないですけど、きっと一つ一つのことに必死だったでしょうね。まず生きることが第一。救助されてからは、仲間たちも外国で暮らすことになりますが、そのあと万次郎と再会するときの気持ちとか・・・いろんな角度から勉強しないと。生ぬるい想像だけでは演じたくないなと思っています。

――石原さんが過去のインタビューで「安定した道よりも冒険を選びたい」と発言されていたのを拝見しました。“冒険”というワードは、この物語にも通じているなと思ったのですが。

溝口:なにそのかっこいい言葉!名言じゃん(笑)!

石原:(笑)。僕の地元は、東京みたいに文化の最先端があるというわけでもなかったので、進路を考えた時に、僕はいろんなことを経験できる職業がいいなと感じました。役者は、さまざまな作品や人に出会って、役を演じる時は非日常感もあるじゃないですか。職業ごとに、それぞれいいところはあるし、安定した道もある。役者は不安定な道ではあるけど、それだけ必死にやれる仕事だろうなと。人生一度なんで、冒険して楽しい人生にしたいなって思います。

溝口:かっこいいなぁ!

――溝口さんは、冒険への憧れは?

溝口:知らない場所をぶらぶら歩いて散歩するとか、簡単な冒険は好きです。そういった癒しに繋がる冒険は好きなんですけど、身を削るような冒険はあんまりしたことがないかもしれないです・・・。どちらかというと、僕は、安定したい。

石原:(笑)!!

溝口:ただ、お芝居に関して言えば、必死にやっていく中での安定感は必要だけど、安定しすぎた芝居はつまらないなとも思います。まぁ僕は、壮馬ほど強い人間じゃないので・・・。

石原:どっちも大事だよ。

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_3

――今回の舞台では、シリーズおなじみの先輩方もご出演されます。

溝口:緊張しますけど、知っている方も多いので大丈夫かなと思うので、現場では壮馬がガチガチに緊張している姿を見て楽しみたいと思います(笑)。

石原:僕、緊張しがちですけど、人見知りする時と人見知りしない時があるんです。どういう時に人見知りを発揮しちゃうのかは、自分でも分からないんですけど・・・今回はどっちだろう?

――溝口さんがご一緒だから、安心なのでは?

溝口:いや、僕は稽古場に入っちゃったら、もう壮馬の近くになんかいかないですよ。

石原:え!(インタビューの冒頭で)言ってたことと変わってない!?

溝口:あははは(笑)!でも本当、飛び込んでいけるなって思ってるよ。僕の中で、山崎(樹範)さんとか、すごく優しくておもしろい方ですし。ほかの皆さんも、そういう雰囲気の方々だと思うので、その中で僕らは真面目にがんばらなきゃ。

――溝口さんは、主演、座長という立場でもありますね。

溝口:まだ、主演を務めさせていただくという実感はあまり湧いていなくて・・・。今回、出演させていただくことが決まってから怒涛の日々で、今は、何よりも勉強しなければいけない気持ちです。スタッフの皆さんにお会いするたびに、万次郎のことを聞いています。つい先日も、ビジュアル撮影の時に、小道具を用意してくださる方に「これは本当に持っていたものですか?」とか質問して。情報収集に励んでいます。

――最初に、石原さんが溝口さんは真面目とおっしゃっていたのが、すごく分かりました。

溝口:いやいや!多分、怖がってるんです。このまま稽古が始まっちゃったら、何もできないかもって・・・。

石原:稽古が始まるまでは、この舞台でどうやっていくのかは具体的には分からないですが、僕もたくさん調べたり、質問して勉強しなきゃと思っています。

――どんな作品になるのか、楽しみにしています。

石原:まずは、自分が探求心をもって作品に望むことで、観に来てくださる方々へ届けたいと思っています。皆さんにも「もっと知りたい!」と思ってもらえるように良さを伝えたいし、歴史が苦手な人でも楽しんでいただける作品にできたらなと。難しいことは考えず、気軽に観に来てほしいです。

溝口:勉強って、地味な作業の積み重ねだと思うし、歴史というワードを聞くだけで身構えてしまうかもしれませんが、このシリーズはそういう堅いものではありません。ジョン万次郎の名前は知っているけど人物像については深く知らない、という方もいらっしゃると思うので、ジョン万次郎という青年の魅力を、余すところなく伝えたいです。終わった時に「楽しかった」とか、「この先の彼も気になる!」とか、感じていただけるところまで持っていけたら嬉しいです。まずは自分がしっかりと勉強してお届けしますので、ぜひ劇場まで足を運んでください!

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_2

◆公演情報
もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ 舞台『ジョン万次郎』
6月14日(木)~6月24日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI

【原案】「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」(集英社文庫) 著/マーギー・プロイス、訳/金原瑞人
【脚本】鈴木哲也/金沢知樹
【演出】大関真
【企画】座間隆司

主演:溝口琢矢(ジョン万次郎)
出演:荒木宏文、石原壮馬、正木郁、石賀和輝/山下聖菜/細貝圭、石井智也、井深克彦、寿里、輝山立/鷲尾昇、武智健二/山崎樹範

【特別企画】直筆サイン入りチェキをプレゼント!

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢さん、石原壮馬さんより直筆サイン入りチェキをいただきました。こちらを、抽選で2名様にプレゼントいたします。
ご希望の方は、下記の応募方法にてご参加ください!

舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュープレゼント

■エンタステージのTwitter(https://twitter.com/enterstage_jp)をフォローの上「◆プレゼント◆」と記載のあるツイートをRT

※当選確率アップ!※
この記事のURL(https://enterstage.jp/interview/2018/05/009503.html)に
#エンタステージプレゼント のハッシュタグと
一言(お二人への応援メッセージ、インタビュー記事に対する感想、公演への期待・感想など)を添えてツイートしていただけると、当選確率がアップします!

<応募期間>
2018年5月22日(火)~2018年6月24日(日)まで
当選者には、エンタステージのTwitterアカウントよりDMにてご連絡を差し上げます。
※非公開アカウントからのご応募は、抽選対象外となりますのでご注意ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

(C)Based on “HEART OF A SAMURAI” by Margi Preus
Japanese language theatrical live performance rights arranged with
Margi Preus c/o Jennifer De Chiara Agency and Books Crossing Borders, New York
through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo
(C)Mizuhito Kanehara/Shueisha
(C)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンHMVエンタテイメント)

(文/堀江有希)

もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台『ジョン万次郎』

作品情報もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第6弾 舞台『ジョン万次郎』

教科書には載らないような歴史上の出来事を興味深くおもしろくエンターテインメントとして表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」第6弾!

  • 公演:
  • キャスト:溝口琢矢、荒木宏文、石原壮馬、正木郁、石賀和輝、山下聖菜、細貝圭、石井智也、井深克彦、寿里、輝山立、鷲尾昇、武智健二、山崎樹範、ほか

この記事の画像一覧(全9枚)

  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_2
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_3
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_4
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_5
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュー_6
  • IMG_6718.jpg
  • IMG_6725.jpg
  • 舞台『ジョン万次郎』溝口琢矢×石原壮馬インタビュープレゼント

関連タグ

関連記事

トップへ戻る