loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

【中止】舞台『まるは食堂』

013944.jpg

ボロ家のさかな屋から「まるは食堂」を築いた女傑・相川うめの一代記!

『舞台「まるは食堂」5月公演中止のお知らせと2021年公演実施のご案内』
公式サイト(https://nanapro.tokyo/warning04.html)より

コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、緊急事態宣言も出され、お客様、関係者の健康と安全を何より最優先することを考慮し、以下実施予定の舞台「まるは食堂」の公演を中止させていただくこととなりました。
【名古屋公演】5月15日(金)・16日(土) ウインクあいち
【東京公演】5月27日(水)~31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト

舞台の開催を楽しみにされていたお客様には、大変残念ではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今回公演を予定しておりました、舞台「まるは食堂」につきましては、すでに脚本、演出を手がける佃典彦さんより素晴らしい台本を預かっております。この作品は、戦中戦後を生き抜き、日本で新しい食文化とそれをビジネスにした女性の一代記です。こんな時世だからこそ、後世に渡って受け継いでいきたい作品になっておりますので、今年中止した公演を2021年に復活させて実施する予定にしております。 尚、復活公演の観劇をご希望のお客様には改めてチケットをご予約いただく形を取らせていただきます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。
(お手持ちのチケットでは、復活公演にはご入場いただけませんので、ご了承ください。)

復活公演の発売スケジュール等の詳細につきましては改めてホームページ等にてご案内いたしますので、楽しみにお待ちください。
http://nanapro.tokyo/

【あらすじ】
『我が気に入らぬことが我がためになるものなり』
昭和25年、愛知県一の漁師町、南知多町の豊浜で魚屋まるはをはじめる。
「人に喜んでもらえる事をせにゃいかん。」
新鮮で旨い魚を食べて、酒を飲んで、眠くなったら泊まってくださればええ。
そして気に入ってもらえたら、また来てくださればええ。
魚屋から食堂に、食堂から旅館に。
開業から生涯をまるはに捧げまるはの礎を気付いた相川うめのありがとうのお城、それが「まるは食堂」

詳細情報

公演期間
劇場
  • ウインクあいち
  • 東京芸術劇場シアターウエスト
キャスト
スタッフ
公式サイト 【中止】舞台『まるは食堂』公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事