2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~


いよいよ、12月に入り2016年も残り1カ月を切りました。12月は演劇の公演数もぐっと増える気がする月ですが、皆様はどんな観劇ライフを送られていますでしょうか?現在、WOWOWでは今年で7回目を迎える「勝手に演劇大賞」を募集中です。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~

エンタステージでは、この1年にどんな作品が上演されていたか振り返るべく、「2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?」企画を11月末より開催しております。ぜひ、皆様と一緒に盛り上がりたい!とTwitterにて感想コメントを募集したところ、【1・2月編】に続き【3・4月編】にもたくさんのお声を寄せていただきました。

それでは早速、皆様からお寄せいただいたコメントと共に、【3・4月編】を振り返っていきたいと思います。(初日の早い公演からご紹介いたします)
※いただいたコメントは、一部編集しています。ご了承ください。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_2

◆少年社中×東映舞台プロジェクト『パラノイア★サーカス』
【上演期間】2月26日(金)~3月6日(日) 東京・サンシャイン劇場
【脚本・演出】毛利亘宏
【出演】井俣太良 岩田有民 堀池直毅 廿浦裕介 加藤良子 長谷川太郎 杉山未央 山川ありそ 内山智絵 竹内尚文 川本裕之
小澤亮太 松田凌 松田岳 白又敦 松本寛也 唐橋充 吉井怜 鈴木勝吾

『仮面ライダーゴースト』や『手裏剣戦隊ニンニンジャー』など、数々の東映スーパーヒーロー作品における脚本を手掛けてきた毛利亘宏さんが主宰する劇団少年社中と、東映が共同プロデュースするという新たなコラボレーションプロジェクトから生まれたこの作品。井俣太良さんをはじめとする劇団員に加えて、キャストには歴代の東映スーパーヒーローシリーズで活躍した俳優たちが大集結しました。毛利さんが“江戸川乱歩”作品をモチーフに描いた推理×冒険ファンタジーに魅せられたという方が多数。少年社中は、2017年2月に全劇団員が揃って上演する『アマテラス』の公演も控えています。今後の動向にも注目が集まります。
※開幕レポートはこちら
※動画記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・少年社中と東映がタッグを組んだ作品ならおもしろくないわけがない!極上の謎にワクワクさせられました。とても素晴らしく、優しさに溢れた物語で感動しました。
・鼻歌が一時期テーマソングになっちゃうくらい楽しかったです。さすが、2016年は乱歩year!って思った記憶があります。
・いろいろな良い作品がありましたが、『パラノイア★サーカス』は格別・・・。少年社中との出会いでもあり、プライベートでぐちゃぐちゃになっていた私の気持ちを奮い立たせてくれた作品です。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_3

◆スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』
【上演期間】
2015年10月7日(水)~11月25日(水) 新橋演舞場
2016年3月1日(火)~3月25日(金) 大阪松竹座
2016年4月2日(土)~4月26日(火) 博多座
【原作】尾田栄一郎
【脚本・演出】横内謙介
【演出】市川猿之助
【スーパーバイザー】市川猿翁
【出演】市川猿之助 市川右近 坂東巳之助 中村隼人 市川春猿 市川弘太郎 市川寿猿 坂東竹三郎 市川笑三郎 市川猿弥 市川笑也 市川男女蔵 市川門之助
市川段四郎(東京公演のみ)
福士誠治(東京公演)/平岳大(大阪・福岡公演) 嘉島典俊 浅野和之

東京公演は、2015年に行われましたが、3・4月には大阪、福岡で公演が行われました。国内外で絶大な人気を集めるマンガ「ONE PIECE」の世界と四代目市川猿之助による「スーパー歌舞伎II」が奇跡の融合を果たし、とんでもないエンターテイメントが誕生!東京公演で福士誠治さんが演じたエース役は、大阪・福岡公演では平岳大さんが務めました。本作には、東京での評判を聞いて、大阪、福岡公演を観に行ったという方から、東京公演からの変化を観たくて遠征したというお声も。12月にはシネマ歌舞伎にもなり、こちらも話題を集めました。すでに再演も決まっており、期待が高まります。
※関連記事はこちら
※福士誠治さんインタビューはこちら

