エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

イノサンmusicale (2019年)

012442.jpg

フランス革命の“純真”を描破する、歴史大河が開幕する――!

【あらすじ】
舞台は18世紀パリ、そしてベルサイユ。

「絶対王政」の時代、王を頂点とした身分制度により世は統べられ、「血筋=生まれ」で人々の一生は運命づけられていた。

主人公シャルル-アンリ・サンソンは、代々に渡ってバリの死刑執行人を務めるサンソン家四代目当主として生まれる。
死刑執行人は、国王直々に任命される「正義の番人」。だが、残酷な処刑を担うことで世間からは「死神」とも呼ばれる、十字架を背負う職業。
主人公シャルルは、その職を継ぐことに苦悩しながらも、遥かな理想を胸に、死刑執行人を務め上げることを誓う。

そしてもう一人の主人公はサンソン家次女マリー-ジョセフ・サンソン。彼女は死刑執行人として天賦の才を持つ女。
幼き頃から死刑執行人になることに憧れ、ベルサイユ宮廷の死刑執行人である“プレヴォテ・ド・ロテル”の職を勝ち取る。

詳細情報

公演期間
劇場
  • ヒューリックホール東京
キャスト
スタッフ
公式サイト 『イノサンmusicale』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る