loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

風間杜夫ひとり芝居 平和三部作一挙上演!『正義の味方』『ピース』+新作『あの時代』

012388_2.jpg

風間杜夫が舞台狭しと縦横無尽に駆け巡り、演じます!歌います!!ハジけます!!

【あらすじ】
●正義の味方
大角卯三郎、大正生まれの95歳。下町の銭湯「大正湯」で働いている現役である。卯三郎はこの町の名物爺さんで、ご近所の住人がこの男の世相斬りを聞くために集まってくる。
「大正湯」は毎晩拍手喝采爆笑の渦に巻き込まれていた。ある日、東京大学の女子大生が95年の人生を取材に来た。卯三郎は波乱に満ちた生涯を堰を切ったように語り始めた。大正、昭和、平成・・・話は硬軟自在あちこちに飛ぶが、次第にその歩んできた過去が明らかになっていく・・・。

●ピース
東京の下町で小さな葬儀社を経営する男・武藤万作。チャップリンに憧れて芸人を志すも、芽が出ず、人の薦めでマジシャンになるも手先が不器用でこれもダメ。そこで出会った女性と結婚し、妻と娘と3人で細々と葬儀社を営んでいた。しかし突然、交通事故で愛する妻と娘を失った・・・。以来、憔悴しきって仕事は手につかず、酒浸りの毎日・・・。ある日警察から葬儀の依頼が入る。亡くなったのは万作も知り合いだったシリア人。彼の持ち物の中にはコーランと怪しい紋章が入っていた・・・。

●あの時代(新作)
昭和12年、日本は中国への全面戦争を開始する。時局柄ふさわしくないという理由で遊郭、妾、好色などを扱った53種の噺が自粛させられた。所謂、禁演落語である。戦争が激化していく中で、噺家にさらなる試練が。戦意高揚、銃後の守り、節約などを盛り込んだ国策落語を作らされたのである。主人公の春風亭善好は弟子入りが遅かった上に、覚えが悪い。四十になるのにまだ前座。酔うと威勢がいいが女にだらしがなく二度も女房に逃げられた。まるで落語を地で行くような男。しかし落語が下手なおかげで慰問団には呼ばれず、こっそり開かれる禁演落語会にお呼びが・・・。

詳細情報

公演期間
劇場
  • 本多劇場
  • ももちパレス
  • 兵庫県立芸術文化センター
  • 能登演劇堂
  • 亀戸文化センター
キャスト
スタッフ
公式サイト 風間杜夫ひとり芝居 平和三部作一挙上演!『正義の味方』『ピース』+新作『あの時代』公式サイト
             

この作品をみた人はこんな作品もみています

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事