【Twitterでのコメント】
・博多座で観ました。歌舞伎がこんなにおもしろいものとは!歌舞伎とアニメが混ざり合うとどうなるんだろうと思いましたが、とてもおもしろく楽しい空間でした。
・役者の経験値、各分野の知恵と才能、そして莫大なお金が注ぎ込まれた、めちゃくちゃ贅沢なお芝居でした。
・安くはないチケット代でしたが行って損はありませんでした。フライングに水芸、何でもありのこれぞエンタメ!

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_4

◆テアトル・ド・アナール『従軍中のウィトゲンシュタインが(略)』凱旋公演
【上演期間】
東京公演:3月2日(水)~3月6日(日) SPACE 雑遊
新潟公演:3月9日(水)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
【作・演出】谷賢一
【出演】古河耕史 榊原毅 大原研二 小沢道成 本折智史

「従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインがブルシーロフ攻勢の夜に弾丸の雨降り注ぐ哨戒塔の上で辿り着いた最後の一行“――およそ語り得るものについては明晰に語られ得る/しかし語り得ぬことについて人は沈黙せねばならない”という言葉により何を殺し何を生きようと祈ったのか?という語り得ずただ示されるのみの事実にまつわる物語」というのが正式タイトル。2012年1月に作家・演出家・翻訳家の谷賢一さんによって立ち上げられたユニット、テアトル・ド・アナールによるこの作品は、東京・仙台での再演で圧倒的な支持を受け、再々演として凱旋公演が行われました。小劇場という密な空間に満ちる俳優陣の熱気が、今も色濃く記憶に残っているという方が多数。
※公演記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・space雑遊という空間でしか味わえない演出に息を呑みました。
・観客は作品の中の世界に直接は触れないのだけれど、まさに客席一体型の作品でした。劇場全体が一つの世界になる、ということを体感させてくれました。
・凱旋公演となったこの公演は、昨年の10月と比較しても役者の進化が凄まじく、圧倒されました。劇場に合わせた客席配置で、臨場感が増したのもよかったです。
・この作品は、俳優さんを変えて何度でも再演していただきたい名作。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_5

◆ミュージカル『ジキル&ハイド』
【上演期間】
東京公演:3月5日(土)~3月20日(日) 東京国際フォーラム ホールC
大阪公演:3月25日(金)~3月27日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
愛知公演:4月8日(金)~4月10日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【音楽】フランク・ワイルドホーン
【脚本・詞】レスリー・ブリカッス
【演出】山田和也
【上演台本・詞】高平哲郎
【出演】石丸幹二 濱田めぐみ 笹本玲奈 石川禅 畠中洋 花王おさむ 今井清隆 宮川浩 林アキラ 阿部裕 松之木天辺 塩田朋子 麻田キョウヤ 川島大典 杉山有大 安福毅 内田美麗 折井理子 七瀬りりこ 真記子 三木麻衣子 森実友紀

2012年に衝撃を与えたミュージカルの、待望の再演となった本作。ジキル博士とハイド氏という、人間の深淵に潜む闇を、フランク・ワイルドホーンの壮大かる流麗な名曲で綴る傑作です。愛と欲望の狭間で苛まれるジキルとハイドという二つの人格を宿した男を演じる石丸幹二さんや、複雑な思いを胸にハイド氏の凶暴な人格に心惹かれる妖艶な娼婦ルーシー役の濱田めぐみさん、ジキル博士の婚約者であり一途に彼を愛する可憐な姿が切ないエマ役の笹本玲奈さんをはじめとする、出演者の皆さんの素晴らしい歌声に支持が集まりました。
※観劇レポートはこちら
※石丸幹二さんインタビューはこちら

