loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

めんたいぴりり~未来永劫編

012582.jpg

明太子作りに情熱を注いだ夫婦と周囲の人々との絆を描く

【あらすじ】
昭和55年。病床に伏す海野俊之(博多華丸)は、これまでの人生を振り返っていた。「明太子」に情熱を注いだ日々の思い出が、走馬灯のように甦る―

昭和34年。日韓併合後の釜山の街で生まれ育ち、第二次世界大戦後に日本に引き揚げた俊之と妻の千代子(酒井美紀)は、博多で食料品店「ふくのや」を営んでいた。俊之は、青春時代に釜山の市場で食べた思い出の味を博多で再現しようと、明太子作りに奮闘する。「うまか明太子を作ってみんなを幸せにしたい」そんな気持ちを込めて作る俊之の「魔法の明太子」が、必死に生きる周囲の人々の背中を少しずつ押していく―

激動の戦後を乗り越え、「未来」へと向かう熱気で満ち溢れていた時代。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 明治座
キャスト
スタッフ
公式サイト めんたいぴりり~未来永劫編公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事