loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

今、僕は六本木の交差点に立つ

012443.jpg

【あらすじ】
主人公・稲本ふとしは、貧乏で学がなく、早くに父を亡くすという境遇の中で、必死に生きていた。商売の才のあったふとしは仕事で成功して、稼げるようになっていく。お金はたくさんあった方が、みんなを幸せにできる。そう信じて、がむしゃらに突き進んできたふとし。

しかし、いつしか大切な人たちの心は自分から離れていっていた。そんな時、彼は歌い始め・・・。一方、ところ変わってタイでは、日本からやってきた男と、自らを売って生計を立てていた少女が出会う。男は、少女に大金を渡し、仕事を辞めるように告げる。二つの物語が交差する時、そこに浮かび上がる“人生”とは――。

関連記事:『今、僕は六本木の交差点に立つ』顔合わせレポート――作品誕生の裏にあった“魂の共鳴”

詳細情報

主催
  • ネルケプランニング
公演期間
劇場
  • 天王洲 銀河劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 今、僕は六本木の交差点に立つ公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事