【Twitterでのコメント】
・再演に足しげく通いました。石丸さん&濱田さん、劇団四季卒業生の最強タッグ!
・実は初めての生・石丸幹二さんでした。予想の遥か上を行く素晴らしい歌声とお芝居に、心を奪われました・・・!
・再演の素晴らしい安定感。衣装や髪型もリニューアルされ、より演者にフィットした感じに。カンパニー全員歌が上手いと、少人数でもここまで美しいハーモニーになるんだと感動しました。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_6

◆SHOW HOUSE『GEM CLUB』
【上演期間】
東京公演:3月19日(土)~4月1日(金) シアタークリエ
大阪公演:4月8日(金)~4月10日(日)  サンケイホールブリーゼ
【作・演出・振付】玉野和紀
【出演】玉野和紀 中河内雅貴 相葉裕樹 植原卓也 矢田悠祐 高橋龍輝 荒田至法 大久保祥太郎 渡辺崇人 石川新太 原田優一 愛加あゆ 紫吹淳

玉野和紀さんによる人気シリーズ『CLUB SEVEN』のDNAを受け継いだ新たなショーとして上演されたこの作品。若い才能の原石(=GEM)たちが集うショーハウスを舞台に繰り広げられる“怒涛のジェットコースター・パフォーマンスショー”として、進化した姿を見せつけました。若手からベテランまで、個性豊かなキャストが入り混じり、歌にダンスにタップにコント・・・と、ノンストップで繰り広げられる様はまさに“エンタメ”の真骨頂!
※開幕レポートはこちら

【Twitterでのコメント】
・『CLUB SEVEN』シリーズの3倍キツいという、ノンストップのダンスナンバー!歌!女装!本当に楽しくて、しばらく『GEM CLUB』ロスでした。
・ダンスが上手い役者さんばかりで構成されているミュージカル、だからといってダンスだけではなく歌唱力も半端ない!生で観てこそ、価値のある舞台だと思っています。
・最高に楽しかった!そして(引退されたD-BOYSの)高橋龍輝さんのラストステージ・・・。歌ありダンスありコントあり、最高級のエンタメ浴びまくりの贅沢な舞台でした。またやってほしい!

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_7
(C)2016尚 月地・新書館/幻灯署活劇支部

◆浪漫活劇譚『艶漢』
【上演期間】
東京公演:3月31日(水)~4月3日(日) シアターサンモール
【原作】尚 月地
【脚本・演出】ほさかよう(空想組曲)
【出演】櫻井圭登 末原拓馬 三上俊 田上真里奈 林野健志 羽場涼介 小槙まこ 堀越涼(花組芝居) 伊崎龍次郎 倉貫匡弘(TRASHMASTERS) 小笠原竜哉 北村海 知念紗耶(G-Rockets) 倉知あゆか(G-Rockets) 加賀功平 古賀健斗

尚 月地さんによる人気漫画「艶漢」(新書館)を舞台化した本作。あまりにも美麗なイラストと、エログロアンダーグラウンド事件簿という内容をどう舞台化するのか、舞台化決定時には驚きが走りましたが、演劇プロデュースユニット・空想組曲のほさかようさんが見事、艶やかで美しい舞台作品に仕上げました。櫻井圭登さん、末原拓馬さん、三上俊さんらが演じるキャラクターたちの“生きた姿”も大きな話題に。8月には歌謡エンターテイメントショーとして、歌謡倶楽部『艶漢』も上演されました。今後はいかに・・・?
※開幕レポートはこちら
※動画記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・評判を聞いて、どうしても気になりニコ生で観ました。画面越しでも目のやり場に困るくらいの耽美な世界観にクラクラしました。三上俊さんの肉体の美しさよ・・・。
・上演が決まった際「舞台化なんて無理だろう」と思っていましたが、幕が開けた瞬間、度肝を抜かれました。原作の世界観そのままなのはもちろん、想像以上に“演劇”でした。素晴らしかったです。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_8

◆『アルカディア』
【上演期間】4月6日(水)~4月30日(土) Bunkamuraシアターコクーン
【脚本】トム・ストッパード
【演出】栗山民也
【出演】堤真一 寺島しのぶ 井上芳雄 浦井健治 安西慎太郎 趣里 神野三鈴 初音映莉子 山中崇 迫田孝也 塚本幸男 春海四方

舞台『コースト・オブ・ユートピア』、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』をはじめ、映画『恋に落ちたシェイクスピア』などの脚本で名高い英国の劇作家トム・ストッパードの最高傑作と呼び声高い作品が、ついに日本で上演。美しい物語、大胆かつ繊細な劇構造に、堤真一さん、寺島しのぶさんといった名優たちが挑みました。また、ミュージカル界のプリンス、井上芳雄さんと浦井健治さんの共演にも注目が集まりました。
※公演記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・井上さんと浦井さんの共演なんて!もう観るしかないと観劇しました。しかし、ここまで趣里さんにハマるとは・・・。きっと、内容の半分も理解できていないかもしれないけれど、感覚に任せる心地良さがありました。
・各役者さんから、たくさんの「熱」をいただき「大事なのは知りたいと思うこと」などといろいろ考えた作品でした。
・最初はあまり理解が出来なかったけれど、人物関係が頭に入ってからは、おもしろくて夢中に。脚本にちりばめられた伏線が繋がると、嬉しくなりました。ラストのワルツシーンはあまりにも美しく、今も心に焼きついています。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_9
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

◆ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝頂の景色〞
【上演期間】
大阪公演:4月8日(金)~4月17日(日) シアターBRAVA!
東京公演:4月25日(月)~5月8日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo
【原作】古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
【演出】ウォーリー木下
【脚本】中屋敷法仁
【出演】須賀健太 木村達成 月島蛍 小坂涼太郎 三浦海里 塩田康平 橋本祥平 川原一馬   秋沢健太朗 猪野広樹 富森ジャスティン 遊馬晃祐 小波津亜廉 坂本康太 有澤樟太郎 山際海斗 斎藤健心 金井成大 白柏寿大 山口賢人 坂口慎之介 内田滋 林剛史

2015年11月に初演された作品の“速攻”再演となった本作。再演といってもただの再演にあらず。最新の映像テクノロジーと、役者たちの肉体をフル活用した表現で、「漫画×演劇×映像」のハイブリッドパフォーマンスをさらに研ぎ澄ませての上演となりました。演劇の新たな可能性を感じた方も多かったようです。2作目となった演劇「ハイキュー!!」〝烏野、復活!〞が幕を下ろしたばかりですが、早くも2017年春には新作となる演劇「ハイキュー!!」〝勝者と敗者〞の上演も決定しています。今後も目が離せません。
※開幕記事はこちら
※動画記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・キャストのお芝居の面も、プロジェクションや照明の演出面も、初演より格段に進化してていて楽しかったです。演劇×最新技術という“ハイステ”の持ち味が、この公演で確立されたなと思っています。
・思っていたより、時代は進んでいた・・・!と思いました。再演ですが、1作目に間に合って良かったです。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_10

◆ミュージカル『グランドホテル』
【上演期間】
東京公演:4月9日(土)~4月24日(日) 赤坂ACTシアター
愛知公演:4月27日(水)・4月28日(木) 愛知県芸術劇場大ホール
大阪公演:5月5日(木・祝)~5月8日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
【演出】トム・サザーランド
【振付】リー・プラウド
【音楽監督】マイケル・ブラッドリー
【出演】
<Team GREEN>
中川晃教 宮原浩暢(LE VELVETS) 戸井勝海 昆夏美 藤岡正明 湖月わたる 樹里咲穂 光枝明彦 安寿ミラ ほか
<Team RED>
成河 伊礼彼方 吉原光夫 真野恵里菜 藤岡正明 湖月わたる 土居裕子 佐山陽規 草刈民代 ほか

1990年度のトニー賞では5部門を獲得した名作であり、トム・サザーランド演出版として、英国演劇界で栄誉ある賞の一つである「オフ・ウエストエンド・シアター・アワード」で最優秀ミュージカル作品賞と最優秀振付賞をW受賞した本作。今回の日本版では、中川晃教さん主演のTeam GREEN、成河さん主演のTeam REDと2チームが組まれ、エンディングの違う“二つの演出”で上演されました。同じ台本、同じ音楽でありながらまったく違う軌跡を辿る物語に「両方観ずにはいられなかった・・!」という方が多数。
※中川晃教さんのインタビューはこちら
※成河さんのインタビューはこちら
※コラムはこちら

【Twitterでのコメント】
・華やかさの中に常に闇が見える世界観。当時のベルリンがそこにあるような(見たことはないけれど)舞台セットと衣装がとにかく素敵でした!全員で歌う壮大なオープニングにゾワリ。
・観劇したその夜、興奮で寝られませんでした。緻密な演出、ファンの薔薇にも落涙。
・ミュージカル『タイタニック』に続いてトム・サザーランドの素晴らしい演出。キャストもイメージ通りで言葉もないくらいでした。
・Team GREENを観ました。それぞれの役の人生が交錯してできる世界観が、たまらなく素敵でした。ずっと熱望していた演目だっただけに、観ることができて感動。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~_11

◆ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』
【上演期間】
東京公演:4月11日(月)~5月15日(日) 帝国劇場
※プレビュー公演:4月9日(土)・4月10日(日)
大阪公演:5月21日(土)~6月5日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
【潤色・演出】小池修一郎
【出演】小池徹平 加藤和樹 神田沙也加 夢咲ねね 花總まり 凰稀かなめ 古川雄大 上原理生 渡辺大輔 ソニン 吉野圭吾 坂元健児 広瀬友祐 岡幸二郎 ほか

グルーヴ感溢れるロックナンバーや涙を誘うバラード、スピーディなストーリー展開、そして鮮烈な演出で、フランスを熱狂させたメガヒット作が、2015年4月に上演された宝塚版に続き、東宝版演出で上演。宝塚版の演出も手掛けた小池修一郎さんの新たなアレンジで、小池徹平さん、加藤和樹さんをはじめとする豪華キャストたちが日本も“熱狂”させました。日本のミュージカル界に“フレンチ・ミュージカル”という新たな風を吹き込み、皆さんの記憶にも深く刻み込まれた作品となりました。
※加藤和樹さんのインタビューはこちら
※上原理生さんのインタビューはこちら
※古川雄大さんのインタビューはこちら
※観劇レポートはこちら

【Twitterでのコメント】
・東宝版『1789』の初日を観て、この作品は私の最も好きなミュージカルの一つになるなと思いました。
・楽曲が大好き!俳優陣の熱演に毎回号泣しました。
・最初に出てきて、掻っ攫っていくペイロール様。革命家のロベスピエールが素敵でした。
・帝国劇場に革命が巻き起こりました。

この他にも、印象的なコメントを多数いただいたのでご紹介いたします。

◆宝塚歌劇団雪組公演『るろうに剣心』(2月~3月にかけて上演)
・大好きな雪組の作品。過去最高にチケット難で前売がゲットできず、当日券に並んで立見で観劇しましたが、あんなにも劇場前に行列が出来ている光景は、今まで見たことなかったので本当にビックリしました。でも、観なきゃ損!というくらい素敵な作品でした。

◆劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』(3月~5月にかけて上演)
・約5年ぶりに劇団☆新感線のステージに立った大東駿介さんの緩急のあるお芝居に、大いに笑い、大いに泣かされました。来年「ゲキ×シネ」として、またこの作品を観ることができるのが楽しみです。

◆ミュージカル『さよならソルシエ』(3月上演)
大好きな作品が、まさかのミュージカル化!そして好きな役者さんが出演されるということで、期待半分不安半分で行ったら・・・本当に鮮やかな『さよならソルシエ』の世界を見せてもらいました。再演してほしい!
※インタビューはこちら

◆一色洋平×小沢道成『巣穴で祈る遭難者』(3月上演)
・当時の自分のツイートより。「扉を開けた瞬間の音、空気、装飾、舞台が、もうそこから始まってる。階段を一段一段降りる時のワクワクと僅かな怖さ、本当にタマラナイ」劇場の空気に感動して、そこから離れたくなかった。今でもずっと心に残る、大切な大切な作品です。

◆InnocentSphere『悪党』(4月上演)
「今年一番印象に残っている舞台は?」と問われたら、私は真っ先にこの作品を挙げると思います。見た後に様々な感情が溢れ出し、呆然としながら答えの無い問いをひたすら問う、凄まじい力のある作品でした。

◆舞台『クジラの子らは砂上に歌う』(4月上演)
・キャラクター一人一人の感情が伝わってきて、観ていて思わず泣いてしまいました。生で観るからこそ意味のある作品だと思ったので、ぜひ再演してほしいです。
※動画記事はこちら

◆『烈!バカフキ!』(4月上演)
・大河元気さんが、自分の好きなキャストと舞台上で遊ぶと言いながら、前作に比べドラマ、ダンス、殺陣、演出、諸々のレベルがかなり上がっていて、何も考えずに観に行って思いっきり笑って、大号泣した作品です。懐かしいな、続編を期待しています。
※動画記事はこちら

◆舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUNTER(4月上演)
・原作の細かなところまで表現・演出されており、出演者とスタッフさんの作品愛がすごく伝わってくる素敵な舞台でした。とにかく皆さんカッコ良かった!

◆Patch stage vol.8 浮世戯言歌劇『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』高尾山地獄修業編(4月上演)
・関西の若手劇団Patchの、笑いと若さに溢れた楽しい作品でした!

◆ネビュラプロジェクト&ぴあ&シアターBRAVA! presents『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(4月~5月上演)
・こういう芝居をやらせたら、キャラメルボックスの右に出るモノはないんじゃないだろうか。ラストでかつてないほど大号泣。何故あそこまで泣いたのか、今考えると不思議だけど、そのくらい、心が震えたんだと思います。
※動画記事はこちら

このほか、【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~、『ETERNAL CHIKAMATSU』、bpm本公演『アヴェ・マリターレ!』、ポップンマッシュルームチキン野郎『御家族解体』、ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』などに加え、先月ご紹介したパルコ・ミュージカル・シアター『恋と音楽 FINAL』~時間劇場の奇跡~、ミュージカル『Endless SHOCK』、劇団壱劇屋『SQUARE AREA』にもまだまだ多数のコメントを寄せていただきました。高校演劇に注目されていた方も。

いかがでしたか?今回もたくさんのご参加をありがとうございました。

関連記事:あなたの思いをTwitterで大募集!「エンタステージ」2016年振り返り企画スタート

エンタステージでは、毎週月曜日から木曜日までこちらの企画へのコメントをTwitterで募集いたします。【コメント募集】と記載のあるツイートを引用RTしてコメントをお寄せください(いただいたコメントは、編集の上コラム内に掲載の可能性があることをご了承ください。アカウント名は記載いたしません)。作品名だけでもOKです。ぜひ、スケジュール帳やチケットの半券を見返してみてください。また、WOWOW「勝手に演劇大賞2016」への投票もお待ちしております!

◆WOWOW「勝手に演劇大賞2016」開催概要
【投票各賞】「作品賞」「女優賞」「男優賞」「演出家賞」
※作品賞のみ「ストレートプレイ」「ミュージカル」の2部門に分け選出
【投票期間】12月31日(土)まで
【投票方法】WEB  http://wowow.co.jp/engeki
【結果発表】2017年2月下旬(予定)HPにて掲載

次回は5・6月編をお送りいたします。ふるってご参加ください!

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。